共同主催者

主催者が遅れている、または出席できない場合は、代わりに共同主催者がミーティングまたはウェビナーを開始、管理できます。 共同主催者は、主催者のアシスタントとしてミーティング管理を手伝うことができ、大規模なミーティングの場合に役立ちます。 主催者がミーティングに参加していない場合、本来の主催者が参加するまで、共同主催者が主催者の役割を担います。

主催者はミーティングまたはウェビナーをスケジュールするときに、1 人または複数の出席者に対して共同主催者の役割を割り当てることができ、これらの招待者は共同主催者としてミーティングに参加できます。 主催者はミーティング中またはウェビナー中に、ゲスト出席者も含めて、共同主催者の役割を割り当てることができます。 サポートされていないクライアントから参加する出席者に対しては、役割を割り当てるオプションが無効になります。

共同ホストを追加

ミーティングまたはウェビナー中に、ミーティングまたはウェビナーをスケジュールするときに、パーソナル会議室 既存のミーティングまたはウェビナーに、Microsoft Outlook のスケジューラを通じて、または Webex 生産性向上ツールを使用して、共同ホストを追加する方法については、下のセクションに移動してください。

共同主催者の権限

共同主催者は次のタスクを実行できます。

  • ミーティングまたはウェビナー情報ページから:

    • 登録フォームをカスタマイズする

    • 保留中の登録者を承認または拒否する

    • 登録者の承認ステータスを変更する

    • パネリストを招待またはインポートする (ウェビナーのみ)

    • 出席者を招待またはインポートする

  • ミーティングまたはウェビナー中:

    • ミーティングまたはウェビナーを開始、主催する


      主催者アカウントが削除または無効化されている場合、共同主催者はミーティングを実行できません。 この共同主催者は、主催者として新しいミーティングを作成する必要があります。

    • 一部またはすべての参加者をミュートまたはミュート解除する

    • 主催者または共同主催者が出席者をミュートした後、出席者が自分自身をミュート解除することを許可または防止する

    • マルチメディア共有

    • 出席者をロビーに出入りさせる

    • 出席者を退席させる

    • 録画を開始する (共同主催者が主催者の役割を担っている場合)


      本来の主催者が参加すると、主催者の役割と録画機能は引き継がれます。 共同主催者の役割を持つ参加者は録画できません。

    • 出席者を招待し、リマインドする

    • ブレイクアウトセッションの管理

    • ブレイクアウト セッションに参加して、出席者を支援する

    • ミーティングまたはウェビナーを終了する

    • ミーティングまたはウェビナーをロックあるいはロック解除する

共同主催者がビデオ デバイスに接続されている場合は、接続されたデバイスにも共同主催者の役割が割り当てられます。 デバイスが主催者の役割を引き継いだ場合は、デバイスに「このミーティングの共同主催者になりました」と表示され、ミーティングのロックまたはロック解除、すべての参加者のミュート、ミーティングの録画の開始または停止など、主催者と同じ機能を使えるようになります。

ミーティングまたはウェビナー中に、1 人以上のミーティング出席者 (ゲストも含む) に共同主催者の役割を割り当てることができます。

1

[参加者] パネルを開き、共同主催者にする出席者を見つけます。

2

出席者の名前を右クリックし、[ロールの変更] > [共同主催者を作成] を選択します。


 

サポートされていないアプリケーションから参加している出席者については、[共同主催者を指名] はグレー表示されます。

Webex サイトからミーティングをスケジュールするときに、ミーティングの共同主催者を指定できます。

Webex サイトの主催者ライセンスまたはアカウントを持っていない出席者に共同主催者の役割を与えるには、ミーティング開始後にその出席者の役割を昇格させます。


ミーティングのスケジュール時に共同主催者にできるのは、Webex サイトMeetings の主催者ライセンスを持つユーザーのみです。

1

Webex サイトにサインインし、[ミーティングをスケジュールする] を選択します。

2

[ミーティングをスケジュール] ページで、ミーティングの基本オプションを選択します。

3

[出席者] フィールドに、コンマまたはセミコロンで区切って出席者を追加し、Enter キーを押します。

4

特定の出席者を共同ホストとして指定するには 、出席者名の隣にカーソルを合わせると、[この出席者を共同出席者にする] をクリックします


 

このオプションが表示されない場合は、ステップ 5 に移動し、[このミーティングの共同主催者を選択する] を選択して、[出席者] リストから共同主催者を選択します。

5

より柔軟にミーティングの共同主催者を選択できるようにするには、[高度なオプションの表示] > [スケジューリングオプション] に移動します。

6

追加オプションを 1 つ選択します。

  • このミーティングの共同主催者を選択する

  • このサイトの主催者アカウントを持っていて、最初にミーティングに参加した人が共同主催者になる

  • このサイトの主催者アカウントを持っているすべての出席者が、ミーティングに参加したときに共同主催者になる

7

すぐにミーティングを開始する場合は、[開始] をクリックします。後でミーティングを行う場合は [スケジュール] をクリックします。

サイトからウェビナーをスケジュールするときに、ウェビナーの共同主催者を指定できます。

サイトのアカウントを持っていない出席者には、ウェビナーの開始後に共同主催者の役割を与えることができます。

1

Webex サイトにサインインし、[ウェビナーをスケジュールする] を選択します。


 

ウェビナーをスケジュールするときに共同主催者にできるのは、この Webex サイトウェビナーの主催者ライセンスを持つユーザーのみです。

2

[ウェビナーをスケジュール] ページで、ウェビナーの基本オプションを選択します。

3

[パネリスト] フィールドにコンマまたはセミコロンで区切ってパネリストを追加し、Enter キーを押します。

4

特定のパネリストを共同ホストとして指定 するには、出席者名の隣にカーソルを合わせると、[このパネリストを共同で指名する] をクリックします

5

[スケジュール] をクリックしてウェビナーをスケジュールします。

Webex サイトパーソナル会議室の共同主催者を割り当てることができます。 次の設定は、ウェビナーには影響しません。

1

Webex サイトにサインインし、[基本設定] > [マイ パーソナル会議室]の順に移動します。

2

[共同主催者] セクションで、[パーソナル会議室のミーティングで共同主催者を許可する] をオンにします。

3

表示されるオプションの次の 1 つを選択します:

  • マイ パーソナル会議室の共同主催者を選択する ‐ 共同主催者に指定する各出席者のメール アドレスを入力します。

  • このサイトの主催者アカウントを持っている人で、最初にミーティングに参加した人、またはこの組織で最初に認証されたシスコビデオデバイスでマイパーソナル会議室に参加した人が共同主催者になります

  • このサイトに主催者アカウントを持っているすべての出席者と、この組織内のすべての認証済みシスコビデオデバイスでマイパーソナル会議室に参加した人が共同主催者になります

4

[保存] をクリックします。

共同主催者は、[ミーティングのスケジュール][参加に関する情報] にリストされます。

共同主催者をスケジュールされたミーティングまたはウェビナーに割り当てることができます。

1

Webex サイトにサインインし、[カレンダー] に移動します。

2

リストにミーティングまたはウェビナーが表示されない場合は、日付範囲を指定してから [OK] を選択します。

3

ミーティングまたはウェビナーの名前を選択します。

4

ミーティングの[招待者]、またはウェビナー[パネリスト] の下で、割り当てるユーザーを見つけます。

5

名前の 隣の をクリックして、[共同ホストを割り当 てる] を選択します

Microsoft Outlook で Webex スケジューラを使用してミーティングをスケジュールするときに、ミーティングの共同主催者を指定できます。

始める前に

Webex スケジューラがインストールされていることを確認します。

1

Microsoft Outlook からミーティングをスケジュールします。

2

ミーティングの出席者を追加します。

3

Outlook リボンの Cisco Webex グループのミーティングへの招待で、[Webex Meeting を追加] を選択します。

4

Cisco Webex グループで [Webex 基本設定] を選択します。

5

[共同主催者] セクションで共同主催者に指定する出席者のチェックボックスにチェックを入れます。

6

[OK] を選択します。

Microsoft Outlook で Webex 生産性向上ツールを使用してミーティングをスケジュールするときに、ミーティングの共同主催者を指定できます。

始める前に

Webex 生産性向上ツールがインストールされていることを確認します。

1

Microsoft Outlook からミーティングをスケジュールします。

2

ミーティングの出席者を追加します。

3

ミーティング招待状の Webex ツールバーで [Webex Meetingsを追加] を選択します。

4

[Webex 設定] ダイアログボックスが開いていない場合は、Webex ツールバー上の [設定の変更] を選択してダイアログボックスを開きます。

5

[Webex 設定] ダイアログ ボックスで [リソース] タブを選択します。

6

[共同主催者] セクションで共同主催者に指定する出席者のチェックボックスにチェックを入れます。

7

[OK] を選択します。