Webex レコーダーの概要

Webex レコーダーを使用することで、コンピューター上のアプリケーションのすべての画面での活動を記録します。

次のものを取り込むことができます。

  • 追加アダプターを通じたマルチメディア音声。

  • コンピューターにマイクを接続して、吹き替えナレーションします。

録画はウェブカムビデオをブロードキャストする人からビデオを取り込みます。しかし、セッションの大型ビデオパネルのみが録画に表示されます。 ビデオウィンドウは、主催者が特定の参加者のビデオウィンドウをロックしない限り、アクティブなスピーカーのビデオに切り替えられます。

Webex プレーヤーを使用して、録画を再生します。 Webex 録画エディターを使用して、録画を編集します。

録画したファイルは Webex 専用形式である Webex 録画形式(.wrf)で保存されます。

Webex レコーダーをダウンロードする

1

Webex サイトにサインインします。

2

ページの左下で、[Webex Training][Webex Events]、または [Webex Support] を選択します。

3

[サポート] > [ダウンロード] をクリックします。

4

[レコーダーとプレーヤー] をクリックし、次に [録画と再生] をクリックします。

5

[Webex レコーダー] まで下方へスクロールして [ダウンロード] をクリックしてプロンプトに従います。

アプリケーションを録画する

1

次のいずれかの操作を行います。

  • デスクトップから Webex レコーダーを起動します。
  • [すべてのアプリ] > [Webex] > [Webex レコーダーとプレーヤー] > [Webex レコーダー] の順にクリックします。
2

[ファイル] > [アプリケーションを開く] を選択します。

3

次のいずれかの操作を行います。

  • 一覧からアプリケーションを選択し、[選択] をクリックします。
  • [他のアプリケーション] をクリックし、アプリケーションを選んだら [共有] をクリックします。
4

録画ファイルの名前を入力し、保存先を選択したら、[保存] をクリックします。

5

レコーダーパネル上のボタンを使って録画を操作します。

終了番号

クリック先

録画を開始

録画の一時停止と再開

録画の停止とファイル保存

録画時の移動用マーカーの追加

画面上に注釈を付ける

録音の開始と停止

マイクの調整

録画中にレコーダーパネルを隠す

1

[Webex レコーダー][設定] > [Webex 録画設定] の順に選択します。

2

[録画中はレコーダーパネルを隠す] チェックボックスにチェックを入れ、[OK] をクリックします。

録画を再生する

Webex プレーヤーを使用して、Webex レコーダーで作成された .wrf 形式の録画を再生します。

1

次のいずれかの操作を行います。

  • デスクトップから Webex プレーヤーを起動します。
  • [すべてのアプリ] > [Webex] > [Webex レコーダーとプレーヤー] > [Webex プレーヤー] をクリックします。
2

[ファイル] > [開く] を選択します。

3

再生する .wrf 録画を見つけて [開く] をクリックします。

4

Webex プレーヤー のボタンを使って録画を操作します。

終了番号

クリック先

再生の開始

一時停止と再開

再生を停止

巻き戻し

前のセグメントに移動

次のセグメントに移動

早送り

音量の調整

音声のミュートとミュート解除

特定場所に早送りまたは巻き戻し

再生中にプレーヤーパネルを隠す

1

[Webex プレーヤー] でファイルが開いていることを確認します。

2

[コントロール] > [設定] の順に選択します。


 

設定オプションはファイルが開いているときのみアクセスできます。

3

[再生中はプレーヤーパネルを隠す] チェックボックスにチェックを入れ、[OK] をクリックします。