フル顧客管理者、読み取り専用顧客管理者、または顧客サポート管理者である場合、トラブルシューティングの通話の根本原因を判断するのに役立ちます。 Webexで発信(非 PSTN) サービス、 Webex Calling通話、またはユーザーで発生したミーティング関連の問題を確認できます。

診断も利用できます。 進行中、または過去 21 日以内に発生した特定のミーティングまたは通話をさらに調査することができます。 ミーティングを検索するには、ミーティング番号、主催者または参加者のメール アドレス、会議 ID、またはクラウドに登録されたデバイスの名前で検索します。 発信者または受信者のメール アドレス、 MACアドレス、電話番号で通話を検索します。 次に、参加者の詳細、ホップの詳細、ビデオ品質、音声品質などに掘り下げることができます。


 
Webex Meetingsに焦点を当てたメディア品質のアーチファクト、トラブルシューティングの方法、およびベストプラクティスの詳細については、を参照してくださいWebex Control Hub での音声とビデオの品質のトラブルシューティングを選択します。

 

進行中のミーティングは、[進行中] ステータスでリストの先頭に表示されます。 通話は終了後に表示されます。

これらは、Webex Meetings と Webex の通話を利用した通話の高度なトラブルシューティング データを表示するために必要な Webex サービスに必要な最小限のバージョンです。 デバイスがこれらの要件を満たしていない場合、パケット損失と遅延データのみが利用できます。


 

デスクトップアプリで参加する参加者は、 Webex Events の豊富なトラブルシューティングデータにアクセスできます。そうでない場合も、パケット損失と遅延データだけが利用できます。

Webex Training セッションで使用できるのはパケット損失と遅延のデータだけです。

クライアント

ウェブ アプリ

デスクトップ アプリ

モバイル (iOS)

モバイル (Android)

最小バージョン

39.11

39.6.5

39.11

39.11

メトリック

サポートあり

パケット損失 (%)

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

いいえ

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

いいえ

いいえ

待ち時間 (ms)

音声

いいえ

はい

はい

はい

ビデオ

いいえ

はい

はい

はい

共有

いいえ

はい

はい

はい

ジッター (ms)

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

いいえ

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

いいえ

はい

はい

はい

共有受信

いいえ

はい

はい

はい

共有送信

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

メディア ビットレート (kbps)

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

解像度

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

いいえ

はい

はい

はい

共有送信

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

フレームレート

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

いいえ

はい

はい

はい

共有送信

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

CPU (%)

アプリケーションの平均

いいえ

はい

はい

いいえ

アプリケーションの最大数

いいえ

はい

はい

いいえ

システムの平均

いいえ

はい

はい

いいえ

システムの最大数

いいえ

はい

はい

いいえ

ネットワーク接続

イーサネット/Wi-Fi

いいえ

はい

はい

はい

トランスポート (UDP/TCP 用)

音声トランスポート

はい

はい

はい

はい

ビデオ トランスポート

はい

はい

はい

はい

トランスポートの共有

はい

はい

はい

はい

コーデック

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

いいえ

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

いいえ

はい

はい

はい

共有送信

はい

いいえ

いいえ

いいえ

プラットフォーム

OS

はい

はい

はい

はい

OS のバージョン

はい

はい

はい

はい

クライアント

クライアントタイプ

はい

はい

はい

はい

クライアントバージョン

はい

はい

はい

はい

ブラウザ

ブラウザーの種類

はい

はい

いいえ

いいえ

ブラウザー バージョン

はい

はい

いいえ

いいえ

misc

ハードウェア

はい

いいえ

いいえ

いいえ

メディア ノード

はい

はい

いいえ

いいえ

市内 IP

いいえ

はい

いいえ

はい

パブリック IP

はい

はい

いいえ

いいえ

カメラ

はい

はい

いいえ

いいえ

マイク

はい

はい

いいえ

いいえ

スピーカー

はい

はい

いいえ

いいえ

クライアント

ウェブ アプリ

デスクトップ アプリ (Windows)

デスクトップ アプリ (Mac)

モバイル (iOS)

モバイル (Android)

最小バージョン

NA

3.0.12427.0

3.0.12427.0

4.3

4.1.6

メトリック

サポートあり

パケット損失 (%)

音声受信

はい

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

はい

待ち時間 (ms)

音声

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ

はい

はい

はい

はい

はい

共有

はい

はい

はい

はい

はい

ジッター (ms)

音声受信

はい

はい

はい

はい

はい

音声送信

いいえ

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

いいえ

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

はい

共有送信

いいえ

はい

はい

はい

はい

メディア ビットレート (kbps)

音声受信

はい

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

はい

解像度

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

はい

フレームレート

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

はい

CPU (%)

アプリケーションの平均

いいえ

はい

はい

はい

はい

アプリケーションの最大数

いいえ

はい

はい

はい

はい

システムの平均

いいえ

はい

はい

はい

はい

システムの最大数

いいえ

はい

はい

はい

はい

ネットワーク接続

イーサネット/Wi-Fi

はい

はい

はい

はい

はい

トランスポート (UDP/TCP 用)

音声トランスポート

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ トランスポート

はい

はい

はい

はい

はい

トランスポートの共有

はい

はい

はい

はい

はい

コーデック

音声受信

はい

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

いいえ

いいえ

はい

はい

プラットフォーム

OS

いいえ

はい

はい

はい

はい

OS のバージョン

いいえ

はい

はい

はい

はい

クライアント

クライアントタイプ

はい

はい

はい

はい

はい

クライアントバージョン

いいえ

はい

はい

はい

はい

ブラウザ

ブラウザーの種類

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

ブラウザー バージョン

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

misc

ハードウェア

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

メディア ノード

はい

はい

はい

はい

はい

市内 IP

いいえ

はい

はい

いいえ

いいえ

パブリック IP

いいえ

はい

はい

はい

はい

カメラ

いいえ

はい

はい

いいえ

はい

マイク

いいえ

はい

はい

いいえ

いいえ

スピーカー

いいえ

はい

はい

はい

はい

クライアント

サードパーティの SIP エンドポイント

WNS デバイス監視

デバイス用の Webex Edge

Cloud -登録済みのデバイス

最小バージョン

すべて

すべて

すべて

ROOMOS 2019-08-16 3DAC3CFA60C

メトリック

サポートあり

パケット損失 (%)

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

待ち時間 (ms)

音声

はい

いいえ

はい

はい

ビデオ

はい

いいえ

はい

はい

共有

はい

いいえ

はい

はい

ジッター (ms)

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

メディア ビットレート (kbps)

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

解像度

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

フレームレート

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

はい

はい

はい

はい

CPU (%)

アプリケーションの平均

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

アプリケーションの最大数

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

システムの平均

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

システムの最大数

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

ネットワーク接続

イーサネット/Wi-Fi

はい

はい

はい

はい

トランスポート (UDP/TCP 用)

音声トランスポート

はい

はい

はい

はい

ビデオ トランスポート

はい

はい

はい

はい

トランスポートの共有

はい

はい

はい

はい

コーデック

音声受信

はい

はい

はい

はい

音声送信

はい

はい

はい

はい

ビデオ受信

はい

はい

はい

はい

ビデオ送信

はい

はい

はい

はい

共有受信

はい

はい

はい

はい

共有送信

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

プラットフォーム

OS

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

OS のバージョン

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

クライアント

クライアントタイプ

はい

はい

はい

はい

クライアントバージョン

はい

はい

はい

はい

ブラウザ

ブラウザーの種類

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

ブラウザー バージョン

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

misc

ハードウェア

いいえ

はい

はい

はい

メディア ノード

いいえ

いいえ

はい

はい

市内 IP

いいえ

はい

はい

はい

パブリック IP

いいえ

いいえ

はい

はい

カメラ

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

マイク

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

スピーカー

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

ミーティングまたは通話を検索する

1

トラブルシューティングのデータを表示するには:

  • Control Hub で管理される Webex サイトの場合、 の顧客ビューから [トラブルシューティング] をクリックします。https://admin.webex.com
  • Cisco Webex サイト管理で管理される Webex サイトの場合は、[Webex サイト管理] にサインインし、[トラブルシューティング] をクリックします。
  • 自分のデータを表示するパートナー管理者は、https://admin.webex.com のパートナービューから、[顧客] に移動し、[マイ組織] というラベルの付いた顧客組織を選択し、[マイ組織の表示] をクリックし、[トラブルシューティング] をクリックします。
2

イベント、登録者、出席者にすばやくアクセスするため、検索バーを選択して、次の機能を使用できます:

  • ミーティング—主催者のメール、参加者の メール、ミーティング番号、または電話会議ID。
  • Webexでの通話を使用した通話 - 発信者または受信者のメール アドレス別。
  • Webex Callingを使用したコール - Webex Callingで登録されている発信者または受信者のメール アドレス、電話番号、 MACアドレス、または コールIDにより指定されます。

デフォルトでは、過去 7 日間のミーティングと通話を表示できますが、カレンダー アイコン をクリックして、特定の日付を指定できます。 最大 21 日以内のミーティングと通話を検索できます。

タイム ゾーンは右上隅のプロファイルに従って設定されますが、タイム ゾーンはドロップダウン メニューからいつでも変更できます。 たとえば、ミーティングの主催者が別のタイムゾーンで行われたミーティングの問題を報告してきたら、タイムゾーンを切り替えると、時間の変換をする必要がなくなります。

トラブルシューティングの検索表示の例
3

検索結果から、より詳しい情報を知りたいミーティングまたは通話を選択します。

誰かが次の問題をレポートした場合:

  • Webexの通話を使用したミーティングまたは通話 -主催者または参加者のメール、9 桁のミーティング番号(ミーティングアクセス コードとも呼ばれる)、電話会議ID、発信者または受信者のメール アドレスを検索することができます。
  • Webex Callingを使用した通話 - Webex Webex Callingに登録した発信者または着信者のメール アドレス、電話のMACアドレス、電話番号、コールIDを検索できます。

どの人がミーティングまたは通話に参加 (主催、共有など) したのか、参加するまでにかかった時間、ミーティングまたは通話がどのくらい続いたかなどの情報にアクセスできます。

デフォルトでは、ミーティングや通話の開始日が新しい順に表示されていますが、[サービス] 列をクリックすることで、ミーティングまたは通話のいずれかを先に表示するように表を並べ替えることができます。


 

ミーティングまたは通話をクリックしてから [戻る] ボタンを使用して検索ビューに戻った場合、最後に表示されたミーティングまたは通話が黄色で強調表示されます。

タイムゾーンはプロファイル設定に応じて設定されていますが、日付選択の横で変更することができます。

トラブルシューティングの検索表示の例

メールアドレスで検索

ドメインを含むユーザーのメール アドレスを入力すると、参加したミーティングや通話の詳細とともに、それらのミーティングや通話におけるメディア品質メトリックスの概要を確認できます。


 

Webexの Call またはWebex Callingを使用した通話は、通話が終了した後に表示されます。

Control Hub のユーザー中心のトラブルシューティング

KPI

次の KPI は、ユーザーが低品質のミーティングまたは通話を行った頻度を確認するのに役立ちます。

  • 不満なミーティング時間 (分) —メディアの品質低下を体験したWebex Meetings時間(分)。
  • ミーティングの合計時間 (分) —ユーザーがWebex Meetingsを使用してミーティングに参加した合計時間(分)。
  • Webexの低通話時間 (分) —ユーザーがメディア品質の低下を経験したときにWebexで通話を使用した時間 (分)。
  • Webexでの合計通話時間 (分) —ユーザーがWebexで通話を使用して通話した合計時間 (分)。
  • Webex Calling時間 (分) —メディア品質の低下を体験したWebex Calling時間(分)。
  • 合計Webex Calling時間 (分) —ユーザーがWebex Callingを使用して通話を行った合計時間 (分)。

ミーティングとコールのリスト

このリストでは、新しいものからミーティングと通話を整理します。 このリストで利用可能な情報は次のとおりです。

  • 全体—すべての参加者のミーティングまたは通話の全体的なメディア品質。
  • パーソナル—ミーティングまたは通話におけるユーザーのパーソナル メディア品質。
  • サービス—ミーティングまたは通話で使用されるサービス。
  • 開始時間—ミーティングまたは通話が開始された時刻。 タイムゾーンは選択した内容に基づいています。
  • ミーティング/発信者番号—ミーティングに参加するために使用された 9 桁のミーティングアクセス コード、またはユーザーがコールした番号。
  • 名前-ミーティングまたは通話の名前。
  • 主催者/発信者—ミーティングを主催したユーザーまたは通話を開始したユーザー。
  • 参加者—ミーティングまたは通話の参加者の数。
  • 長さ—ミーティングまたは通話の合計時間。
  • サイト/ロケーションWebex Meetingsサイト (通話の場合でユーザーに割り当てられたミーティングまたは場所の場合)。
  • 電話会議/通話ID -ミーティングまたは通話の一意の識別子。

可視化ビュー

可視化ビューは、ユーザーが出席したミーティングとコールのタイムライン ビューを表示します。 各ドットは、ミーティングまたは通話を表します。 ドットの上にカーソルを合わせると、ミーティングまたは通話の簡単な説明が表示されます。 ミーティングの名前をクリックするか、新しいタブを開き、その詳細ページにリダイレクトできます。 別のデバイスは複数の行に分割されるため、ユーザーの低品質が特定のオペレーティング システムまたはデバイスに起因するかどうかを素早く確認できます。

Control Hub のユーザー中心のトラブルシューティングの可視化ビュー

ミーティング番号で検索します

ミーティング番号は、9 桁アクセス コードとしても知られます。 この番号はミーティング全体で一意のものでない場合があります。 たとえば、個人の Cisco Webex パーソナル会議室のアクセス コードは、ミーティングごとに変更されません。

スペースまたはダッシュなしで 9 桁の番号を入力してください。 検索条件と一致するミーティングのリストが表示されます。

クラウドに登録されているデバイスの名前で検索

特定のデバイスから参加しているミーティングの詳細を確認するには、クラウド登録デバイスの名前を入力します。 たとえば、例のように、デバイス名の一部を検索する場合、ドロップダウン リストは選択できる最も近いものを表示します。 デバイスのフルネームを検索する場合、ミーティング リストにはデバイスから参加しているすべてのミーティングが表示されます。

会議 ID で検索します

すべてのミーティングまたは通話には、固有の電話会議IDがあります。 電話会議は、ユーザーに共通に使用できない内部IDです。 [アナリティクス] でこの ID を探すことができます。

会議 ID を検索フィールドに入力します。 会議 ID は 9 ~ 18 文字の長さで、英数字を使用できます。 IDを入力すると、そのミーティングまたは通話の詳細ページに移動します。

電話番号による検索

Webex Callingを使用して行われた通話は、通常、発信者と受信者の電話番号があります。 完全に一致する文字列を得るために、検索フィールドに電話番号を入力します。 リストビューには、その電話番号に対して受発信されたすべてのコールが表示されます。

コールIDで検索

すべてのコール レッグ(またはホップ)には、コールIDがあります。 コールIDは、ユーザーに共通に使用できない内部IDです。 主にサポート チームによって使用されます。

検索フィールドに英数字の文字列を使用し、コールIDを入力します。 通話IDを入力すると、通話IDが発生したコールインがリスト ビューに表示されます。

制限事項

  • 特殊文字を使用する検索のようなワイルドカード検索は、サポートされていません。
  • ミーティングのすべての参加者 (主催者を含む) がミーティングにダイヤルし、クライアントまたはデバイスを通して参加していない場合、音声のみのミーティングでデータを利用することはできません。
  • ミーティングがスペースでスケジュールされているものの、主催者のメール アドレスを使用してもミーティングが見つからない場合は、ミーティング番号を使用してミーティングを検索してください。 スペースにメニューを選択し、ミーティングを選択し、スペースミーティング情報を選択します。

検索ビューからミーティングを選択すると、ミーティングの詳細が表示されます。 このビューには、左側にすべての参加者、中央に参加者の利用状況と品質情報、右側のスライドパネルに特定のミーティングまたは通話の詳細が表示されます。

重要業績評価指標 (KPI)

上部には KPI が表示され、参加したミーティングのメディア品質を簡単に確認できます。 以下の KPI が表示されます。

  • 合計参加者数 - ミーティングに参加した参加者の数。 ミーティングの場合、この KPI の下にゲストの数が表示されます。 イベントの場合、KPI の下にパネリストが表示されます。 フィルター アイコンをクリックすると、ゲストまたはパネリストのみを表示できます。

  • 音声品質が悪かった時間 -ミーティングの合計時間のうち、メディアの音声品質がしきい値を超えて悪かった時間の割合。 フィルター アイコンをクリックすると、低品質の音声が最も多かった参加者を上位に表示します。

  • ビデオ品質が悪かった時間 - ミーティングの合計時間のうち、メディアのビデオ品質がしきい値を超えて悪かった時間の割合。 フィルター アイコンをクリックすると、低品質のビデオ時間が最も長かった参加者を上位に表示します。

  • 共有品質が悪かった時間 - ミーティングの合計時間のうち、メディアの共有品質がしきい値を超えて悪かった時間の割合。 フィルター アイコンをクリックすると、共有に問題があった参加者を上位から順に表示します。

  • 予期せぬ退出 - 接続、ソフトウェア、またはハードウェアの問題により、ミーティングを早く終了した参加者の割合。 フィルターアイコンをクリックすると、予期せぬ退出が最も多かった参加者を上位に表示します。

進行中のミーティングに参加

高度なトラブルシューティング アクセス ロールを持つフル管理者の場合、進行中のミーティングに参加して、ミーティングがスムーズに実行されるようにすることができます。 クリック参加するをミーティングビューで選択したときに、ゲストとしてミーティングに参加することができます。


 

進行中のミーティングは、アイコン。 進行中のミーティングは、有効にしていない限り、デフォルトでは自動的に更新されません。 ページに表示されているミーティング情報を更新するには、[更新] ボタンをクリックします。

進行中ミーティングの自動更新を有効にする

自動更新を有効にするには、アクション進行中のミーティングを表示し、自動更新を有効にするを選択します。 進行中のミーティングの情報は、2 分ごとに自動的にアップデートされます。また、ミーティング情報は手動で更新することもできます。

トラブルシューティングで進行中のミーティングの自動更新ボタンを有効にする

参加者一覧

参加者またはデバイスの名前、および参加するために使用されるデバイスのアイコンが左側に表示されます。 したがって、誰かが Webex クライアントを使用してミーティングに参加し、PSTN を使用して Webex にコール バックさせると、2 つのエントリが表示されます。 たとえば、ミーティングにコールインして、お使いのWebexアプリがCisco会議室デバイスとペアリングされている場合、2 つのエントリがあります。 Webexアプリと Room デバイス。


 

読み込み時間を短縮するために、一度に表示されるデフォルトの参加者数は 25 人で、参加者はページごとに分けられています。 リストの一番下にあるドロップダウン メニューを使って、1 ページあたりの表示人数を増やすことができます。

特定の参加者を検索する

メトリックを表示する参加者の名前を入力します。 別の参加者を検索することでその参加者をリストに追加できます。

参加者リストのフィルタリング

検索バーをクリックすると、参加者をフィルタリングできるフィルターの一覧が表示されます。 利用できるフィルターは以下のとおりです。

  • プラットフォーム - ミーティングに参加するのに使用したデバイスのオペレーティング システムで参加者をフィルタリングします。

  • クライアント - ミーティングに参加するのに使用したアプリケーションのタイプで参加者をフィルタリングします。

  • 参加者 - 割り当てられたロール (ゲストやホストなど) で参加者をフィルタリングします。

  • 品質 - 品質のしきい値が低いまたは中程度だった参加者をフィルタリングします。

  • ロケーション - 特定のロケーションで参加者をフィルタリングします。

  • メディア リージョン - 接続されているデータ センターまたはオンプレミス クラスターで参加者をフィルタリングします。

参加者リストを再整理する

ドロップダウン メニューを使用して、参加者をアルファベット順、音声、ビデオ、共有の品質が悪い順、またはロケーション別でソートできます。

どの参加者がデバイスとペアリングしているかを確認する

参加者がデバイスを使用するか、PSTN 経由で接続してミーティングに参加すると、参加者の名前がデバイスの下に表示されます。 参加者がペアリングしているデバイスを確認し、適切な参加者に簡単に支援を提供できます。

参加者の上にカーソルを合わせて、ミーティングに参加するために使用されるクライアントの種類など、参加者についての簡単な概要を確認します。 ユーザーがミーティングにコールインすると、その参加時刻、およびミーティングに参加していた時間を確認できます。

フィードバックを送信する

情報の隣にある通知ボタンをクリックして、ご意見をお聞かせください。 その情報が役に立つと感じた場合は、「いいね」とサインアップします。 情報が役に立たないと思う場合、編集ボタンをクリックして、情報が向上するために必要コメントを書き留めてください。

トラブルシューティングでフィードバックを送信する

ミーティング参加時刻(JMT)

各クライアントの JMT は、PSTN を使用してコールの例外でキャプチャされます。 JMT は秒単位で計算されます (ミーティング リンクをクリックしてからプレビュー ウィンドウが読み込まれるまでの時間) + (プレビューウィンドウの [今すぐ参加] ボタンをクリックしてからミーティングに接続するまでの時間)。

JMT は、ユーザーがメニューを参照したり、プレビュー ウィンドウで選択を行ったり、ロビーで待機したりする時間をカウントしません。

10 秒未満の JMT は緑で表示され、10 ~ 20 秒は黄で、20 秒を超える場合は赤で示されます。 色付きのドットの上にカーソルを合わせると、参加者の JMT が表示されます。


 

参加者がミーティングに参加または再参加した場合でも、参加者のミーティングに参加した時点で、参加者が初めてミーティングに参加した時点で表示されます。

ミーティングの詳細

ミーティングの詳細は右側のスライディング パネルに表示され、 ボタンを使用して折りたたむことができます。

タイトル

説明

ミーティング番号

ミーティングに参加するために使用された 9 桁のミーティング アクセス コード。

会議 ID

ミーティングの一意の ID。

サイト名

Webex サイトはミーティングをホストするために使用されます。

ミーティング開催日

ミーティングを開始した日付です。

ミーティング時間

ミーティングの開始および終了時刻を検索ビューで選択したタイムゾーンで表示します。

タイムゾーンをスケジュール

ミーティングがスケジュールされていたタイムゾーンです。

ミーティングタイプ

スケジュールされたミーティングのタイプです。 利用可能なミーティングタイプ :

  • Webex Meetings

  • Webex Events ウェビナー

  • Webex Eventsウェブキャスト

  • Webex Events クラシック

  • Webex Support

  • Webex Training

参加者

参加した人数です。

主催者名

主催者の名前です。

主催者のメール

主催者のメール アドレス。

音声

使用された音声タイプです。

ビデオ

ビデオが参加者によって有効にされている場合、「はい」と表示されます。 ビデオが全く有効になっていない場合、「いいえ」と表示されます。

録画

ミーティングを録画した時間の合計です。

画面共有

参加者が画面を共有した時間の合計です。

アプリ

このフィールドは、次のような統合型アプリの場合に表示されます。Slidoは、ミーティング中に使用されました。

凡例が [ミーティングの詳細] パネルの下に表示されます。 情報 アイコン上にカーソルを合わせて、しきい値が定義されていることを確認します。

音声、ビデオ、共有タブ

[音声]、[ビデオ]、および [共有] タブを切り替えて、JMT、利用状況、品質のメトリックを含むミーティングまたは通話の詳細なビューを表示することができます。

メディア品質のデータの取得方法

メディア品質データは毎分取得され、緑 (良い)、黄 (普通)、または赤 (低い) の色を使用して視覚化されています。 これらの色はエンドツーエンド パケット損失と平均遅延にのみ基づいています。 取得されるパケット損失は以下の通りです。

  • エンドツーエンド - スピーカーの Webex クライアントから参加者の Webex クライアントに送信されたパケット損失を、パケット回復後に取得したものです。

  • 送信 - 参加者の Webex クライアントから Webex クラウドに送信されます。

  • 受信 - Webex クラウドから参加者の Webex クライアントに送信されます。

グレイの破線が表示される場合は、音声、ビデオ、デバイスの共有がオフになっていることを意味します。 灰色の実線が表示されている場合、使用可能なデータが、使用料や JMT など、最小のものであることを示しています。 灰色の実線は、ユーザーが 最小サポート バージョンまたはCisco オンプレミスのデバイスより古いアプリケーションまたはデバイスでミーティングに参加したことを意味します。

ポップアップとして質のメトリックのサマリを表示するために、線の上にカーソルを合わせます。

主催者とパネリストのインジケータ

H アイコンは、参加者がミーティングの主催者となったときに表示されます。

P アイコンは、Webex Eventsのセッションでパネリストだった人に表示されます。

[共有] インジケータ

青い線は、画面を共有している人と画面を共有した時間を示します。

ハードウェアとネットワークの変更インジケータ

紫色のダイアモンド アイコンは、ミーティング中に参加者がネットワーク接続、ヘッドセット、マイク、またはカメラを変更したことを示します。 アイコン上にカーソルを合わせて、詳細が変更されていることを確認します。

[ミュート] インジケータ

破線では、参加者がミュートになっている時間が表示され、アイコンの上にカーソルを合わせると、その時間内に参加者がミュートしてミュート解除を繰り返しているかどうかを確認することができます。

[ミーティングの終了] インジケータ

参加者が Webex Meetings アプリ、Webex アプリ、またはデバイスで VoIP を使用してミーティングに参加した場合、その参加者のミーティングがどのように終了したかを確認することができます。 参加者が通常通りミーティングから退出したときに緑の線アイコンが表示される一方で、赤色の線アイコンはシステムまたはネットワークの問題のためにミーティングから退出するなど、参加者が予期せずミーティングを退席した場合に表示されるようになりました。

個人ブレイクアウト セッションを表示する

ブレイクアウト セッションがミーティング内で開始されると、青い線が表示されます。 この青い線をクリックすると、そのブレイクアウト セッションに参加している参加者と、参加者が滞在した時間を確認できます。 この情報を使用することで、特定のブレイクアウト セッション内の問題を切り離せます。

詳細タブ

[詳細] タブには、参加者のテーブル ビューが表示されます。 ミーティングまたは通話に参加した時間、ミーティングに参加するために使用したクライアントとプラットフォーム、IP アドレス、ハードウェア情報、ミーティングの終了方法、ミーティングの終了方法、および主催者の場所、主催を行ったかどうかを確認することができます。 スクロール バーを使用して、参加者がダイヤルした番号、音声、ビデオ、および共有トランスポートとコーデック、マイク、スピーカ、カメラなどの追加情報を表示することができます。 このテーブルは、右上の [録画のエクスポート] ボタンを使用して、CSV ファイルにエクスポートすることができます。


 

ミーティングの詳細には、ミーティングまたは通話に関連する値が表示されます。 ミーティング中に他のユーザーが画面を共有していないなど、特徴または機能が使用されなかった場合、その値が空白のままになります。

以下の表は、利用可能な詳細データを示しています。

タイトル

説明

参加時刻

参加者がミーティングに参加すると、選択したタイムゾーンで表示されます。

長さ

ミーティングの所要時間。

アクティビティ

参加者が主催者の場合、ミーティング中に主催者の役割、または共有コンテンツを転送しました。

クライアント

ミーティングに参加するために使用されるアプリケーションのタイプとバージョン。

プラットフォーム

ミーティングに参加するために使用されるデバイスのオペレーティング システム。 候補値は「windows」、「mac」、「android」、「ios」、および 「linux」です。

から参加

参加者がブラウザーでミーティングに参加した場合、ミーティングに参加するために使用されるブラウザーのタイプとバージョンが表示されます。

ハードウェア

ミーティングに参加するために使用されるデバイスのハードウェアの製造元とモデル。 コンピューターの場合、これは「Lenovo Thinkpad p60」である可能性があります。 電話の場合、これは「Samsung Galaxy S7」である可能性があります。 会議室デバイスの場合、これは「Cisco Webex Room Kit」である可能性があります。

接続

クライアントがメディアを交換するために使用したネットワーク接続のタイプです。 候補値は「wifi」、「イーサネット」、「セルラー」、または「不明」です。


 

これはメディア タイプごとに追跡されることはありません。 これは、ミーティングの過程で変更される可能性があります。

市内 IP

メディアを送信するために使用しているネットワーク インターフェイスのクライアントのローカル IP アドレス。 ユーザーのパーソナル アイデンティティを保護するために IP アドレスを一部非表示にしています。

パブリック IP

これは、メディアサーバによって表示されるクライアントのパブリック IP アドレスです。 ユーザーのパーソナル アイデンティティを保護するために IP アドレスを一部非表示にしています。

場所

パブリック IP アドレスの Geo ルックアップ。

メディア ノード

クライアントが接続されているメディア ノードのデータセンターまたは領域。 クラウドベースのメディア ノードについては、これは「サンノゼ、米国」などの一般的な地域名になります。

ビデオ メッシュ ベースのメディアノードの場合、これには、顧客によってプロビジョニングされたビデオ メッシュ クラスター名に一致する、より具体的な名前が表示されます。

システム コード

ミーティング中に参加者に何が起きましたか。 使用可能なシステム コードは次の通りです。

  • 主催者が停止した - 主催者がミーティングを終了しました。

  • ユーザーが停止した - 参加者がミーティングから退出しました。

  • タイムアウト - ネットワーク接続エラーのため、参加者はミーティングから切断されました。

  • 待機室から退出—主催者がミーティングを開始する前に、参加者がロビーで待機していました。

  • PSTN へのフォールバック ― Edge 音声によるコールバックに失敗したため、コールバックは PSTN 接続を通じて行われます。

電話

参加者の電話番号です。

ダイアル #

電話会議ブリッジの PSTN 番号です。

音声トランスポート

音声の転送に使用されるネットワーク タイプです。 有効な値は「UDP」、「TCP」、「xTLS」の場合があります。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたトランスポートだけがレポートされます。

ビデオ トランスポート

ビデオの転送に使用されるネットワーク タイプです。 有効な値は「UDP」、「TCP」、「xTLS」の場合があります。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたトランスポートだけがレポートされます。

トランスポートの共有

画面またはアプリケーション共有を転送するために使用されるネットワークタイプ。 有効な値は「UDP」、「TCP」、「xTLS」の場合があります。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたトランスポートだけがレポートされます。

音声コーデック

(送信) クライアントによって送信されたメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。 これは、コール中に変更される可能性があります。

(受信) クライアントが受信したメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたコーデックだけがレポートされます。

ビデオコーデック

(送信) クライアントによって送信されたメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。 これは、コール中に変更される可能性があります。

(受信) クライアントが受信したメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたコーデックだけがレポートされます。

コーデックの共有

(受信) クライアントが受信したメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたコーデックだけがレポートされます。

マイク

ミーティング中に使用されたマイクのブランド名とモデル情報。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたマイクだけがレポートされます。

スピーカー

ミーティング中に使用されたスピーカーのブランド名とモデル情報。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたスピーカーだけがレポートされます。

カメラ

ミーティング中に使用されたカメラのブランド名とモデル情報。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたカメラだけがレポートされます。

エクスポート

ミーティングまたは参加者のビューから、ミーティング情報を JSON 形式で外部ファイルにエクスポートできます。 参加者リストと詳細を CSV ファイルにエクスポートすることもできます。


 

[データ] タブのプレゼンターおよび主催者情報は JSON ファイルに含まれていません。

[マップ] タブ

マップ ビューは、参加者がミーティングに参加したロケーションと、参加者が接続したデータ センターを視覚化します。 この情報を使用して、メディア品質の問題が発生している参加者にパターンがあるかどうかを判断できます。 特定の地域にメディア品質の低い参加者がいたか、それとも特定のデータ センターだったか。 参加者は、自分の地域に最も近い最適なデータ センターに接続しているか。 離れたロケーションにあるデータ センターに接続したために、参加者のメディアの品質が低下していなかったか。 このマップ ビューは、これらの質問に対し、可能性がある回答を見つけるのに役立ちます。問題を絞り込んで、さらに多くのユーザーが影響を受ける前に、問題があるかどうかを事前に把握できます。


 

マップ ビューで対応できる参加者は最大 500 人で、現在のページに表示されている参加者のみを表示します。 他の参加者を表示するには、ページをクリックします。

ミーティングの参加者が 500 人を超える場合、マップ ビューは利用できません。

円の中の数字は、そのエリアから参加した参加者の数を示しています。 ロケーションにカーソルを合わせると、そのエリアの参加者の名前、参加者のメディア品質の程度、接続先のデータ センターが表示されます。

メディアの品質が低い参加者

参加者が低メディア品質のしきい値を 3 分間継続して超えるか、合計で 5 分間超えると、円が赤色になります。 このマップのメディア品質のしきい値は次のように計算されます。

  • 低い - エンドツーエンドの受信パケット損失が 5% より大きい、または待ち時間が 400 ms より長い。

  • 良好 - 上記のいずれでもない。

参加者の名前をクリックすると、ミーティング中にメディア品質の詳細を確認できます。

ロケーションが不明な参加者

ロケーションが不明な参加者は、マップの左下にある正方形に配置されます。


 

現在、ビデオ メッシュ クラスターからミーティングに参加する参加者は不明として表示されています。

リストから通話を選択すると、参加者のメディア品質データ、音声、ビデオ、共有、詳細タブなど、ミーティング ビューと同様の情報が表示されます。 違いは、通話の上部には KPI や [マップ] タブが表示されないことです。 右側のパネルで、通話に関する詳細 (通話セッション ID、通話の日付と時刻、通話を開始した人など) を確認することもできます。


 

Webex の通話セッションに別のユーザーを追加する場合、通話はスペースからのミーティングに変更されます。 スペースからのミーティングに変更になった場合のトラブルシューティング データは、Webex の通話を使用した通話と同じです。

通話の詳細

タイトル

説明

通話セッション ID

通話の一意の IDです。

通話日付

通話の開始日です。

通話時刻

通話の開始および終了時刻を検索ビューで選択したタイムゾーンで表示します。

セッションタイプ

発信された通話タイプです。 使用可能なセッション タイプは次の通りです。

  • Webex の通話 - 発信者が Webex の通話 (非PSTN) を使用して誰かに発信する場合。

  • 会議通話:発信者がWebexの通話にさらにユーザーを追加すると、電話会議通話を選択します。

参加者

スペースから開始された通話またはミーティングの参加者の数です。

発信者名

通話を開始したユーザーの名前です。

発信者メール アドレス

通話を開始したユーザーのメールアドレスです。

音声

使用された音声タイプです。

ビデオ

ビデオが参加者によって有効にされている場合、「はい」と表示されます。 ビデオが全く有効になっていない場合、「いいえ」と表示されます。

参加者の名前をクリックして、クライアントとデバイスの詳細なメトリックを表示します。 すべての情報は毎分更新されます。 参加者の機器とネットワークに関する追加情報は、右側に記載されています。

参加者の詳細

  • チャートを折りたたむには、下矢印をクリックします。

  • 右隅のドロップダウンメニューで、表示内容をすべて、送信中、受信中、エンドツーエンドで絞り込むことができます。

  • 各チャートの平均または最大遅延は、アイコンをクリックして除外します。

  • 音声品質、ビデオ品質、共有品質、CPU 使用率とメモリ使用率のデータは、進行中のミーティングで毎分更新されます。


     

    赤色または黄色の線セグメントをクリックして、選択したものを縦棒で強調表示してから、各線の上にカーソルを合わせると、各グラフの実際の値とタイムスタンプを含むポップアップが表示されます。

    • 音声品質—ミーティング中の当該参加者の音声チャネルのネットワーク品質。

    • ビデオ品質—ミーティング中のその参加者のビデオ チャネルのネットワーク品質 。

    • 共有品質—ミーティング中に共有されるコンテンツの品質。 共有品質には、コンテンツの送受信に関する情報が含まれます。

    • CPU 使用率—参加者がミーティングに参加したデバイスによって使用された CPU の割合 (%)。

    • メモリ使用率 —ユーザーがミーティングに参加したデバイスによって使用された CPU の割合 (%)。

[ミュート] インジケータ

ミュート アイコンは、ミーティング中に参加者がミュートになっていることを意味します。 ミュート インジケータは、Webex Meetings デスクトップおよびモバイルアプリ、Webex アプリ デスクトップとモバイル アプリ、およびクラウドに登録された会議室デバイスの [ミュート] ボタンをクリックした参加者に表示されます。 マイクなどの外部ハードウェアで参加者がミュートになっている場合、ミュート インジケーターは表示されません。


 

[参加時にミュート] が表示されるのは、Webex アプリ デスクトップとモバイル アプリの参加者だけです。

次の品質メトリックスを使用できます。

タイトル

説明

待ち時間 (ms)

待ち時間は、ミーティング中に音声またはビデオを配信する際の遅延のことです。

パケット損失 (%)

データパケットの送信に問題が発生し、参加者が受信する前に一部のパケットが削除されると、パケット損失が発生します。 取得されるパケット損失は以下の通りです。

  • エンドツーエンド - スピーカーの Webex クライアントから参加者の Webex クライアントに送信されたパケット損失を、パケット回復後に取得したものです。

  • 送信 - 参加者の Webex クライアントから Webex クラウドに送信されます。

  • 受信 - Webex クラウドから参加者の Webex クライアントに送信されます。

ジッター (ms)

受信されたパケットの遅延のバリエーション。

メディア ビットレート(kbps)

1 秒あたりに処理されるビット数。

フレーム レート (fps)

ミーティング中に表示される毎秒のフレーム数です。

解像度 (p)

指定された時間中にユーザーの画面に表示されるピクセル数です。

システム CPU (%)

すべてのアプリケーションによって使用される CPU の合計割合です。 マルチコア システムでは、CPU 使用率はすべてのコアで測定されます。

Webex アプリ CPU (%)

ミーティング中にWebex MeetingsまたはWebexアプリが使用するCPUの割合。 マルチコア システムでは、CPU 使用率はすべてのコアで測定されます。

システム メモリ (%)

すべてのアプリケーションによって使用される CPU の合計割合 (%) です。

Webex アプリ メモリ (%)

ミーティング中にWebex MeetingsまたはWebexアプリが使用するメモリの割合 (%)。

機器とネットワークの詳細

[機器とネットワーク] パネルには、参加者の構成に関する情報が表示されます。 ボタンを使用してパネルを折りたたむことができます。

同様の情報は、 Webex Meetingsデスクトップアプリケーション、 Webexアプリ デスクトップアプリケーション、Android 版Webexアプリ、 iPhoneおよび iPadWebexアプリ、クラウド対応のデバイスでも利用できます。 モバイル、オンプレミス デバイス、およびサードパーティ SIP デバイスのWebex Meetingsは、将来サポートされます。


 

プラットフォーム、マイク、スピーカー、およびカメラの詳細は、クラウド対応デバイスでは使用できません。

コールインおよびコールバックのユーザーは電話番号と会議ブリッジ情報のみが利用できます。

PSTN の場合: コールインしてコールバックを行います。電話番号または電話会議のブリッジ情報のみが利用できます。

次の表には、利用可能な機器とネットワークデータが表示されます。

タイトル

説明

クライアント

ミーティングに参加するために使用されるアプリケーションのタイプとバージョン。

場所

パブリック IP アドレスの Geo ルックアップ。

プラットフォーム

ミーティングに参加するために使用されるデバイスのオペレーティング システム。 候補値は「windows」、「mac」、「android」、「ios」、および 「linux」です。

から参加

ユーザーがブラウザーでミーティングに参加した場合、ミーティングに参加するために使用されるブラウザーのタイプとバージョンが表示されます。

接続

クライアントがメディアを交換するために使用したネットワーク接続のタイプです。 候補値は「wifi」、「イーサネット」、「セルラー」、または「不明」です。


 

これはメディア タイプごとに追跡されることはありません。 これは、ミーティングの過程で変更される可能性があります。

メディア ノード

クライアントが接続されているメディア ノードのデータセンターまたは領域。 クラウドベースのメディア ノードについては、これは「サンノゼ、米国」などの一般的な地域名になります。

ビデオ メッシュ ベースのメディアノードの場合、これには、顧客によってプロビジョニングされたビデオ メッシュ クラスター名に一致する、より具体的な名前が表示されます。

市内 IP

メディアを送信するために使用しているネットワーク インターフェイスのクライアントのローカル IP アドレス。 ユーザーのパーソナル アイデンティティを保護するために IP アドレスを一部非表示にしています。

パブリック IP

これは、メディアサーバによって表示されるクライアントのパブリック IP アドレスです。 ユーザーのパーソナル アイデンティティを保護するために IP アドレスを一部非表示にしています。

音声トランスポート

音声の転送に使用されるネットワーク タイプです。 有効な値は「UDP」、「TCP」、「xTLS」の場合があります。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたトランスポートだけがレポートされます。

ビデオ トランスポート

ビデオの転送に使用されるネットワーク タイプです。 有効な値は「UDP」、「TCP」、「xTLS」の場合があります。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたトランスポートだけがレポートされます。

トランスポートの共有

画面またはアプリケーション共有を転送するために使用されるネットワークタイプ。 有効な値は「UDP」、「TCP」、「xTLS」の場合があります。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたトランスポートだけがレポートされます。

音声コーデック

(送信) クライアントによって送信されたメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。 これは、コール中に変更される可能性があります。

(受信) クライアントが受信したメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。


 

これはミーティングの進行中に変更する可能性がありますが、最初に使用されたコーデックだけがレポートされます。

ビデオコーデック

(送信) クライアントによって送信されたメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。 これは、コール中に変更される可能性があります。

(受信) クライアントが受信したメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。


 

これは、ミーティングの進行中に変更される可能性があります。 使用された最初のコーデックだけがレポートされます。

コーデックの共有

(受信) クライアントが受信したメディアのために使用されているメディアのエンコーディングおよびデコーディングの形式。


 

これは、ミーティングの進行中に変更される可能性があります。 使用された最初のコーデックだけがレポートされます。

マイク

ミーティング中に使用されたマイクのブランド名とモデル情報。


 

これは、ミーティングの進行中に変更される可能性があります。 使用された最初のコーデックだけがレポートされます。

スピーカー

ミーティング中に使用されたスピーカーのブランド名とモデル情報。


 

これは、ミーティングの進行中に変更される可能性があります。 最初に使用されたスピーカーだけがレポートされます。

カメラ

ミーティング中に使用されたカメラのブランド名とモデル情報。


 

これは、ミーティングの進行中に変更される可能性があります。 最初に使用されたカメラのみがレポートされます。

ノイズ除去

このフィールドは、参加者がノイズ除去機能を使用した場合に表示されます。 ノイズ除去が使用された場合、有効にしていた時間を確認できます。

仮想背景

このフィールドは、参加者が仮想背景を使用した場合に表示されます。


 
[ライブ Meetings] タブは、政府Webexサイトでは使用できません。

[ライブ ミーティング] タブには、組織で現在進行中のすべてのミーティングが表示されます。 こちらの情報を使用して、ネットワークの問題が広がる前に事前に問題を特定したり、ネットワークの問題の原因を診断したりするのに役立てることができます。 データは 10 分おきに自動的に更新されます。 [JSON としてエクスポート] ボタンの横で、データが最後に更新された時間を確認できます。

デフォルトで、このページには Control Hub 組織のサイトすべてのライブ ミーティングが表示されます。 複数のサイトがある場合は、ドロップダウンメニューを使用して特定のサイトを選択できます。

重要業績評価指標 (KPI)

KPI はページ上部に表示され、ライブ ミーティングの数、良好なネットワークを使用しているミーティングの数と参加者の数を示します。 これらの KPI を測定可能なデータとして使用して、ネットワークの問題が最近発生しているかどうかを確認できます。 以下の KPI が表示されます。

  • 合計ライブ ミーティング数 - 進行中のミーティング数。

  • 合計ライブ参加者数 - 現在ミーティングに参加している参加者数。

  • 良好なネットワークのミーティング数 - ネットワークの品質しきい値が良好以上のミーティング数。 品質は、パケット損失が 5% 以下であり、待ち時間が 400ms 以下である場合に良好とカウントされます。 ミーティングは、過去 15 分間に少なくとも 1 人の参加者の音声またはビデオの品質が低かった場合、低品質とカウントされます。

  • 良好なネットワークの参加者数 - ネットワークの品質しきい値が良好以上の参加者数。 品質は、パケット損失が 5% 以下であり、待ち時間が 400ms 以下である場合に良好とカウントされます。 参加者の音声またはビデオの品質が 3 分連続して低い場合、またはミーティング中に低品質の音声またはビデオが 5 分間蓄積された場合、低品質とカウントされます。

ライブ ミーティング マップ

このマップには、ライブ ミーティング全体の地理的分布が表示されます。 丸の上にカーソルを合わせると、参加者数、ミーティング数、低品質のミーティング数など、ロケーションに関するデータが表示されます。 ロケーションの参加者が接続されているデータセンターを選択することもできます。 データ センターの名前は省略形です。 丸のサイズは参加者数を表し、色はそのロケーションで発生している低品質のミーティング数を表しています。


 

高度なトラブルシューティング ロールがある場合、ロケーションの上にカーソルを合わせて低品質のミーティングの横にある番号をクリックし、そのロケーションから低品質のミーティングでライブ ミーティング テーブルをフィルタリングすることができます。

ネットワーク パフォーマンス

このグラフは、進行中のミーティングで参加者が経験した遅延とパケット損失の傾向を示します。 音声とビデオ間でデータを切り替えることができます。 スライディング バーを調整して、24 時間内の 95 パーセンタイルを確認することもできます。

ネットワーク パフォーマンス別のIP

このグラフは、IP アドレスの内訳と、各 IP アドレスに接続した参加者のネットワーク品質を示します。 ユーザーのパーソナル アイデンティティを保護するために IP アドレスを一部非表示にしています。 このグラフを使用して、特定のロケーションまたはサービス プロバイダーで低品質のミーティング数が平均を上回る場合は、そこからトラブルシューティングを開始できます。

赤いバーの上にカーソルを合わせると、そのIPアドレスからの低品質のミーティングの数、割合、ロケーションが表示されます。 緑のバーの上にカーソルを合わせると、そのIPアドレスからの高品質のミーティングに関する同じ内訳が表示されます。

ライブ ミーティング検索テーブル

フル管理者、読み取り専用管理者、または高度なトラブルシューティング アクセス ロールを持つサポート管理者である場合、進行中のすべてのミーティングを表示するテーブルにアクセスできます。 検索バーを使用して特定のミーティングを検索したり、他のグラフを操作して参加者をすばやくフィルタリングしたりできます。

たとえば、ライブ ミーティング マップに低品質のミーティングが多い場所がある場合、その場所の上にカーソルを合わせ、その隣の番号をクリックします。質の低いミーティング数を選択します。 これにより、テーブルがフィルタリングされ、該当する参加者が参加しているミーティングのみが表示されます。

ネットワーク パフォーマンス グラフによる IP の例もあります。 赤いバーにカーソルを合わせて、低品質の接続の数をクリックすると、そのIPアドレスに参加者が接続されたミーティングのみを表示するようにテーブルがフィルタリングされます。

選択されたフィルターは検索ボックスの前に表示され、[X] をクリックして削除できます。

Webexのミーティングや通話で優れたエクスペリエンスを実現するには、優れたビデオと音声の品質を確保することが最も重要です。 環境、機器、ネットワークなど、いくつかの要因によってミーティング中のメディア品質が低下します。 トラブルシューティングの詳細については、次を参照してください。 Webex Meetingsと通話のトラブルシューティングでは、ミーティングまたは通話エクスペリエンスの低下をトラブルシューティングする際の重要な考慮事項に焦点を当て、それらの解決に役立つツールについて説明します。