ユーザーまたはユーザーの同僚は、共有回線で通話に参加できます。 管理者がユーザーの電話でこの機能を有効にする必要があります。

回線を共有するユーザーがプライバシーをオンにしている場合、そのユーザーの回線設定を見ることはできません。また、そのユーザーの通話に自分を追加することもできません。

1

共有回線の回線ボタンを押します。

2

お使いの電話に * 33 と入力してください。


 

このようにセットアップされている場合、システムがアクセス コードを認識したことを知らせる音が聞こえます。

3

割り込み発信するユーザーの電話番号を入力します。


 

接続されると、現在の通話に加わります。