CCA-SP の顧客のための音声プロンプトのローカライゼーション ロジック


  • Cloud Connected Audio Service Provider (CCA-SP) は、まずそれらがあるブリッジが、実際にロケール タグをサポートしていることを確認する必要があります。

  • CCA-SP パートナーはインバイトヘッダーのタグを送信する前に, パートナーサクセスマネージャー (PSM) および Webex クラウドサービスと協力してこれを確認します。

CCA-SP の顧客に対してローカル音声プロンプトがどのように再生されるかを管理するロジックは、コールバックとダイヤルイン接続では異なります。 以下の原則があります。

コールバック

  • 音声プロンプトのローカリゼーションは、ユーザーの Webex サイトの基本設定に基づいています。 オプションが設定されていない場合、ユーザーのブラウザのデフォルト言語が選択されます。

  • 音声は、特定の CCA-SP パートナーまたは顧客のいずれについてもカスタマイズできません。

ダイアルイン:

  • 音声プロンプトのローカリゼーションは、通話レベルで決定されます。 (SIP 招待レベル.)

  • パートナーは適切な言語タグを送信することによって、サポートされている言語でプロンプトを再生することができます (以下の 「言語の設定および言語のロケールコード」を参照してください)。

  • 音声プロンプトのローカリゼーションには、リリース コントロールまたは変更制御のいずれも必要ありません。

  • パートナーが SIP 招待で言語ロケール タグを送信しない場合、Webex はダイヤルイン番号に関係なく、ブリッジのデフォルト言語で再生します。

  • ブリッジのデフォルト言語は音声ブリッジ全体で標準化されており、いずれの特定の CCA-SP パートナーまたは顧客に対してもカスタマイズすることはできません。

SIP URl ロケール パラメータの言語設定と言語ロケール コード

CCA-SP パートナーは、SIP URI で [ロケール] を送信することにより、言語の基本設定を伝える必要があります。 ロケール タグは, 招待 メッセージの [SIP To] ヘッダーに表示されている必要があり、どの言語が望ましいかを指定します。 例:
宛先: <sip::55156202@10.224.56.202;locale=en_US>

Webex はこのパラメーターを調べ, ローカル言語で音声プロンプトを再生します。

表 1. 言語ロケール タグ

言語

コード (ロケール タグ)

名前

アラビア語

ar_SA

アラビア語

cafrench

fr_CA

フランス語 (カナダ)

中国語

zh_CN

簡体字中国語

デンマーク語

da_DA

デンマーク語

オランダ語

nl_NL

オランダ語

英語

en_US

英語 (米国)

フィンランド語

fi_FI

フィンランド語

フランス語

fr_FR

フランス語 (ヨーロッパ)

ドイツ語

de_DE

ドイツ語

ハンガリー語

hu_HU

ハンガリー語

インドネシア語

id_ID

インドネシア語

イタリア語

it_IT

イタリア語

日本語

ja_JP

日本語

韓国語

ko_KR

韓国語 (韓国)

laspanish

es_CO

ラテンアメリカ系スペイン語

ノルウェー語

no_NO

ノルウェー語

ポルトガル語

pt_BR

ポルトガル語(ブラジル)

russian

ru_RU

ロシア語

スペイン語

es_ES

スペイン語(ヨーロッパ)

スウェーデン語

sv_SE

スウェーデン語

trachinese

zh_TW

繁体字中国語

トルコ語

tr_TR

トルコ語

ukenglish

en_GB

英語 (英国)