エラー: ミーティングに参加すると、「Microsoft Visual C++ runtime Library runtime Error」が表示される

エラー: ミーティングに参加すると、「Microsoft Visual C++ runtime Library runtime Error」が表示されます。

ミーティングを開始またはミーティングに参加するときに、Microsoft Visual C++ Runtime Library のエラーが発生します。

エラー: 「Microsoft Visual C++ Runtime Library」


メモ:

詳細については、Microsoft KB の記事を参照してください: http://support.microsoft.com/kb/822521

原因:

 Microsoft Visual C++ ランタイムライブラリが欠落しているか破損している場合、ミーティングを開始または参加するときに次のエラーが表示される場合があります。



解決策:
問題を解決するには、これらの手順に従ってください

Visual C++ ランタイムライブラリをアップデートします。

  1. 次の外部リンクから Visual C++ 6.0 ランタイムライブラリをダウンロードしてインストールしてください: http://support.microsoft.com/kb/2019667
    注意: コンピュータにソフトウェアをインストールできない場合は、IT 部門に問い合わせてください。
  2. コンピュータを再起動して、もう一度 Webex ミーティングに参加してください。
    それでもエラーが発生する場合は、次のステップに進んでください。

Windows 用の最新のアップデートをインストールする

  1. Windows およびエラーが表示されるプログラムの最新のアップデートをインストールします。
  2. コンピュータを再起動して、もう一度ミーティングに参加してください。
    これで問題が解決しない場合は、以下の手順を試してください。

Internet Explorer でスクリプトのデバッグを無効にする

  1. [ツール] ボタンをクリックして、[インターネットオプション] をクリックし ます。 または、 ALT + T を押してから、O を押し ます。
  2. [インターネットオプションダイアログボックスで、[ 詳細設定 ] タブをクリックします。
  3. [スクリプトのデバッグを無効にする (Internet Explorer)] チェックボックスを選択し、[スクリプトのデバッグを無効にする] チェックボックスを選択し、[ スクリプトエラーごとに通知を表示する] チェックボックスをクリックしてオフにし ます。
  4. [ OK] をクリックし て、[インターネットオプションダイアログボックスを閉じます。
    ミーティングを開始またはミーティングに参加するには、ブラウザを閉じてから開き直してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?