プッシュツートークは、組織の別の部分でユーザーを接続します。 例えば、電話でのプッシュツートークを使用して、倉庫の Jim とチャットできる顧客サービス担当者のリストを作成することができます。 これにより、顧客サービス担当者は、在庫や配送スケジュールなどについて、Jim と簡単にチャットすることができます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[ユーザー] に移動して、変更したいユーザーを選択します。

2

[コール] を選択し、[高度なコール設定] に進み、[Push to Talk] をオンにします。

3

接続タイプを選択します。

  • 一方向[許可されたユーザー] リストに追加されたユーザーは、このユーザーとチャットすることができますが、一方向のみです。 プッシュツートークを有効にしたユーザーは、[許可されたユーザー] リストのユーザーに応答できません 。
  • 双方向[許可されたユーザー] リストに追加されたユーザーは、双方向で会話できます。 プッシュツートークを有効にしたユーザーは、[許可されたユーザー] リストのユーザーに応答できます。
4

[許可されたユーザー] リストと [ブロックされたユーザー] リストを作成し、[保存] をクリックします。

[許可されたユーザー] リストのユーザーには、卓上電話を使用して、プッシュツートークが有効なユーザーと通信できることを知らせます。 ユーザーは、* 50 を押してから、プッシュツートークを行う相手の内線番号を入力することができます。