Charles プロキシ― ログを取り込む方法は?

Charles プロキシログを取得する方法を教えてください。

Mac で Charles プロキシを使用する方法を教えてください。

Windows で Charles プロキシを使用する方法を教えてください。

Charles プロキシを使って生産性向上ツールの問題のトラブルシューティングを行う方法を教えてくだdさい。

Windows 版および Mac 版生産性向上ツールに絡む技術的な問題のログを取るには、Charles プロキシツールが使用されます。

インストール

次のリンク先から Charles プロキシをダウンロードしてインストールします:
https://www.charlesproxy.com/download/latest-release/

Charles は Windows (32/64-bit) 版および Mac OS X 版を提供しています。

インストールに関するヘルプは次を参照してください: https://www.charlesproxy.com/documentation/installation/

Note: 次の手順は Mac OS 用のものです。 Windows 用のインストールヘルプは上記のリンクを参照してください。

前提条件 - 設定

  1. Charles を起動します。   (ヒント: VPN を使用している場合、まず VPN を無効にし、それから Charles を起動します。 それから再び VPN を有効にしてください。)
  2. [Proxy Settings] に移動し、[macOS] を選択します。
  3. [macOS Proxy] を有効にします:
ユーザーにより追加された画像
  1. [Proxy] > [Proxy Settings] の順に移動します。
  2. [Use a dynamic port] を有効にします:
       ユーザーにより追加された画像

SSL 証明書をインストールして Charles プロキシを承認します
  1. [Help] > [SSL Proxying] > [Install Charles Root Certificate] の順に移動します
ユーザーにより追加された画像
  1.  [Keychain Access] を開きます。 Charles プロキシが login 下でインストールされている場合、それを System に移動し、証明書が信頼できるものであることを確認します:
ユーザーにより追加された画像
  1. ダブルクリックして設定を編集します。
  2. [Trust] > [When using this certificate] でこれを [Always Trust] に設定します:
ユーザーにより追加された画像
      証明書が信頼されたものになります:
ユーザーにより追加された画像
      
 
特定のサイト用に SSL プロキシを有効にする
  1. ブラウザでサイト URL を入力すると、Charles がサイトのログを取り、下に表示します。
ユーザーにより追加された画像
  1. [Proxy] > [SSL Proxy Settings] の順に移動します。
  2. [Add] をクリックし、取り込む必要がある解読済みトラフィックのサイト URL を入力し、[OK] をクリックします:
ユーザーにより追加された画像
 最終的な結果が次のリンク先に表示されます:
ユーザーにより追加された画像
 
検証
サイト URL の正確な Charles ログを取り始めることができます。 他のサイト URL のログを取りたい場合、上記の手順 1-3 を繰り返し、URL が SSL Proxying に追加されたことを確認します。

適切に設定されている場合、取り込みが下の図の右側のように表示されます:

ユーザーにより追加された画像

Charles プロキシログを取り込む方法については次のリンクを参照してください: https://wiki.cisco.com/display/CSGMSO/How+to+capture+Charles+proxy+log

 

この投稿記事は役に立ちましたか?