ウォーター マーク
2021年3月23日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | 音声コールを発信する

Webex では、組織または個人のニーズに合った通話オプションを割り当てることができます。 そのため、アプリからコールを発信するときに、コール経験はアカウント設定によって異なります。

Webex | 音声およびビデオ通話

Webex では、音声またはビデオ通話を行うことができます。 そのため、髪がまとまらない日であったり、外出中であっても 誰かに発信する場合、ビデオの共有について心配する必要はありません。 しかも、フェイスツーフェイスの打ち合わせに参加する準備が整ったら、クリックするだけですぐにビデオ通話に変更できます。

音声コール

デスクトップまたはモバイルアプリからコールしている場合、音声コールを行うことで、コールを開始する前にビデオをオフにすることができます。

ビデオ コール

または、他のユーザーにあなたを表示する場合は、[ビデオ通話] で通話します。 デスクトップ、モバイル、または Web から行います。 気が変わった場合は、コール中にいつでもビデオをオフにすることができます。

または着信通話でビデオを共有しない場合は、すべての着信通話でもビデオをオフ にできます。

ウォーター マーク
2021年3月23日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | 組織の誰かに発信する

他の電話番号に発信できるように組織が Webex アカウントを設定している場合は、勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスで組織内の相手に発信できます。 このように発信することで、アプリで発信するだけでなく、高度な通話機能を使用できるようになります。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手と直接やりとりするときはいつでも、音声 またはビデオ の通話アイコンを探すだけです。相手に直接メッセージを送信したり、相手を検索したり、名刺を見たり、ダイヤルパッドに名前やメールアドレスを入力したりできます。


複数の電話回線がある場合は(Unified CM のみ)、通話用のアクティブ回線を変更できます

音声またはビデオのどちらに通話するかを選択してから、相手の勤務先番号か携帯電話番号かビデオアドレスを選択します。

コールが接続されると、相手の勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスの選択に応じて、わずかに異なるオプションが表示されます。

相手の勤務先番号またはビデオアドレスにビデオ通話として電話をかけた場合は、ビデオのオンとオフを切り替えたり、可能な場合は画面を共有したりできます。

しかし、他のユーザーの携帯電話番号を選択した場合、コールは通常の音声のみのコールに対して行われるので、ビデオをオンにしたり、画面を共有したりすることはできません。

勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスのいずれかで [] をクリックすると、高度なコーリング機能にアクセスできます。 コールを保留にしたり、他のユーザーに転送したりすることができます。 設定によっては、コールを結合したり、電話会議を開始したりすることもできます。


 

管理者が組織のコール セキュリティを有効にしている場合、コーリング ウィンドウの右上に が表示され、コールが安全であることを知らせることができます。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

相手の勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスを選択し、設定に応じて [] または [] をタップします。 をタップすると、コールは音声に接続され、ビデオに切り替えることはできません。


 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップしてから、[音声設定] を選択します。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

相手の勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスを選択し、設定に応じて [] または [] をタップします。 をタップすると、コールは音声に接続され、ビデオに切り替えることはできません。


 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップして選択します。

ウォーター マーク
2021年3月23日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Webex アカウントを持つ任意の相手に発信する

同じ組織にいるかどうかに関係なく、Webex アカウントを持つ他のユーザーに発信することができます。 これらは特別なタイプのコールで、ゲストをコールに追加し、ホワイトボードを共有し、画面を共有することができます。 電話番号を使用する必要はありません。アプリで相手に接続することだけが必要です。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手と直接やりとりするときはいつでも、音声 またはビデオ の通話アイコンを探すだけです。相手に直接メッセージを送信したり、相手を検索したり、名刺を見たり、ダイヤルパッドに名前やメールアドレスを入力したりできます。


複数の電話回線がある場合は、通話用のアクティブ回線を変更できます。

音声またはビデオのいずれかからコールを発信するかどうかを選択し、[Webex でコール] を選択します。

コールが接続された後で、ビデオをオンまたはオフにすることができます(最初にコールを行った方法に関係なく)。 をクリックして画面を共有し をクリックして、ホワイトボードを共有します。


 

管理者が組織のコール セキュリティを有効にしている場合、コーリング ウィンドウの右上に が表示され、コールが安全であることを知らせることができます。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

1

スペースから、アクティビティ メニュー にアクセスし、[コール] をタップします。 相手の電話番号をタップし、[Webex でコール] を選択してから または をタップします。

2

コール中に、次のいずれかのオプションを使用します。

  • をタップして、画面を共有します。
  • をタップして、[新規ホワイトボード] を選択し、ホワイトボードを作成します。
  • をタップして、ビデオをオフにします。 アイコンが赤 になっている場合は、ビデオがオフになっていることがわかります。

 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップしてから、[音声設定] を選択します。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

1

スペースから、アクティビティ メニュー にアクセスし、[コール] をタップします。 相手の電話番号をタップし、[Webex でコール] を選択してから または をタップします。

2

コール中に、次のいずれかのオプションを使用します。

  • をタップして、画面を共有します。
  • をタップして、[新規ホワイトボード] を選択し、ホワイトボードを作成します。
  • をタップして、ビデオをオフにします。 アイコンが赤 になっている場合は、ビデオがオフになっていることがわかります。

 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 コールの音声に切り替えるには、 をタップして、[音声設定] を選択します。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信したり、相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも [コール] を探してください。


コールするときは、Chrome、Safari または Firefox を使用する必要があります。 また、Windows、Mac、または Linux でウェブブラウザを使用しているかどうかにかかわらず、web ブラウザがカメラとマイクを使用するように設定されていることを確認してください。

[コール] をクリックします、コール中に、 をクリックして画面を共有します。

ウォーター マーク
2021年3月23日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | 電話番号を使用して誰かに発信する

あなたの組織が、他のユーザーの電話番号に発信するために自分の Webex アカウントを設定している場合、電話番号をもつ誰にでも発信することができます。 このように発信すると、他のタイプの電話機から通常の電話をかけるのと同じようになります。 お好きなレストランに電話をかけてランチオーダーを行いたい場合は、アプリから直接連絡して、注文を行います。

に移動して、 ダイヤルパッドに電話番号を入力し、それを 音声またはビデオ コールのどちらにするかを選択します。

アプリのヘッダーから通話を行う場合でも可能です。 [検索、打ち合わせ、コール] をクリックして、名前、メール アドレス、またはビデオ アドレスを入力し、[Enter] を押して通話を行います。

コール接続後にビデオをオンにすることはできませんが、 をクリックして高度なコール機能にアクセスすることができます。 コールを保留にしたり、他のユーザーに転送したりすることができます。 設定によっては、コールを結合したり、電話会議を開始したりすることもできます。


 

管理者が組織のコール セキュリティを有効にしている場合、コーリング ウィンドウの右上に が表示され、コールが安全であることを知らせることができます。

にアクセスし、 をタップして、電話番号を入力し、[コール] を選択します。


 

スピーカーフォンに切り替えるには、 をタップして、[音声設定] を選択します。

誰かがスペースに電話番号を投稿する場合、通話する番号をタップして、[通話] を選択することができます。 番号をコピーして貼り付ける、書き込む、または記憶する必要はありません。そこから通話を行い、電話アプリで通話を完了できます。

にアクセスし、 をタップして、電話番号を入力し、[コール] を選択します。


 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップしてから、[音声設定] を選択します。

ウォーター マーク
2021年3月23日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | サポートされている通話オプション

Webexでは、組織または個人のニーズに合った通話オプションを割り当てられます。 つまり、アプリから電話をかける際の通話操作は、アカウント設定によって異なります。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信するか、ユーザーを検索するか、連絡先カードを確認する(有料ユーザー)か、ダイヤルパッドに名前またはメール アドレスを入力するたびに、常に、音声またはビデオ通話アイコンを探してください。

Webex で発信する

Webex アカウントを持っている人(デスクトップ、モバイル、Web)は、相手が自分と同じ組織かどうか、アカウントが無料か有料かにかかわらず、Webex アカウントを持っている誰かに発信できます。

電話番号は必要なく、電話番号を使用することもありません。Webex アカウントをもつユーザーに発信するか、応答するためには、アプリで相手に接続することだけが必要です。 通話内のオプションには以下が含まれます。 ゲストを通話に追加し、ホワイトボードを共有し、画面を共有します。 ベンダーとメッセージで直接共有した最終的なマーケティング プランを確認したら、直ちにベンダーに電話して、最新のロゴの変更について知らせることができます。 検索バーにビデオアドレス(SIP アドレス)を手動で入力することで、アドレスを持っている Webex ユーザー以外に発信したり、ミーティングブリッジ(username@example.webex.com など) にダイヤルしたりもできます。)

組織内の電話番号に電話する

管理者がアカウントを設定している場合、組織内の誰かに通話 (仕事用または携帯電話番号) して、通話に応答することができます。 マネージャーの電話番号をクリックして Webex でフェイスツーフェイス通話をすれば、マーケティングプランの成功についてマネージャーに報告できます。

この設定では、組織が選択したコーリング オプションに応じて、(デスクトップおよびモバイル上で)より多くのコーリング機能にアクセスできます。 セットアップしているコールサービスを確認するには、「お持ちのコーリングサービスについて」を参照してください。

電話番号で発信する

Unified CM または Webex Calling を使用している場合、電話番号を使用して任意の人に発信したり、職場の番号に電話をかけてきた人からの着信に応答したりできます。 これらのタイプのコールを行うと、他の電話から通常の電話をかけるのと同じようになります。 チームの祝賀のランチを予約する場合に、Webex から直接レストランに電話をかけることもできます。 [コール]に移動して、電話番号を入力するのみです。

表 1. 機能の比較

機能

コーリング サービス

Webex で発信

Unified CM

Webex Calling

1 つのサービス プロバイダによりホストされた通話

(無料および有料)

デスクトップ

モバイル

デスクトップ

モバイル

デスクトップ

モバイル

デスクトップ

モバイル

トーン通知付き自動応答

通話を着信する

通話に自動的に応答する

Boss-Admin(エグゼクティブアシスタント)

電話番号で発信する

Webex アカウントを持つ任意の相手に発信する

グループ コール パークと保留解除

コール ピックアップ

コール プル

コール キュー

会議通話

連絡先

ホワイトボードを作成する

機能アクセスコード(FAC)

コールを転送する

任意の番号(SNR)で仕事のコールを受ける

健康状態チェッカー

保留

ハント グループ (サインインとサインアウト)

代替デバイス(Extend and Connect)を使用して発信する

異なる回線(複数回線)から発信する

卓上電話を使って電話をかける

代替電話接続(Unified CM)を使用して業務上の通話をする
コール バックを使用して仕事のコールを発信する

マージ

通話を録画する

画面を共有する

サイレントモニタリング

転送(確認後転送)

転送(一部確認後転送)

すべての着信に対してビデオをオフにする

仮想背景およびぼかし背景

ボイスメール

電話番号への高度な的なコール

企業は Webex で利用できる以上の通話機能が必要だと判断する場合があります。 たとえば、カスタマー サービスまたは管理アシスタントを使用している場合、さらに多くのコールを処理したり、より高度な機能にアクセスできるようにする必要があります。

管理者はアカウントを設定して、Webex から発信する際に、別の通話アプリケーション(Cisco Jabber または Webex Calling アプリなど)が自動的に開くようにできます。

コールを行うときに、他のアプリケーションを開くかどうかを確認するように求められる場合があります。 たとえば、組織が Jabber を使用している場合、このようなメッセージが表示されます。 しかし、あなたの組織が Webex Calling を使用している場合は、Webex Calling アプリが自動的に開き、発信します。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×