ミーティングの主催者は、ミーティングのコンテンツを Vbrick Rev にライブ配信できます。すべてのライブ配信には、ミーティングがアクティブな間に共有される音声、ビデオ、コンテンツが含まれます。


ビデオ ファイルの共有を含めて、[ファイルの共有] を使用して、ホワイトボードを共有したり、ファイルを共有したりすることは、ライブ ストリーミング中には対応していません。

ミーティングまたはイベントを Vbrick Rev にライブ配信する間も、Webex ミーティングまたはイベントのすべての機能を使用することができます。 ストリーミングはいつでも開始または停止することができます。


Vbrick Rev を使用するミーティングまたはイベントの配信は、サイト管理者が有効にする必要があります

スケジューリングを始める前に

適用先:

1

お使いの Cisco Webex サイトにログインしたら、ミーティングまたはイベントを開始します。

2

[その他のオプション] を選択し、[ライブ ストリーミングを開始] を選択します。

[ライブ ストリーミングの開始] オプション

ライブストリーミングは、イベントの練習セッション中には利用できません。

3

(オプション)[ストリームのレイアウトの変更] をクリックして、ストリームのビデオレイアウトを設定します。

ストリーミング ビデオ レイアウトの選択の詳細については、Webex Meetings またはイベントのライブ ストリーミングを参照してください。

4

利用可能な Vbrick Rev のターゲットを選択し、Vbrick Rev のユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。


 

Rev サイトが SAML 用にセットアップされている場合、組織のサインインページに移動することがあります。 サインインすると、ミーティングまたはイベントで使用するサイトに Vbrick Rev のアカウント情報が保存されます。

5

既存のウェブキャストまたはビデオを録画を選択します。

6

ライブ配信中であることを確認するには、ミーティングまたはイベントの右上にあるライブ インジケータをチェックしてください。

7

ストリーミングを終了するには、[その他のオプション] を選択し、次に [ストリーミングを停止] を選択します。

スケジューリングを始める前に

適用先:

  • Android に対応した有効な Webex Meetings WBS40.8 以降のバージョンと iOS に対応した有効な Webex Meetings WBS40.12 以降のバージョンで、Webex Starter、Plus、Business、Enterprise プランを利用中のものすべて。

  • Android と iOS のライブストリーミングでサポートされているのは現在、Webex Meetings のみです。

1

デバイスでミーティングを開始し、[他のオプション]他のオプション に移動し、[ライブストリーミングの開始] をタップします。

その他のオプションメニュー
2

利用可能な Vbrick Rev のターゲットを選択し、Vbrick Rev のユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。


 

Rev サイトが SAML 用にセットアップされている場合、組織のサインインページに移動することがあります。 サインインすると、ミーティングで使用するサイトに Vbrick Rev のアカウント情報が保存されます。

3

既存のウェブキャストまたはビデオを録画を選択します。

4

ストリーミング中であることを確認するには、ミーティングの右上にあるライブ インジケータをチェックしてください。

5

ライブストリーミングを終了するにはミーティングに戻り、[他のオプション]他のオプション を選択し、[ストリーミングの停止] をタップしてから [停止] をタップします。

Vbrick Rev ライブにライブ配信されている、または録画されている各ミーティングを視聴することができます。 ライブ配信は、終了と同時に、Vbrick Rev アカウント上で録画として入手できるようになります。

FedRAMP 認証された Webex オファーリングではエンタープライズ ライブ ストリームは利用できません。