始める前に

会議室、またはデスクデバイス、またはWebex Board に登録すると、制御ハブからそれを管理できます。制御ハブの詳細については、Cisco Webex Control Hub の使用入門を参照してください。

デバイスのセットアップを開始する前に、制御ハブの 16 桁のアクティベーションコードを作成して登録します。この、デバイスのアクティベーションコードを生成するをご覧ください。

Cisco Webex Calling(旧 Spark Call)とその他のサービスを追加する場合は、Cisco Webex 会議室 とデスクデバイスを使用してある場所にサービスを追加するを参照してください。

デバイスにはソフトウェアがプリインストールされた状態で出荷されており、アップデートは自動的にインストールされます。新しいデバイスを初めて登録するときに使用できるソフトウェアアップデートがある場合は、アップグレードすることをお勧めします。ソフトウェアアップデートの詳細については自動ソフトウェアアップデートを参照してください。

1

設置ガイドの手順に従い、必要なケーブルを取り付けて接続します。デバイスが接続されると、自動的に起動してネットワーク接続をチェックします。ネットワーク接続が動作している場合、デバイスは WebexRoomOS の更新を確認し、検出された新しいバージョンをインストールします。接続に問題がある場合は、考えられる原因を示すエラーメッセージが表示されます。

2

ソフトウェアの更新後、セットアップウィザードが開始されます。画面の指示に従って、ネットワーク設定をセットアップし、アクティベーションコードを入力し、画面、カメラ、音声をチェックします。

言語設定は、セットアップウィザードを起動する前に変更することも、設定メニューから後で実行することもできます。

時刻のフォーマットは、ネットワークのタイムゾーンの設定に従う必要があり、個別に設定することはできません。