ウォーター マーク
2021年6月23日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

会議中のエコーに関するトラブルシューティング ガイド

会議中のエコーに関するトラブルシューティング ガイド。

Webex 音声会議でのエコーを修正するには

 

エコーの原因:
エコーは一般的に、参加者から受信した音声が、その参加者のマイクまたは同じ部屋内の他の機器や参加者に拾われることで発生します。

会議でのエコーを最小限に抑えるには:

  • 会議中のすべての回線をミュートにし、発言が必要な参加者のみミュートを解除します。
エコーの発生源を特定するには:
  • 会議の参加者全員をミュートにします。
  • 参加者のミュートを 1 人ずつ解除して会話し、その場所からエコーが発生するかどうかを確認します。
  • エコーの発生源がわかったら、以下の対応策を実行します。
エコーの問題を解決するには - 推奨事項はすべてのデバイス タイプに適用されます。
  • スピーカーの音声出力レベルを下げてみてください。
  • デスクトップ スピーカーではなく、ヘッドセットのイヤフォンを使って、会議の音声を再生してください。 最高の結果を得るためには、統合型マイク付きの高品質ヘッドフォンのご利用をおすすめします。 音声出力を適切なレベルに設定してください。
  • マイクまたはヘッドセットをスピーカーからもっと離してください。
  • 1 つの部屋では、1 台のデバイスのマイクとスピーカーを使用することをおすすめします。 その部屋では、同じミーティングに参加しているノートパソコンなど、他のデバイスのマイクやスピーカーをすべてミュートにします。
  • 室内で音声マスキング ノイズ ジェネレーターや扇風機などによる強いバックグラウンド ノイズが発生している場合は、以下のように対処してください。 音声マスキング ノイズ ジェネレーターについては、出力レベルを下げてください。 扇風機などの場合は、できるだけ騒音源から離れた場所にマイクを移動してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×