概要

Webex Suite サブスクリプションは、Control Hub. サービスをセットアップするためのリンクを含むウェルカム メールを受け取ります。 メールを受け取らなかった場合は、オーダーを行うために協力するセールス担当者に連絡してください。 新しいサブスクリプションには 2 つの部分があります。 組織の検索とサービスのセットアップ。


 
プロビジョニング ウィザードの詳細については、このガイドを 参照してください

組織ファインダー

注文が顧客または自分の組織向けか選択することで開始します。 セットアップが完了した後でも、パートナーが顧客をサポートするために、パートナーが顧客に代わってサービスをプロビジョニングすることを推奨します。

これらのオプションの 1 つを選択した後、組織は以下のような特定のパラメーターに基づいて注文をお勧めします。

  • あなたのメール アドレスに関連付ける組織のドメイン。
  • 組織内のユーザー全体の最新のアクティビティ。
  • 組織のリストから選択できるよう、グローバル ドメインベースの検索を行います。

組織がまだない場合は、新しい組織を作成することができます。 組織のセットアップが完了すると、サブスクリプションを確認して、サービスをセットアップするために移動することができます。

サービスのセットアップ

サブスクリプションを組織に接続した後で、サービスのセットアップを開始できます。 概要が先頭に表示され、任意のライセンスの変更を確認できます。 また、変換可能なトライアルや、任意のサービスのアドオンを参照することができます。


 
サービス セットアップが最近 更新されましたが、[プレビュー] 新しいルック トグルをオフに切り替えて、元の方法でセットアップする変更を元に戻しました。

サブスクリプションを組織にマップする

プロビジョニング プロセスの最初のステップは、サブスクリプションを組織にマップします。
1

オーダー...に必要なプロビジョニング情報」というタイトルの受信メールを開き、[サービスのセットアップ] をクリックします。

2

[次へ] を選択します。

3

次のいずれかのオプションを選択します。

  • 顧客のサービスをセットアップする場合は、[この 注文は顧客の場合] を選択し、[次へ] を選択 します。 [次へ ] をクリックすると、システムは既存のに対してメール アドレス (アカウントをプロビジョニングしていますので、連絡先メールをプロビジョニングすると言います) をチェックしますWebex組織がすでに存在するかどうかを確認します。
  • 自分でサービスをセットアップする場合、[この 注文は私の会社の注文] を選択し、[次 へ] を選択 します。 [次へ ] をクリックすると、システムは既存のに対してメール アドレス (アカウントをプロビジョニングしていますので、連絡先メールをプロビジョニングすると言います) をチェックしますWebex組織がすでに存在するかどうかを確認します。
  • サービスを セットアップしない場合、[誰か別の人にこの注文を完了して欲しい] を選択し、注文を完了した人のメール アドレスを入力してから、[次へ] を選択 します
4

以下のいずれかの結果が表示されます。 太字部分が受信するメッセージの最初の文章です。 残りは、メッセージが示す内容の説明です。

  • メール アドレスに基づいて、注文と組織を照合しました。 これは、プロビジョニングの連絡先メールが既存のWebex組織を統合します。 この場合、組織情報を見直して、[次へ] をクリック します

  • メール アドレスに基づいて一致する組織が見つかりました。 これは、プロビジョニング連絡先メールがアカウントに一致しないが、関連付けられたドメインがすでにWebex組織を統合します。 この場合は、組織を注意深く見直し、下の画像を使用して、これが選択する正しい組織の場合を識別します。

    正しい組織を選択する際に役立つ情報には、検証済みまたはクレームされたドメイン、アクティブ ユーザーの数、最新のユーザーのアクティビティが含まれます。 たとえば、組織の一部が確認されたドメインをもち、過去にユーザーの活動がない場合、正しい組織ではない可能性があります。

    正しい組織を選択したら、[次へ] をクリック します

  • 一致する組織が見つかりません。 これは、プロビジョニングの連絡先メールが既存のWebex組織を統合します。 新しい組織の作成を選択できます。 [新 しい組織の作成]を選択し、会社名、縦の会社名、国または地域を入力し、[次へ] を選択 します。 情報が正しいか確認し、[次へ] をクリック してサービスをセットアップします。

5

これらの組織の詳細を確認します。 パートナーについては、既存の顧客 のサブスクリプションを プロビジョニングするときに、[プロビジョニング管理者] というラベルが表示されます。 フル管理者権限が必要な場合は、サービスのセットアップを完了してから、顧客管理者からフル管理者権限を要求してください。 すべてが正しく見える場合は、[次へ] を クリックします

6

サービスの セットアップを 開始するには、[次へ] をクリックします。


 
パートナーである場合は 、[顧客がサービスのセットアップを行います] チェックボックスをオンにして、顧客がサービスのセットアップを完了するオプションがあります。 これにより、サービスのセットアップを続行するために、顧客の管理者にメールが送信されます。 このオプションを選択したパートナーは、顧客の組織へのアクセス権を失うはありません。

新しい Webex のプロビジョニングMeetingsサブスクリプション

サブスクリプションを組織にマッピングした後で、サービスのセットアップを開始できます。


 
後でセットアップを選択する場合は、Control Hub にサインインして、サービスのセットアップ プロセスを再び開始できます。
1

サブスクリプションを見直して、[今すぐセットアップ] をクリックします


 

後で [ セットアップ] を選択する場合、サブスクリプションはプロビジョニングされません。

2

[ミーティング のセットアップ ] タブで、Webex URL 名、タイムゾーン、どの管理ポータルをユーザーを管理し、サイトを早期リリース スケジュールにしたいと思う場合を選択します。


 
早期リリース スケジュールのサイトは、通常の展開サイクルの前に機能へのアクセスを受け取ります。
3

さらに追加するにはWebexサイトの [追加の URL が必要] チェックボックスにチェックを 入します。

4

Webex URL の設定が完了したら、[次へ] をクリックします。

5

複数の Webex URL がある場合、必要なサイト全体にライセンスを配布し、[次へ] を選択 します

6

情報を見直して、[閉じる] をクリック します。 注文概要のコピーを記録用の PDF としてダウンロードするには、[注文概要のダウンロード (PDF) ] をクリックします

新しいサブスクリプションをWebex Callingします

サブスクリプションをプロビジョニングWebex Calling、本社のロケーションに入る必要があります。 Control Hub でプロビジョニングした後、ロケーションを変更するか、ロケーションを追加することができます。

1

サブスクリプションを見直して、[今すぐセットアップ] をクリックします


 

後で [ セットアップ] を選択する場合、注文はプロビジョニングされません。

2

ロケーション名を入力し、ユーザーの大半が位置する国または地域を選択し、追加フィールドに記入し、[次へ] をクリック します

3

情報を見直して、[閉じる] をクリック します。 注文概要のコピーを記録用の PDF としてダウンロードするには、[注文概要のダウンロード (PDF) ] をクリックします