Control Hub

  • 次の地域のユーザーの姓名のフィールドを更新した場合:コントロールハブ、 CSVまたはAPIを通じて保存され、名または姓が空白になり、名前はコントロールハブを選択します。 ただし、 Cisco IP Phone では、名と姓のフィールドにピリオド(".")を付けて名前が表示されます。

  • Control Hub で、ユーザー、ワークスペース、デバイスをロケーションでフィルタリングすることはできません。

  • メールの言語は、Control Hub を通じて設定された言語に基づいてローカライズされます。 ただし、エンドユーザーがアクリンクメールを受信すると、https://settings.webex.com/を選択すると、メールの言語に関係なく英語で設定ページが開きます。

    回避策: ユーザーは次で適切な言語を設定できます。https://settings.webex.com/ログイン後に表示されます。

  • 場所によるデバイス ステータス検索は利用できません。

    回避策: 場所に基づいてデバイスのタグを作成します。 その後、[デバイス] ページの検索バーを使用してタグを検索します。 デバイスのタグの作成についての詳細は、次を参照してください。タグが付いたグループ デバイスを選択します。

  • Control Hub のユーザーの名と姓を更新しても、対応する発信者 ID フィールドで更新が行われません。

    回避策: Control Hub でユーザーの名前を変更し、Control Hub で発信者 ID の名と姓を更新します。

  • 場所を作成し、すでに使用されている番号を指定すると、その場所は作成されますが、Control Hub では未構成として表示されます。

  • Control Hub の発信者 ID 機能の名と姓のフィールドには、特殊文字を入力することができますが、ユーザーがコールを発信すると、これらの文字は正規化され、スマートフォンのディスプレイ画面から削除されます。

  • Webex Calling のアクセス コードとしてゼロを使用しないでください。 ゼロは、国内および国際的なダイヤルプレフィックスと重複します。 アクセス コードとしてゼロが使用されている場合、 Webex CallingアプリケーションまたはWebex Callingデバイスで行われた通話は失敗します。

緊急連絡コールバック番号

  • コントロールハブから、ユーザーまたはワークスペースを非アクティブ化できます。 ただし、非アクティブ化機能は現在機能しません。 ユーザーまたはワークスペースを非アクティブ化するときに、そのユーザーまたはワークスペースが緊急連絡コールバック番号(ECBN)としてアクティブに使用されている場合、管理者に警告するメッセージが表示されます。 現在、非アクティブ化が実際には実行されないので、この警告を無視することができます。

  • 発言したとき、ユーザーのロケーションから割り当てられた番号が選択されると、[緊急時コールバック番号 (ECBN)] によってフォールバック先が選択されます。 ドロップダウンに表示される名前と番号が有効なユーザーです。 最初に設定されたユーザーではありません。 この制限は表面的なものですが、誤解を招く可能性があり、解決される予定です。

電話番号の一括削除

一連の番号を一括削除しようとするとコントロールハブその範囲内で 1 つのレコードのみが選択されている場合には、その範囲全体を削除するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。 その範囲内にある複数の番号が選択されていた場合、この番号範囲の一括削除は失敗します。

Webex Callingアナリティクス

  • アナログ電話アダプター (ATA) およびDECTデバイスはサポートされていません。

  • IPv6 またはVPNターミネーションを介してWebex Callingに登録されるデバイスもサポートされません。

ビジネス テキスト

  • コール受信時に次をクリックしたテキストで戻る/拒否ポップアップが 2 回表示されます。

  • テキスト送信機能がない番号は少ないため (通信事業者の制限)、お客様は TAC に連絡してさらに調査を行う必要があります。

  • ビジネス テキスト メール用に一般提供される前にすべての保留中のポート注文には、ポート完了時に自動テキスト送信機能がありません。 問題がある場合は、TAC にお問い合わせください。 バックエンド チームは各顧客が問題を修正するために監査スクリプトを実行できます。

  • 送信メッセージの場合、各番号から 1 分間に 6 メッセージの制限があります。 メッセージの配信が遅延している場合、それが遅延の原因の 1 つになっている可能性があります。

  • ビジネステキストメッセージの一括プロビジョニングが正確に機能していません。 一括プロビジョニングを有効にするには、ユーザーまたは組織レベルでビジネス テキスト送信をプロビジョニングする必要があります。

Calling ユーザー ポータル

  • Calling ユーザー ポータルから [応答不可] が有効になっている場合、発信者には話し中の処理が流れます。 現在、ポータルサイトでは、「有効にすると発信者をボイスメールに送信する」と記載されています。 発信者をボイスメールに送信するには、話し中のとき有効にする必要もありますボイスメールの設定にアクセスしてください。

ローカル ゲートウェイの構成

  • Webex Callingの Fax メッセージ機能は、インスタンスローカル ゲートウェイ (CUBE) 経由で使用する場合、T.38 プロトコルが必要です。パーソナル FAX 番号への FAX次のページにアクセスしてください: PSTN次のページにアクセスしてください: CUBE次のページにアクセスしてください: Webex Calling SBC次のページにアクセスしてください:メールを選択します。 この場合、メディア伝送は暗号化されません。 そのため、T.38 プロトコルは自分の判断で有効にしてください。

Webex Calling デバイス

  • 話中ランプ フィールド (BLF) がセカンダリ デバイスに表示されません (共有コール アピアランス)。 現在、BLF はプライマリ デバイスにのみ表示されます。

  • ユーザーをアクティベート解除すると、 Webexアプリで通話サービスを利用できなくなります。 Cisco MPP 電話は、デバイスが取り外されるか、そのユーザーの通話インターセプトが有効になるまで、Calling をサポートし続けます。 通話インターセプトの詳細については、次を参照してください。 Cisco Control Hub のWebex Callingのためにユーザーのコール インターセプトを構成するを選択します。

  • ATA 191/192 - Cisco ATA 191/192 デバイスのオンボード プロセスの一部としてリモート ファームウェアのアップグレードを試行すると、ATA のファームウェア ロードが古いバージョンである場合、問題が発生する可能性があります。 問題を解決するには、指示に従ってCisco ATA 191/192 のファームウェアを手動でアップグレードします。

    回避策: [管理者] > [ファームウェアのアップグレード]に移動します。 ファイルを解凍します。 解凍したファイルを選択してアップグレードします。 ファームウェアはここからダウンロードします。 ファームウェアのダウンロードが完了したら、ATA を次にhttps://cisco.sipflash.com/を選択します。

  • お使いの MPP デバイスは、 Cisco Directory Connector で同期されたActive Directory (AD) にはアクセスできません。 MPP 電話は、カスタム ディレクトリ メニューから、Webex Calling ライセンスに割り当てられたユーザーにのみアクセスできます。

Webex 通信事業者ユーザー

現在、 Webex CallingとWebexはシステム間で共通 IDを共有するため、両環境で同じユーザーをプロビジョニングすることはできません。 任意Webex Calling Webexのメール アドレス識別子を持つ顧客キャリアは、に搭載できませんWebex Callingを同じメール アドレスの識別子として使用します。