ウォーター マーク
2021年3月22日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online

OneDrive または SharePoint Online のアカウントを Webex に追加すると、直接 Webex で OneDrive または SharePoint Online のファイルを共有、プレビュー、表示、および共同編集できます。

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online アカウントを追加する

プロジェクトの作業を行っているときに、Webex でアイデアを共有することで、スペースから直接共有プロジェクトのドキュメントの作業を続けることができます。 Webex から会社のエンタープライズコンテンツ管理システムにアクセスできます。 アカウントを追加すると、Microsoft OneDrive または SharePoint Online のファイルを Webex スペースから直接共有したり、編集したりできます。 管理者は、Webex から会社のエンタープライズコンテンツ管理にアクセスする権限を提供します。

1

プロファイル画像をクリックし、[設定] > [インテグレーション] を選択して、[アカウントを追加する] をクリックします。

2

アカウント情報を入力して、アカウントに接続してください。

管理者は、あなたが OneDrive または SharePoint Online アカウントにサインインするために使用するアカウントを制限することができます。 アクセス エラーが発生した場合は、管理者に連絡してアカウント情報を確認してください。


 

[はい] をクリックすると、あなたの OneDrive または SharePoint Online アカウントにサインインしたままになります。

1

プロファイル画像をクリックし、[基本設定] > [アカウント] を選択して、+ をクリックします。

2

アカウント情報を入力して、あなたの OneDrive または SharePoint Online アカウントに接続してください。

管理者は、あなたが OneDrive または SharePoint Online アカウントにサインインするために使用するアカウントを制限することができます。 アクセス エラーが発生した場合は、管理者に連絡してアカウント情報を確認してください。


 

[はい] をクリックすると、あなたの OneDrive または SharePoint Online アカウントにサインインしたままになります。

1

自分のプロファイル画像をタップし、[設定] > [アカウント] の順に選択して、アカウントタイプを選択します。

2

アカウント情報を入力して、アカウントに接続してください。

管理者は、あなたが OneDrive または SharePoint Online アカウントにサインインするために使用するアカウントを制限することができます。 アクセス エラーが発生した場合は、管理者に連絡してアカウント情報を確認してください。

ウォーター マーク
2021年3月22日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online からファイルを共有する

OneDrive または SharePoint Online ファイルを Webex スペースで直接共有することができます。 スペースの全員がファイルの最新バージョンにアクセスすることができます。

OneDrive または SharePoint Online から直接、ファイルを選択できます。 Webex スペースでファイルを共有した後、ユーザーは Webex から直接ファイルを編集することができます。 同時に複数のユーザーがファイルを編集することができ、すべての更新を確認することができます。

1

メッセージ エリアで、[添付] をクリックし、次に [OneDrive または SharePoint Online から共有] を選択します。

管理者は、あなたが OneDrive または SharePoint Online からのファイルのみを共有するように制限することができます。 [添付] をクリックすると、[マイ コンピューターからアップロードする] オプションが表示されず、OneDrive または SharePoint Online からファイルを選択することができます。

2

OneDrive または SharePoint Online からファイルを選択し、[開く] をクリックします。

3

次に、スペースのファイルを閲覧できるユーザーを指定します。

管理者は、OneDrive または SharePoint Online で利用可能なこれらのオプションを変更することができます。

  • 任意のユーザー-誰でもファイルを見ることができます。これには、組織外のユーザーが含まれます。 ユーザーによるファイルの編集を許可するには、[編集を許可] をタップします。
  • 組織内のユーザー—組織内のユーザーのみがファイルを参照することができます。 ユーザーによるファイルの編集を許可するには、[編集を許可] をクリックします。
  • ユーザーは現在このスペースにいます—ファイルへのアクセスは、スペースの全員と共有されます。 ユーザーによるファイルの編集を許可するには、[編集を許可] をクリックします。

 

ファイルが共有された後でスペースに追加されたユーザーは、自動的に許可が付与されません。 スペースのファイルの上にカーソルを合わせると、[ファイル共有を更新] をクリックして、ファイルを再共有します。許可が更新された場合、スペースの誰もがファイルにアクセスできます。

  • 既存のアクセス権を持つユーザーWebex は、OneDrive または SharePoint Online のファイルを表示して編集することができるようにすでに設定されている権限を使用します。

ファイルへのアクセス権を持たないユーザーにはファイル名が表示されますが、ファイルを編集または表示したり、サムネイル プレビューをすることはできません。

4

[適用] をクリックし[Enter] を押してファイルを共有します。

OneDrive または SharePoint Online から直接、ファイルを選択できます。 Webex スペースでファイルを共有した後、ユーザーは Webex から直接ファイルを編集することができます。 同時に複数のユーザーがファイルを編集することができ、すべての更新を確認することができます。

1

メッセージエリアで、[添付] をタップし、次に [OneDrive または SharePoint Online から共有] を選択します。

2

OneDrive または SharePoint Online からファイルを選択し、[開く] をタップします。

3

次に、スペースのファイルを閲覧できるユーザーを指定します。

管理者は、OneDrive または SharePoint Online で利用可能なこれらのオプションを変更することができます。

  • 任意のユーザー-誰でもファイルを見ることができます。これには、組織外のユーザーが含まれます。 ユーザーによるファイルの編集を許可するには、[編集を許可] をタップします。
  • 組織内のユーザー—組織内のユーザーのみがファイルを参照することができます。 ユーザーによるファイルの編集を許可するには、[編集を許可] をタップします。
  • 既存のアクセス権を持つユーザーWebex は、OneDrive または SharePoint Online のファイルを表示して編集することができるようにすでに設定されている権限を使用します。

ファイルへのアクセス権を持たないユーザーにはファイル名が表示されますが、ファイルを編集または表示したり、サムネイル プレビューをすることはできません。

4

[適用] を選択し、[送信] をタップしてファイルを共有します。

ウォーター マーク
2021年3月22日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online のファイルを再共有する

Webex スペースで OneDrive または SharePoint Online ファイルを共有する場合、最初に共有された後でスペースに追加されたユーザー全員にアクセスを再共有する必要があります。 スペースに追加された新しいユーザーは、ファイルが再共有されるまでアクセスできません。

1

スペースのファイルに移動し、ファイルの上にカーソルを合わせて [ファイル共有を更新] をクリックします


 

[コンテンツ] をクリックして、[ファイル] を選択することもできます。 ファイルは [リストビュー] または [グリッドビュー] で表示できます。 ファイルの上にカーソルを合わせて、[ファイル共有を更新] をクリックします

2

ファイルを編集する権限をユーザーに付与する場合、ポップアップウィンドウで [編集を許可] をクリックし、[更新] をクリックします。

権限が更新されると、スペースの全員がファイルにアクセスできるようになります。
ウォーター マーク
2021年3月22日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online にファイルをアップロードする

お使いのコンピューターからファイルまたはファイルのフォルダーを Webex で OneDrive または SharePoint Online アカウントにアップロードすることができます。 その後、Webex スペースでこれらのファイルを共有することを選択できます。

1

メッセージエリアで、[添付]をクリックし、次に [OneDrive または SharePoint から共有] を選択します。

2

[アップロード] をクリックし、[ファイル] または [フォルダ] を選択して、OneDrive または SharePoint Online アカウントにアップロードします。

ウォーター マーク
2021年3月22日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online ファイルの表示および編集

Webex スペースで OneDrive または SharePoint Online からユーザーがファイルを共有するとき、ファイルをクリックして、それらを表示できます。 編集権限がある場合、Webex から直接共有されたファイルを編集することができます。 ファイルの種類に関連付けられているアプリケーションでファイルが開きます。 Microsoft Word ファイルが Microsoft Word Online で開きます。

スケジューリングを始める前に

共有されたファイルを表示するには、Microsoft 管理者がこのオプションを設定する必要があります。

スペースにあるファイルをクリックして開きます。

編集権限がある場合、OneDrive または SharePoint Online から直接ファイルを編集することができます。 他のユーザーはファイルを共同編集でき、更新を確認できます。 読み取り専用アクセス権を持っている場合は、共有ファイルを表示することができます。

スケジューリングを始める前に

共有されたファイルを表示するには、Microsoft 管理者がこのオプションを設定する必要があります。

ファイルを表示するには、スペースのファイル プレビューをタップします。

スケジューリングを始める前に

共有されたファイルを表示するには、Microsoft 管理者がこのオプションを設定する必要があります。

スペースにあるファイルで をクリックします。

編集権限がある場合、新しいブラウザー ウィンドウで OneDrive または SharePoint でファイルを開いて編集することができます。読み取り専用の権限がある場合は、新しいブラウザー ウィンドウで OneDrive または SharePoint のファイルを表示することができます。

ウォーター マーク
2021年3月22日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | Microsoft OneDrive または SharePoint Online フォルダをスペースにリンクする

Microsoft OneDrive または SharePoint Online フォルダのファイルで、スペースの全員が共同作業をしている場合、スペースをそのフォルダーにリンクすることができます。 リンクすると、全員がリンクされたフォルダ中のファイルに Webex スペースから直接アクセスできるようになります。


リンクされたフォルダーを使用するには、管理者が先にこのオプションを設定する必要があります。 自分のアカウントから Webex をサービス プロバイダをサブスクライブする場合、サービス プロバイダのカスタマー サポート チームに連絡して、構成を有効にしてください。

1

スペースで [コンテンツ] をクリックし、を選択します。

まだアカウントを追加していない場合は、[アカウントに接続] をクリックしてアカウントを追加します。
2

[オンラインフォルダにリンク] をクリックして、アカウントからフォルダを選択し、[開く] をクリックします。

ユーザーが SharePoint または OneDrive Online でこのフォルダにアクセスすると、Webex のフォルダ内のファイルにアクセスできます。

3

[このスペースにリンクされたフォルダーをデフォルトとして設定する] を選択します。またWebex スペースで共有されたすべてのファイルは、リンクフォルダに自動的にアップロードします。


 

この設定は、管理者がセットアップした場合にのみ利用可能です。 オプションが表示されない場合は、スペースで共有されているすべてのファイルが自動的にリンクされたフォルダーにアップロードされます。

リンクされたフォルダー上のファイルとスペースで共有したファイルを確認することができます。


リンクされたフォルダをスペースから削除する場合は、[コンテンツ] を選択し、 を選択します。 [リンクされたフォルダファイル] を選択し、 をクリックして、[スペースからフォルダーのリンクを解除する] を選択します。

1

スペースで をタップし、[ファイル] を選択します。

まだアカウントを追加していない場合は、[SharePointまたはOneDriveに接続] をクリックしてアカウントを追加します。
2

[オンラインフォルダへのリンク] をタップし、アカウントからフォルダを選択し、[リンク] をタップして、[完了] をタップします。

リンクされたフォルダー上のファイルとスペースで共有したファイルを確認することができます。


リンクされたフォルダをスペースから削除する場合は、をタップし、[ファイル] を選択します。 次に、フォルダを選択して [スペースからフォルダーのリンクを解除する] をタップします。

ウォーター マーク
2021年3月22日| 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex | リンクされたフォルダー内のファイルの表示または編集

Microsoft OneDrive または SharePoint Online のフォルダーが Webex スペースにリンクされている場合、Webex で直接リンクしたフォルダー内のファイルを表示したり、編集したりできます。 リンクされたフォルダーを使用するには、管理者が先にこのオプションを設定する必要があります。

1

スペースで [コンテンツ] をクリックし、を選択します。

2

[スペースで共有]をクリックし、[リンクされたフォルダー] を選択して、ファイルをクリックします。


 

OneDrive または SharePoint Online フォルダーのファイルを編集する権限がある場合、Webex から直接ファイルを編集することができます。

リンクされたフォルダをスペースから削除する場合は、[コンテンツ] を選択し、 を選択します。 [リンクされたフォルダファイル] を選択し、 をクリックして、[スペースからフォルダーのリンクを解除する] を選択します。

1

スペースで をタップし、[ファイル] を選択します。

2

[リンクされたフォルダー] をタップし、アカウントからフォルダーを選択し、ファイルをタップします。


 

OneDrive または SharePoint Online フォルダーのファイルを編集する権限がある場合、Webex から直接ファイルを編集することができます。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×