Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信するか、ユーザーを検索するか、連絡先カードを確認する(有料ユーザー)か、ダイヤルパッドに名前またはメール アドレスを入力するたびに、常に、音声またはビデオ通話アイコンを探してください。

Webex で発信する

Webex アカウントを持っている人(デスクトップ、モバイル、Web)は、相手が自分と同じ組織かどうか、アカウントが無料か有料かにかかわらず、Webex アカウントを持っている誰かに発信できます。

電話番号は必要なく、電話番号を使用することもありません。Webex アカウントをもつユーザーに発信するか、応答するためには、アプリで相手に接続することだけが必要です。 通話内のオプションには以下が含まれます。 ゲストを通話に追加し、ホワイトボードを共有し、画面を共有します。 ベンダーとメッセージで直接共有した最終的なマーケティング プランを確認したら、直ちにベンダーに電話して、最新のロゴの変更について知らせることができます。 検索バーにビデオアドレス(SIP アドレス)を手動で入力することで、アドレスを持っている Webex ユーザー以外に発信したり、ミーティングブリッジ(username@example.webex.com など) にダイヤルしたりもできます。)

組織内の電話番号に電話する

管理者がアカウントを設定している場合、組織内の誰かに通話 (仕事用または携帯電話番号) して、通話に応答することができます。 マネージャーの電話番号をクリックして Webex でフェイスツーフェイス通話をすれば、マーケティングプランの成功についてマネージャーに報告できます。

この設定では、組織が選択したコーリング オプションに応じて、(デスクトップおよびモバイル上で)より多くのコーリング機能にアクセスできます。 セットアップしているコールサービスを確認するには、「お持ちのコーリングサービスについて」を参照してください。

電話番号で発信する

Unified CM または Webex Calling を使用している場合、電話番号を使用して任意の人に発信したり、職場の番号に電話をかけてきた人からの着信に応答したりできます。 これらのタイプのコールを行うと、他の電話から通常の電話をかけるのと同じようになります。 チームの祝賀のランチを予約する場合に、Webex から直接レストランに電話をかけることもできます。 [コール]に移動して、電話番号を入力するのみです。

表 1. 機能の比較

機能

コーリング サービス

Webex で発信

Unified CM

Webex Calling

1 つのサービス プロバイダによりホストされた通話

(無料および有料)

デスクトップ

モバイル

デスクトップ

モバイル

デスクトップ

モバイル

デスクトップ

モバイル

トーン通知付き自動応答

通話を着信する

通話に自動的に応答する

Boss-Admin(エグゼクティブアシスタント)

電話番号で発信する

Webex アカウントを持つ任意の相手に発信する

グループ コール パークと保留解除

コール ピックアップ

コール プル

コール キュー

会議通話

連絡先

ホワイトボードを作成する

機能アクセスコード(FAC)

コールを転送する

任意の番号(SNR)で仕事のコールを受ける

健康状態チェッカー

保留

ハント グループ (サインインとサインアウト)

代替デバイス(Extend and Connect)を使用して発信する

異なる回線(複数回線)から発信する

卓上電話を使って電話をかける

代替電話接続(Unified CM)を使用して業務上の通話をする
コール バックを使用して仕事のコールを発信する

マージ

通話を録画する

画面を共有する

サイレントモニタリング

転送(確認後転送)

転送(一部確認後転送)

すべての着信に対してビデオをオフにする

仮想背景およびぼかし背景

ボイスメール

電話番号への高度な的なコール

企業は Webex で利用できる以上の通話機能が必要だと判断する場合があります。 たとえば、カスタマー サービスまたは管理アシスタントを使用している場合、さらに多くのコールを処理したり、より高度な機能にアクセスできるようにする必要があります。

管理者はアカウントを設定して、Webex から発信する際に、別の通話アプリケーション(Cisco Jabber または Webex Calling アプリなど)が自動的に開くようにできます。

コールを行うときに、他のアプリケーションを開くかどうかを確認するように求められる場合があります。 たとえば、組織が Jabber を使用している場合、このようなメッセージが表示されます。 しかし、あなたの組織が Webex Calling を使用している場合は、Webex Calling アプリが自動的に開き、発信します。