これらの手順に従い、Cloud Connected PSTN。 詳細については、次を参照してください。

  1. コントロール ハブのロケーションのプロビジョニング

  2. 場所 の接続PSTN [Cloud Connected] を選択し、対応する CCP プロバイダーを選択します。[Cloud Connected] を選択PSTN各ロケーションに対応するプロバイダーを選択します
  3. CCP PSTN (統合型または統合されていない) から番号を注文します。 統合型プロバイダーは、Control Hub に番号を直接割り当て、そこで自動的に表示されます。 統合ではないプロバイダーの場合、以下のように、番号PSTNをインポートします。

    1. Control Hub にサインインし、[通話番号] >に進します。 テーブルの右側にある [管理] ドロップダウン メニューをクリックして、[追加] を選択 します[アカウントの追加を>選択する

    2. 選択ページのドロップダウンメニューから [場所] を選択します。 ロケーションPSTN関連付けられている接続が、そのロケーションに対してリストされます。 [場所] を選択し、適切な接続PSTNします

    3. [番号のPSTNフィールドで購入した番号を追加します。 最大で 1000 件の番号を追加し、すぐにまたは後でアクティベートすることができます。 すべての 番号が 追加された後で、[保存] をクリックします。購入した番号をPSTNする

    4. 確認ページには、ロケーションPSTNされている電話番号が表示されます。追加された番号のPSTN

  4. 各ロケーションに対し以下の手順を実行して、ルート リストを作成し、適切なルート グループに割り当て、DI に割り当てる番号を選択します。

    1. [通話およびルート > の順に選択し、プロパティを表示するリストから 1 つを選択します。

    2. [ルーティングの選択] メニューからルート グループを選択します。

    3. [番号 の追加] を クリックし、ルート リストに関連付けられた番号を入力します。ルート リストに番号を追加する

    4. 専用インスタンスPSTN指定されているルートリストでルート番号を選択し、[追加] をクリック しますDI で指定される番号を識別する


    専用インスタンス サービス アクティベーションの一環として、専用インスタンスへの SIP トランクおよびルート グループが Control Hub で作成されます (名前は「WxC-DI」で始まります)。
  5. 専用インスタンスをポイントWebex Callingのパターンを使用して ダイヤル プランを構成し、ルート グループと関連付けします。

  6. 次の専用インスタンスの設定:

    • 新しい DIDs PSTNし、電話、ユーザー、ハント パイロットなどに割り当てる必要があります。

    • 専用ダイヤル プランで設定し、ルートグループ、ルートリスト、および専用インスタンスサービスアクティベーション中に設定された SIP トランクを使用して、PSTN 通話を Webex Calling にルーティングします。

  7. 国際通話を有効にするには、[コントロール ハブ通話] ページの関連する>選択します。 [アドバンスト >発信および着信の権限] > 国際通話] セクションに>し、ドロップダウン メニューから [許可] を選択します。

トラブルシューティング:

  • DI からの SIP INVITE の通話番号は、通話が成功するためには、Webex Calling ルート リストで構成された E164 番号と一致する必要があります。

  • 以下を参照 してサポート/優先Webex Calling 音声コーデックの音声仕様文書をWebex Calling。 これは、CCPP 通話の専用インスタンスの設計について考慮する必要があります。