ミーティングの主催者または共同主催者の場合、次のいずれかの方法でミーティングを開始できます。

  • Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリのダッシュボードで をクリックし、パーソナル会議室でミーティングを開始します。
  • Cisco Webex Meetings アプリの最上部の [開始] をクリックします。


    [開始] ボタンがスケジュールしたミーティングの最大 15 分前に表示されます。

  • 自分が主催するミーティングを開始するには、[ミーティング リスト] タブで [開始] をクリックします。

  • すでにビデオ デバイスに接続されている場合[開始] をクリックすると、そのデバイスで自動的にミーティングに開始します。


出席者専用の Webex アカウントの場合、ミーティングを開始することはできません。

[ミーティングに参加] のタイトルで参加する会議室のパーソナル会議室 ID を入力できます。 テキスト ボックスにミーティング番号またはパーソナル会議室 ID を入力したら、[ミーティングに参加] ボタンを選択できます。


主催者のパーソナル会議室 ID はパーソナル会議室リンクから確認することができます。 例えば、パーソナル会議室のリンクが organizationname.webex.com/meet/jparker である場合、主催者のパーソナル会議室 ID は、jparker になります。

ミーティングに招待されると、Cisco Webex Meetings パネルの最上部の [参加] ボタンも選択できます。


ミーティング通知の基本設定に応じて、スケジュールされたミーティングの前に最大 15 分 [参加] ボタンが表示されます。

最近参加したパーソナル会議室に参加するために、[最近のパーソナル会議室] リストのプロファイル画像 の 1 つを選択できます。 最近参加したその他の会議室を表示するには、[その他] アイコンを選択します。

すでにビデオ デバイスに接続されている場合[参加] をクリックすると、そのデバイスで自動的にミーティングに参加します。

[ミーティング リスト] タブから、ミーティング スケジュールのリストを表示できます。 パネルの左上で、[ミーティングのスケジュール] を選択して、Webex サイト または Microsoft Outlook からミーティングをスケジュールできます。


カレンダーからスケジュールする方法を変更する場合、[基本設定][ミーティング] に進みます。 [カレンダーのインテグレーション] セクションで、Webex または Microsoft Outlook から選択します。

パネルの右上で、[カレンダーの表示] を選択して、カレンダーの日付からミーティング リストを表示できます。


Microsoft Outlook をインテグレーションとして使用する場合、それを基本設定で有効にする必要があります。 有効にするには、[基本設定][>インテグレーション] に進みます。

[デバイスに接続] タブから、Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリとペアリング設定されている互換性のあるビデオ デバイスを検索できます。同じ手順を使用して、オンプレミスまたはクラウドに登録されたビデオ デバイスに接続できます。

Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリは、コンピューターのマイクを使用して、Webex デバイスからの超音波信号をリッスンして接続を行います。 音声を保管したり、Cisco に送信したりされません。

Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリが近くのビデオ デバイスを検出すると、それに接続して、そのデバイスからミーティングに参加することを選択できます。 クラウド対応デバイスにペアリングされている場合、[参加] をクリックすると、デバイスは自動的にミーティングに参加します。 オンプレミスのデバイスにペアリングされている場合、ビデオ デバイスからのコールに応答して、ミーティングに参加します。

ビデオ デバイスで次のミーティングに参加するために、[このビデオ システムを使用してミーティングに参加する] チェックボックスをオンにできます。

オンプレミス デバイスにペアリングする場合、コンテンツをローカルに共有できます。

ビデオ デバイスでローカルにコンテンツを共有するためには、[デバイスで共有する] を選択できます。 共有を停止する場合は、[共有の停止] を選択します。

基本設定で、アカウント設定を確認し、ミーティング通知を選び、Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリで使用するプラグインを有効にするなどを行うことができます。

基本設定にアクセスするには、次のいずれか 1 つを行います。

  • Windows で、歯車 アイコンを Cisco Webex Meetings アプリの右上で選択します。次にドロップダウン リストで、[基本設定] を選択します。

  • Mac で、アプリ メニューの [Cisco Webex Meetings] を選択します。 次に、ドロップダウン リストから、[基本設定] を選択します。

  1. タブを使って基本設定内を移動します。 以下の変更が可能です。

    • 全般 — アプリが常にデスクトップに表示され、コンピューターをオンにする時に開くようにします。

    • アカウント — 自分のユーザー名、Webex サイト URL、アプリで使用するメールアドレスを表示できます。

    • マイ パーソナル会議室 — パーソナル会議室の名前、リンク、番号、ビデオアドレス、および主催者 PIN を表示できます。

    • ミーティング参加オプション—ビデオ デバイス、コンピューターの音声、電話とカメラ、接続を前もって選択しておけば、ミーティングに参加するためのステップを少なくできます。 詳細は、「Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリとモバイル アプリのミーティング参加基本設定を行う」を参照してください。

    • 電話番号—既存の電話番号を表示して編集し、最近の電話番号をクリアできます。 クリックして編集を選択すると、新しい番号を更新して保存できる Webex サイトに移動します。 詳細は、「Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリとモバイルアプリの基本設定で電話番号を管理する」を参照してください。

    • カレンダー—ミーティング リストを表示するカレンダーの設定を選択します。

    • 通知 – ミーティングの通知を有効にし、それらをいつ受信するかを選択します Windows では、以下の通知を受け取るかどうか切り替えることができます。

      • ミーティング中でも、チャット メッセージの受信時にサウンドを鳴らします。

      • 参加者がミーティングに参加したとき、ミーティングを退出したとき、手を挙げたときに参加者のアクション音を鳴らします。


      これらの機能は、Mac では利用できません。

    • ビデオシステム—自動検出を有効にして、近くにあるデバイスとペアリングし、さらにビデオシステムとコールするか選択できます。

  2. 基本設定の変更を完了したら、[保存] または [適用] を選択します。

ミーティングの開始と参加、開催予定のミーティングの表示、デバイスの接続、基本設定の変更方法について学びます。 主催者向けの Webex Meetings デスクトップアプリの詳細については、このインフォグラフィックを確認してください。

Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリからミーティングを開始するには複数の方法があります。ダッシュボードから を選択して、パーソナル会議室でミーティングを開始できます。

スケジュールしたミーティングを開始するには、[開催予定のミーティング] の下にあるミーティング名隣の [開始] ボタンを選択します。


[開始] ボタンがスケジュールしたミーティングの最大 5 分前に表示されます。

すでにビデオ デバイスに接続されている場合、オンプレミスの電話会議デバイスとペアリングするときに、[開始] をクリックすると、そのデバイスで自動的にミーティングに開始します。

[ミーティングに参加] フィールドで、ミーティング番号、ミーティング リンク、ビデオ アドレス、または主催者のパーソナル会議室 ID を入力し、[Enter] キーを押して参加することができます。


主催者のパーソナル会議室 ID はパーソナル会議室リンクから確認することができます。 たとえば、パーソナル会議室のリンクが example.webex.com/meet/jparker である場合、主催者のパーソナル会議室 ID は、jparker になります。

[開催予定のミーティング] リストのミーティング名の隣にある [参加] ボタンを選択することもできます。


主催者の基本設定に応じて、スケジュールされたミーティングの前に最大 15 分 [参加] ボタンが表示されます。

[ミーティングに参加] フィールドをクリックし、最近参加したパーソナル会議室に参加するために、[最近のパーソナル会議室] リストのプロファイル画像 の 1 つを選択します。 最近参加したその他の会議室を表示するには、[その他] アイコンを選択します。

すでにビデオ デバイスに接続されている場合、[参加] をクリックすると、そのデバイスで自動的にミーティングに参加します。

[開催予定のミーティング] の下でスケジュールしたミーティングのリストを表示できます。 を選択して、Webex サイトまたは Microsoft Outlook からミーティングをスケジュールできます。


カレンダーからミーティングをスケジュールする方法を有効または変更する場合、[基本設定] に進みます。 詳細情報は、基本設定を設定するを参照してください。

[開催予定のミーティング] の下で、日付の隣の カレンダー を選択し、対象とする日のミーティング リストを表示します。

[デバイスに接続] オプションを使用して、お使いの Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリとペアリング設定されている互換性のあるビデオ デバイスを検索できます。同じ手順を使用して、オンプレミスまたはクラウドに登録されたビデオ デバイスに接続できます。

Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリは、コンピューターのマイクを使用して、Webex デバイスからの超音波信号をリッスンして接続を行います。 音声を保管したり、Cisco に送信したりされません。

Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリが近くのビデオ デバイスを検出すると、それに接続して、そのデバイスからミーティングに参加することを選択できます。 デバイスにペアリングされている場合、[参加] をクリックすると、デバイスは自動的にミーティングに参加します。

ビデオ デバイスで次のミーティングに参加するために、[このビデオ システムを使用してミーティングに参加する] をオンにできます。

デバイスにペアリングされている場合、Webex 共有デバイス または ビデオ デバイスを使用して、ローカルでコンテンツを共有することもできます。


この機能は、Cisco Webex Control Hub 対応サイトまたはコントロール ハブにリンクされている Cisco Webex サイト管理対応サイトでのみ使用できます。 サイト管理者 に連絡して、サイトが管理される場所を見つけてください。

基本設定で、アカウント設定を確認し、ミーティング通知を選び、Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリで使用するプラグインを有効にするなどを行うことができます。

基本設定にアクセスするには、次のいずれか 1 つを行います。

  1. Webex Meetings デスクトップ アプリを開き、サイン インします。

  2. Windows で、歯車 アイコンを Cisco Webex Meetings アプリの右上で選択します。次にドロップダウン リストで、[基本設定] を選択します。

    Mac で、アプリ メニューの [Cisco Webex Meetings] を選択します。 次に、ドロップダウン リストから、[基本設定] を選択します。

  3. 設定した各設定について、[保存] をクリックします。

  4. 以下の変更が可能です。

    • 全般—コンピューターをオンにしたときに、アプリを開く方法を設定します。

    • アカウント—ユーザー名、メール アドレス、Webex サイト URL を表示します。 異なる Webex サイト URL を使用する場合は、[変更] を選択します。

    • Meetings– カレンダーと [今すぐ打ち合わせ] 設定を選択します。 [今すぐ打ち合わせ] から開始するインスタント ミーティングのデフォルト オプションを設定します。 サイト設定によっては、パーソナル会議室からインスタントミーティングを開始する設定を選択することが可能です。 パーソナル会議室のリンクとビデオ アドレスは、他のユーザーと共有するためにコピーしたい場合にも利用できます。


      Windows: Microsoft Outlook への Webex Meetings インテグレーションを使用する場合、設定で有効になっていることが必要です。 有効にするには、[基本設定][>インテグレーション] に進みます。

    • 通知—ドロップダウン オプションを使用して、リマインダーを受け取る時間の長さを選択します。

    • ビデオ デバイス—コンピューターをビデオ デバイスに接続します。 スライダーをトグルして、近くにあるデバイスを自動的に検出します。

    • インテグレーション-Webex Meetings デスクトップ アプリをカレンダー、Microsoft Office、またはブラウザーと接続します。