既知の問題および限定事項


 

このリストには、政府組織向けにリリースされていない機能が含まれる場合があります。 ただし、これは政府版 Webex と商用版 Webex との機能差を示す包括的なリストではありません。

最新のアナリティクス機能のヘルプについては、「政府版 Webex ポートフォリオのための分析」を参照してください。

最新の診断およびトラブルシューティング機能の検討やヘルプについては、「Control Hub における政府版 Webex Meetings の高度な診断とトラブルシューティング」を参照してください。

政府用の Webex のデバイスに関する既知の問題

  • devices.webex.com は現在、政府ユーザーは使用できません。 このオプションは、ワイヤレス共有に Webex アプリを使用する代わりに使用できます (現在、政府版 Webex クラウド登録会議端末には、メニュー設定オプション「ワイヤレスで共有するには、devices.webex.com にアクセスしてください」が表示されます。 今のところ、このオプションは政府版 Webex ユーザーには対応していません)

  • settings.webex.com は現在、政府ユーザーは使用できません。 このオプションには、個人用会議端末のアクティベーションと管理、顔のアップロード (顔認識)、カスタマイズされた背景が含まれます。

  • 会議端末用 Webex Edge とリンクしている政府の会議端末で [Webex に参加] ボタンを有効にするには、Webex の最適化されたエクスペリエンスを有効にする必要があります。 このボタンを使用すると、ユーザーはミーティング番号を入力して、政府のミーティングに参加できます (政府の会議端末で商用ミーティングに参加する場合には、ボタンは機能しません)。

政府用の Webex のデバイスの制限

  • 政府版 Webex は、CTS シリーズ システムなどのサポートが終了した Cisco ビデオ デバイスをサポートしていません

  • 政府ユーザーは、政府クラウドに登録されたデバイスとの近接通信によるペアリングのみ可能です。 同様に、商用ユーザーは商用クラウドに登録されたデバイスとの近接通信によるペアリングのみ可能です。

  • H.263 ビデオコーデックを使用するデバイスでは、他の参加者のビデオと共に、メインビデオフィード内に埋め込まれた共有ミーティングコンテンツが表示されます。

  • ユーザーが境界を超えてミーティングに参加する場合 (商用ユーザーが政府版 Webex ミーティングに参加する、またはその逆)、ミーティングへの参加およびミーティングのエクスペリエンスは、境界内のミーティングに参加する場合と異なります。 次の表では、それぞれのシナリオの概要を示しています。

    表 1. ミーティングへの参加およびミーティング エクスペリエンス

    会議端末のタイプ

    商用ミーティング

    政府版 Webex のミーティング

    商用クラウドに登録 (パーソナルモードおよび共有モード両方の会議端末)

    政府版 Webex クラウドに登録 (パーソナルモードおよび共有モード両方の会議端末)

    • [参加] ボタン (OBTP)

    • ミーティングは短いビデオ アドレス (@webex.com) のダイヤルをサポートしていません<meeting_number>

    • 完全なミーティング体験 ( 高度なミュート、 ロック、レイアウト オプション、参加者リストなど)

  • 政府版 Webex クラウドに登録された会議端末は、Cisco Webex ビデオと Microsoft Teams のインテグレーションを使用して Microsoft Teams ミーティングに参加できません。 回避策として、WebRTC をご使用ください。


     

    Microsoft Teams への WebRTC 通話はデフォルトでは有効になっていません。 ヘルプについては、「Webex Boards Room デバイス、Desk Pros から WebRTC が Microsoft Teams ミーティングに参加できるように設定します」を参照してください (政府組織の Control Hub にアクセスするには、必ず https://admin-usgov.webex.com を使用してください)。

  • デジタル サイネージは、政府版 Webex クラウドに登録された会議端末では利用できません。

  • 会議端末用 Webex Assistant は、政府版 Webex クラウドに登録された会議端末では利用できません。

その他の既知の問題

  • Linux バージョンの Webex アプリは、政府のために Webex ではまだサポートされていません。
  • People Insights プロファイルは、政府版 Webex では利用できません。

    政府ユーザーには、ユーザー プロファイルに People Insights アイコン () が表示されません。

  • ミーティング用 Webex Assistant は、現在、政府版 Webex では利用できません。

その他の制限

  • 政府ユーザーは、Webex アプリから商用ミーティングに参加できますが (OBTP [参加] ボタンを使用)、ゲストとして参加することになります。 ミーティングの詳細に Web アドレスまたは SIP アドレスのどちらが含まれるかに応じて、アプリがブラウザーまたは SIP でミーティングを起動して参加します。

    同様に、Webex アプリから政府のミーティングに参加する商用ユーザーは、ブラウザーの起動または SIP により、ゲストとして参加します。

  • 政府ユーザーは、Webex アプリでアニメーション GIF を共有できません (GIPHY ライブラリは政府版 Webex では使用できません)。

ミーティング中の Webex デバイス エクスペリエンス

政府の会議端末から商用ミーティングに参加する場合、または商用の会議端末から政府版 Webex のミーティングに参加する場合は、Webex の最適化された完全な参加エクスペリエンスとは異なります。 主な違いは次のとおりです。

表 2. 完全なミーティング エクスペリエンスと限定的なミーティング エクスペリエンス

機能

完全なミーティング エクスペリエンス

限定的なミーティング エクスペリエンス (SIP を使用して参加)

ミーティング ロビーからの認証

会議端末で直接パスワードを入力して認証します。

DTMF コマンドを使用してパスワードを入力します。

ビデオ レイアウト

複数のビデオ ストリームを表示し、会議端末上でビデオ レイアウトをコントロールできます。

トランスコードされた単一のビデオ画像が表示され、DTMF コマンドでビデオ レイアウトを変更できます。

コンテンツ共有

共有は独自のフレームで表示されます。

共有は、すべてのビデオス トリームで構成された単一フレームの一部として表示されるだけでなく、下の単一のフレームに大きい形式で表示されます。

参加者リストと個別のコントロール

会議端末上で参加者リストを表示し、各参加者に対し高度なコントロールを行います (ミュート、削除、昇格など)。

参加者リストなし、高度なコントロールなし。

ミーティング コントロール (録画、全員をミュート、ロックなど)

会議端末から直接ミーティングをコントロールします。

DTMF コマンドを使ってミーティングをコントロールします。

ブレイクアウトセッション

会議端末からブレイクアウト セッションに参加します。

現在、これらの会議端末では参加できません (メイン ミーティングに残ります)。

インテリジェンス機能 (顔認証、字幕、Webex Assistant)

使用可能。

使用不可。