Cisco Webex サイト管理で録画を管理する

サイトの録画を一括管理することで利用できるストレージを最適化することができます。 例えば、不必要な録画を検索し、削除するなどの操作ができます。 所有者が組織から去る場合に録画を別のユーザーに再割当てすることができるため、とても便利です。

録画を検索して管理する

検索オプションを使えば [ゴミ箱] に移された録画に対しても検索をかけることができます。

    1Webex サイト管理にサインインし、[録画] > [録画の管理] を選択します。
    2[録画] または [ごみ箱] を選択することにより、録画場所をフィルタリングします。
    3検索オプションを使用して検索条件を指定します。

    録画は名前ファイルサイズ所有者で検索することができます。 [ゴミ箱] 内にない録画は [作成日] または [前回のアクセス] でも検索することができます。

    4[検索] をクリックします。

    録画を削除する

    ゴミ箱に移された録画は 30 日以内であれば復元することができます。 30 日が過ぎるとシステムによって自動的に録画が削除されます。

      1Webex サイト管理にサインインし、[録画] > [録画の管理] を選択します。
      2[録画] を選択し、削除する録画を検索します。
      3削除する録画のチェックボックスを選択します。
      4[ゴミ箱に移動] を選択します。

      録画を復元する

      ゴミ箱に移された録画は 30 日以内であれば復元することができます。 30 日が過ぎるとシステムによって自動的に録画が削除されます。

        1Webex サイト管理にサインインし、[録画] > [録画の管理] を選択します。
        2[ごみ箱] を選択し、復元する録画を検索します。
        3復元する録画のチェックボックスを選択します。
        4[復元] を選択します。

        録画を永久に削除する

        ゴミ箱で選択している録画を削除したり、ゴミ箱内のすべての録画を削除することができます。

          1Webex サイト管理にサインインし、[録画] > [録画の管理] を選択します。
          2[ごみ箱] を選択し、確実に削除する録画を検索します。
          3永久に削除する録画のチェックボックスを選択します。
          4[削除] をクリックします。 すべての録画を確実に削除するには、[ゴミ箱を空にする] をクリックします。

          録画の再割り当て

          あるユーザーによって作成された録画を別のユーザーに再割り当てすることができます。

            1Webex サイト管理にサインインし、[録画] > [録画の管理] を選択します。
            2[録画] を選択し、再割り当てする録画を検索します。
            3再割り当てする録画のチェックボックスを選択し、[再割り当て] をクリックします。
            4録画の再割当先のユーザーを検索します。
            5録画の再割り当て先ユーザーを選択し、[OK] をクリックします。

            この投稿記事は役に立ちましたか?

            関連の投稿記事
            関連の投稿記事 上矢印 開かれています