エラー: 「メディアはサポートされていません」 Mac で Webex Meeting 内で共有された WRF ファイルを確認する場合

Mac での Webex Meeting 内で共有された WRF ファイルの確認はサポートされていません。

エラー: 「メディアはサポートされていません」 Mac で Webex Meeting 内で共有された WRF ファイルを確認する場合

エラー: 「このページは, あなたのプラットフォームでサポートされていないメディアオブジェクトが含まれるため, 確認できません。」共有された .WRF 録画を Mac で確認する場合。

エラー: 「メディアはサポートされていません。 このページは, あなたのプラットフォームでサポートされていないメディアオブジェクトが含まれるため, 確認できません。」共有された .WRF レコーディングを Mac で確認する場合。

Webex Meetings 40.10 の MP4 録画のデフォルト

今後の 10 月 (40.10) の更新では、Webex Meetings のすべての新しい録画は、クラウドで、またはサイトまたは主催者レベルで、ビデオ中心の操作により MP4 形式を使用して保存されます。 録画形式を標準化することで、再生ツールの選択肢が増え、セキュリティが強化され、ミーティング後でもコラボレーションがしやすくなります。 既存の ARF および WRF 録画は、引き続き Webex サイトでダウンロードしたり再生したりすることができます。 ビデオ中心の録画の詳細については、Webex Meetings と Webex Events でビデオ中心のネットワークによる MP4 録画に移動してください

原因:

主催者が .WRF レコーディングを Webex Meeting で共有する場合, Mac を使用している出席者には以下のエラーが発生します。

承認 / 拒否



解決方法:

Mac での Webex Meeting 内で共有された WRF ファイルの確認はサポートされていません。

主催者のみ

以下の回避策を参照してください。

  1. Microsoft Windows のインストールされた PC を使って, .WRF 録画を .WMV に変換します。
  2. エクスポートした .WMV ファイルを Webex Meeting で共有します。

この投稿記事は役に立ちましたか?