システムセットアップ

Cisco IP DECT ソリューションは、以下に示すシスコデバイスの任意の組み合わせを使用できます。

  • Cisco IP DECT DBS 110 シングルセルベースステーション(他の DBS-110 でのみ使用できる)

  • Cisco IP DECT 210 マルチセルベースステーション(他の DBS-210 でのみ使用できる)

  • Cisco IP DECT 電話 6823 軽量ハンドセット

  • Cisco IP DECT 電話 6825 ハンドセット:標準および高耐久化ハンドセット

DECT 110 ベーステーション、110 リピータ、および 210 ベーステーションのデバイス比較

次の表は、Cisco IP DECT DBS-110 シングルセルベースステーションと Cisco IP DECT DBS-210 マルチセルベースステーションのデバイス比較の一覧です。

表 1Cisco IP DECT オファリングのデバイス比較

機能

詳細

ユニットのキャパシティ:

シングルセルモード

DECT 110 シングルセルベースステーション

最大 20 の SIP 登録と最大 10 件の同時コール

DECT 210 マルチセルベースステーション:

最大 30 の SIP 登録と最大 10 件の同時コール

マルチセルモード:

DECT 110 シングルセルベースステーション

シングルセルまたはデュアルセルモードでサポート

250 でのDECT 210 マルチセルベースステーション

ベースステーションの導入:

最大 1000 の SIP 登録と最大 2032 同時コール

ベースステーションとリピーター:

シングルセルモード:

DECT 110 シングルセルベースステーション

ベースステーション 1 台、リピーター最大 6 台

DECT 210 マルチセルベースステーション:

ベースステーション 1 台、リピーター最大 3 台

マルチセルモード

DECT 110 シングルセルベースステーション

マルチセルモードではサポートされていません

DECT 210 マルチセルベースステーション:

最大 250 台のベースステーションと最大 750 台のリピーター

コール制御および音声の機能

  • 任意の回線でコールする

  • 任意の回線でコールを受信する

  • 自動応答

  • バージコール(共有回線)

  • リダイヤル

  • サイレント

  • 非通知着信

  • 非通知着信の拒否

  • 発信者 ID の保留/再開

  • 3 者間会議

  • 在席転送

  • ブラインド転送

  • ナローバンド/ワイドバンドコーデック

  • DTMF ダイヤルコール交換(発信/着信)

  • 着信転送

  • 通話転送

  • コール待機

  • コール パーク

  • コール保留/復帰

  • コールリターン

  • 共有回線/複数回線

  • キーロック緊急コール

  • 特殊呼出音

  • 着信音の選択

  • 呼出音の音量調節

  • 受信者の音量コントロール

  • 電話帳検索、インポート、エクスポート

  • 通話履歴(最大 50 エントリ)

  • ローカル電話帳

  • 短縮ダイヤル

  • ボイスメール(Voicemail)

Cisco IP 6823 および Cisco IP 6825 の機能と利点

次の表に、Cisco IP DECT DBS-110 シングルセルベースステーションと Cisco IP DECT DBS-210 マルチセルベースステーションの機能と利点を示します。

表 2Cisco IP DECT オファリングの機能と利点

機能

メリット

人間工学に基づいた設計

従来のデジタル拡張コードレス電気通信(DECT)テレフォニーのようなユーザエクスペリエンスを提供する使いやすいインターフェイス

グラフィカルディスプレイ

6823:128 X 160 ピクセル、64K LCD ディスプレイ

6825:240 X 320 ピクセル、64K LCD ディスプレイ

両方のハンドセット:3 色の MWI LED

ハンドセット(HAC)

すべての 6825 ハンドセットは、補聴器対応型(HAC)で、 アメリカ障害者法(ADA) の米国連邦通信委員会(FCC)音量要件に適合しています。

Walker Equipment W-10 や CE-100 アンプのような業界標準のインライン ハンドセット アンプを使用することにより、Section 508 の音量要件にも対応できます。

HAC 準拠 :FCC Part 68 およびオーストラリア S040

ヘッドセット

6825 のみ:Bluetooth LE 4.1

6823 および 6825:3.5 mm の有線ヘッドセット、iPhone 準拠

6800 シリーズをシスコヘッドセットと併用することで、優れたノイズ遮断性能を発揮

音量コントロール

音量制御切り替えにより、ハンドセット、モニタスピーカー、呼び出し音の音量をデシベルレベルで容易に調節できます。

キー

  • 合計 28 キー

  • 0~9、# および * キーの 3 つのソフトキー

  • 5 方向ナビゲーションと選択

  • コールの応答と終了

  • デバイスの上部に 1 つのアラームキー

  • 音量アップおよびダウンキー

  • ミュート キー

  • スピーカーフォンキー

  • メニュー キー

バッテリ寿命

  • バッテリータイプ:充電式

  • リチウムイオンクレードルの充電時間:6 時間

  • 通話時間:17 時間(NB)、12 時間(WB)


  • アイドル時間:200 時間

  • アダプタプラグ:EU、米国、オーストラリア、英国(他の国も利用可能。表6の注文情報を参照)

フル回線のサポート

6823 and 6825:2 回線(SIP 登録)

重量

6823 および 6825:3 オンス(86 g)

ディスプレイ(Display)

6823:1.7 インチ(4.3 cm)128 X 160 ピクセル、64K の LCD ディスプレイ

6825:2.0 インチ(5.0 cm)、240 x 320 ピクセル、64K の LCD ディスプレイ

ベースステーションまたはリピーターを天井に取り付ける

ベースステーションまたはリピーターを天井に取り付けることができます。それらは、天井に取り付けるカスタムの天吊り金具を使用します。 天井取付金具を注文する必要があります。

図 1:天井マウント ブラケット

ベースステーションやリピーターは、屋外で最大 984 フィート(300 メートル)、屋内で 164 フィート(50 メートル)の範囲を持ちます。

このタスクでは、デバイスという用語は、ベースステーション またはリピーターを意味します。

はじめる前に

以下の物が必要です:

  • 天井マウント ブラケット

  • 鉛筆

  • 天井構造に適した取り付け用のハードウェア(ネジとプラグ)。

  • ベースステーション: 取り付け場所に近い LAN 接続

  • ベースステーション: PoE を使用しない場合は、取り付け場所に近い電源コンセント

  • リピーター: 取り付け場所に近い電源コンセント

カバレッジエリアと建物の建設資材を考慮して最適な配置を決定します。

  • 210 マルチセルベースステーションがある場合は 、追加のベースステーションまたは中継器を追加する必要がある場合があります。

  • 110 シングルセルベースステーションがある場合は、別の 110 シングルセルベースステーションまたは 110 リピータを追加する必要があります。

ハンドセットのサイト調査ツールを使用して、配置を計画することができます。Cisco IP DECT 6800 シリーズのサイト調査を実施するを参照してください。

1 

取り付け位置に、壁面用ブラケットを取り付けます。

2

ネジの位置をマークします。

3 

製造元の指示に従ってプラグを取り付けます。

4

ブラケットとプラグにネジを取り付けます。

5 

ベースステーションのみ::イーサネットケーブルをデバイスに接続し、デバイスのスロットにケーブルを配線します。

6

デバイスに電力を供給するには、次のようにします。

  • LAN 上で PoE を使用するベースステーション: 追加の電力は必要ありません。
  • PoE なしのベースステーション: 電源アダプタをベースステーションに差し込み、ケーブルをベースステーションのスロットに通します。
  • リピーター: 電源アダプタをリピーターに接続し、ケーブルをリピーター内のスロットを介してルーティングします。
7 

ブラケットのスロットをデバイスのスロットに合わせ、デバイスが所定の位置にロックされるまで左に回します。

この図は、ベースブラケットのベースステーションへの位置合わせを示しています。リピーターの背面は、ベースステーションと似ています。

この図は、デバイスを回して取り付けブラケットに固定する方法を示しています。

8 

ベースステーションのみ:LAN ポートにイーサネットケーブルを差し込みます。

9

必要に応じて、電源アダプタを電源コンセントに差し込みます。

ベースステーションの LED が緑色に点灯している場合は、ネットワークに接続して、その設定のダウンロードを開始できます。

ベースステーションまたはリピーターをデスクに

取り付ける

ベースステーションまたはリピーターは、机などの水平面に置くことができます(ブックシェルフなど)。ベースステーションまたはリピーターが簡単にノックオフされない場所を選択してください。

ベースステーションやリピーターは、屋外で最大 984 フィート(300 メートル)、屋内で 164 フィート(50 メートル)の範囲を持ちます。

このタスクでは、デバイスという用語は、ベースステーション またはリピーターを意味します。

はじめる前に

以下の物が必要です:

  • ベースステーション: 取り付け場所に近い LAN 接続

  • ベースステーション: PoE を使用しない場合は、取り付け場所に近い電源コンセント

  • リピーター: 取り付け場所に近い電源コンセント

カバレッジエリアと建物の建設資材を考慮して最適な配置を決定します。

  • 210 マルチセルベースステーションがある場合は 、追加のベースステーションまたは中継器を追加する必要がある場合があります。

  • 110 シングルセルベースステーションがある場合は、別の 110 シングルセルベースステーションまたは 110 リピータを追加する必要があります。

ハンドセットのサイト調査ツールを使用して、配置を計画することができます。Cisco IP DECT 6800 シリーズのサイト調査を実施するを参照してください。

1 

ベースステーションのみ: イーサネットケーブルをデバイスに接続し、デバイスのスロットにケーブルを配線します。

2

デバイスに電力を供給するには、次のようにします。

  • LAN 上で PoE を使用するベースステーション: 追加の電力は必要ありません。
  • PoE なしのベースステーション: 電源アダプタをベースステーションに差し込み、ケーブルをベースステーションのスロットに通します。
  • リピーター: 電源アダプタをリピーターに接続し、ケーブルをリピーター内のスロットを介してルーティングします。
3 

スタンドをデバイスに差し込み、カチッと所定の位置に収まるまで押します。

このスライドの図は、ベースステーションへのスタンド接続を示しています。リピーターの背面は、ベースステーションと似ています。

4

ベースステーションのみ:LAN ポートにイーサネットケーブルを差し込みます。

5 

必要に応じて、電源アダプタを電源コンセントに差し込みます。

ベースステーションの LED が緑色に点灯している場合は、ネットワークに接続して、その設定のダウンロードを開始できます。

ベースステーションまたはリピーターを壁面に取り付ける

ベースステーションまたはリピーターを壁に取り付けることができます。壁に 2 本のネジを差し込み、ベースステーションまたはリピーターをネジの頭に滑り込ませるか、または天井取り付けブラケットを使用できます。

できるだけ高いところにベースステーションまたはリピーターを設置することをお勧めします。可能であれば、ラジオカバレッジを向上させるため、下向きの角度で取り付けてください。

ベースステーションやリピーターは、屋外で最大 984 フィート(300 メートル)、屋内で 164 フィート(50 メートル)の範囲を持ちます。

このタスクでは、デバイスという用語は、ベースステーション またはリピーターを意味します。

はじめる前に

以下の物が必要です:

  • 鉛筆

  • レベル

  • 巻き尺

  • 壁構造に適した取り付け用ハードウェア(ネジと壁のプラグ)。天井取り付け用ブラケットを使用することもできます。

  • ベースステーション: 取り付け場所に近い LAN 接続

  • ベースステーション: PoE を使用しない場合は、取り付け場所に近い電源コンセント

  • リピーター: 取り付け場所に近い電源コンセント

カバレッジエリアと建物の建設資材を考慮して最適な配置を決定します。

  • 210 マルチセルベースステーションがある場合は 、追加のベースステーションまたは中継器を追加する必要がある場合があります。

  • 110 シングルセルベースステーションがある場合は、別の 110 シングルセルベースステーションまたは 110 リピータを追加する必要があります。

ハンドセットのサイト調査ツールを使用して、配置を計画することができます。Cisco IP DECT 6800 シリーズのサイト調査を実施するを参照してください。

1 

レベルを希望の場所で、天井より少なくとも 2.25 インチ(5.7 cm)下に保持し、レベルラインを描きます。

2

ネジの位置をマークします。

  • 天井取り付け用ブラケットがない場合: ネジが 2.126 インチ (54 mm) の位置 (中央から中央) になるように回線をマークします。

  • 天井取り付け用ブラケットを使用した場合: ブラケットを固定して、2 本の穴が回線に交差するようにします。穴をマークします。
3 

製造元の説明に従って、壁面のプラグを取り付けます。

4

ネジを差し込みます。

  • 天井取り付けブラケットなしの場合: ネジの頭と壁の間が約 0.375 インチ(9.52 mm)になるまでネジでネジを締めます。

  • 天井取り付け用ブラケットを使用した場合: ネジの穴とネジの上にブラケットを固定します。ブラケットが動かないようにします。
5 

ベースステーションのみ: イーサネットケーブルをベースステーションに接続し、ベースステーションのスロットにケーブルを配線します。

6

デバイスに電力を供給するには、次のようにします。

  • LAN 上で PoE を使用するベースステーション: 追加の電力は必要ありません。
  • PoE なしのベースステーション: 電源アダプタをベースステーションに差し込み、ケーブルをベースステーションのスロットに通します。
  • リピーター: 電源アダプタをリピーターに接続し、ケーブルをリピーター内のスロットを介してルーティングします。
7 

装置を壁面に取り付けます。

  • 天井取り付け用ブラケットがない場合: この図は、ネジ頭とデバイスの位置合わせを示しています。

    この図は、デバイスをネジ頭に固定する方法を示しています。

  • 天井取り付け用ブラケットの場合: 底部の Cisco ロゴの文字を含むデバイスを押さえて、少し右に旋回します。デバイスの底部にあるスロットとブラケット上のフックを合わせて、デバイスをブラケットに挿入し、デバイスを取り付けます。
8 

ベースステーションのみ:LAN ポートにイーサネットケーブルを差し込みます。

9

必要に応じて、電源アダプタを電源コンセントに差し込みます。

ベースステーションの LED が緑色に点灯している場合は、ネットワークに接続して、その設定のダウンロードを開始できます。

ベースステーションの IP アドレスを見つける

ハンドセットを使用して、ネットワーク内のベースステーションの IP アドレスを検索します。ハンドセットは、範囲内のすべてのベースステーションの IP アドレスを表示します。

ルータ管理ページにアクセスできる場合は、IP アドレスを検索するために使用することもできます。

はじめる前に

これらが必要です:

  • ベースステーションをネットワークに接続する必要があります。

  • 充電されたバッテリーを使用する必要があります。

1 

画面がオンになるまでパワー/エンドを長押しします。

2

メニューを押します。

3 

* 47 *を入力します。

管理 Web ページにログインする

ベースステーションの Web ページを使用して、ベースステーションとハンドセットを設定します。


HTTP または HTTPS でベースステーションに接続しているかどうかについては、サービスプロバイダーにお問い合わせください。この手順は、ユーザが HTTP を使用することを前提としています。

Web ページは、5 分間非アクティブであると、自動的にサインアウトします。

はじめる前に

ベースステーションの MAC アドレスまたは IP アドレスが必要です。

ベースステーションをネットワークに接続する必要があり、緑の LED が点灯します。

1 

ベースステーションの IP アドレスを見つけるを使用してベースステーションの IP アドレスを検索します。

2

ブラウザに、ベースステーションのアドレスを入力します。

形式:

http://<address>/main.html

説明:

  • 住所はベースステーションの IPv4 アドレスです。

http://xxx.xxx.xxx.xxx/main.html where xxx.xxx.xxx.xxx は IPv4 アドレスです。

3 

次の資格情報を使用してベースステーションにログインします。

  • [ユーザ名(Username)]:user

  • パスワード: ベースステーションの MAC アドレスは、すべての小文字を使用します。

ユーザにハンドセットを割り当てる

ベースステーションは、ハンドセット情報 (たとえば内線番号とユーザ名) で事前設定されています。

複数のハンドセットを設定する場合は、各ハンドセットを特定のユーザに割り当てる必要があります。各ユーザは一意の電話番号とボイスメールボックスを持ち、異なる機能を持つことがあります。 各ハンドセットに、ターミナルの Web ページフィールドまたは設定ファイル (cfg .xml) で個々のアクセスコードを割り当てることができます。設定ファイルでアクセスコードをこの方法で設定できます。
nnnn
ここで、x はハンドセット番号 、nnnn はアクセスコードです。

アクセスコードが 4 桁を超える場合は、最初の 4 桁のみが受け入れられます。

ハンドセットをユーザに割り当てるには、ハンドセットの国際携帯機器識別番号(IPEI)番号を、正しく設定された内線番号に割り当てます。 受話器の IPEI 番号は、次の場所にあります。

  • ハンドセットを含むボックスのラベル上

  • 携帯電話バッテリーの下

はじめる前に

管理 Web ページにサインインするで説明されているようにベースステーションの Web ページに接続します。

ベースステーションをネットワークに接続する必要があり、緑の LED が点灯します。

1 

[内線番号] をクリックします

2

特定のユーザのハンドセットの内線情報列のリンクをクリックします。

IPEI リンクには、ヌル IPEI 番号が表示されます。 FFFFFFFFFF

3

ターミナルページで、IPEI フィールドをユーザの新しいハンドセット向けの IPEI に設定します。

4

AC フィールドを設定します。

5 

(オプション)「ターミナル Web ページのフィールド」の説明に従って、その他のフィールドを設定します。

6

保存をクリックします。

7

(オプション)手順 3〜7 を繰り返して、さらにハンドセットを設定します。

次の作業

ハンドセットの登録を開始する

ターミナル Web ページのフィールド

これらは、ベースステーションのターミナルウェブページに表示されたフィールドです。この画面を表示するには拡張機能ページにあるハンドセットの IPEI 番号をクリアします。

ページは、[管理者とユーザビュー] に表示されます。一部のフィールドはユーザビューでは使用できません。

このセクションは、ファームウェアリリース 4.7 に適用されます。ファームウェア リリース V450 および V460 のページについては、「ファームウェア リリース V450 および V460 のターミナル Web ページのフィールド」を参照してください。

表 3ターミナル Web ページのフィールド

フィールド

目次

説明

IPEI

10 文字列

ハンドセットの国際携帯機器識別情報(IPEI)を識別します。各ハンドセットには固有の IPEI 番号があり、その番号はハンドセットバッテリの下のラベルとハンドセットボックスのラベルに表示されます。

このフィールドを変更すると、ハンドセットの登録が解除されます。

ターミナルとペアリング

値:

  • ペアになっていない端末

  • ハンドセット ID

ハンドセットとペアになっている端末を識別します。

AC

4 桁のコード

ハンドセットを登録するために使用されたアクセスコードを識別します。ハンドセット登録後、このコードは使用されません。


 

セキュリティを強化するためにシステムを設定するときは、これをデフォルトから変更することをお勧めします。

アラームライン

値:

  • アラーム行が選択されていない

  • 電話番号(Telephone number)

アラームコールに使用する回線を指定します。

アラーム番号

電話番号

ユーザがダイヤルする番号を指定します。緊急ボタンを 3 秒以上押します。

[内線(Extensions)]

VoIP Idx

このフィールドは読み取り専用です。

ハンドセットのインデックスを識別します。

[内線番号(Extension)]

このフィールドは読み取り専用です。

設定された拡張の名前を識別します。

拡張機能は、ハンドセットが通話を発信して受信する前に、SIP サーバ上で設定する必要があります。

表示名

このフィールドは読み取り専用です。

電話番号を識別します。

この情報は、ハンドセットのメイン画面に表示されます。

サーバ

このフィールドは読み取り専用です。

コール制御システムの SIP サーバアドレスを識別します。

サーバエイリアス

このフィールドは読み取り専用です。

通話制御システムの名前を識別します。

状態(State)

このフィールドは読み取り専用です。

SIP 登録状態を識別します。フィールドが空の場合、ハンドセットは SIP 登録されていません。

ローカル電話帳をインポート

ファイル名

ローカルディレクトリをコンマ区切り値(CSV)形式でコンピュータから電話機にアップロードするために使用されます。

ローカル電話帳をエクスポート

電話機からローカルディレクトリを CSV 形式でコンピュータにエクスポートするために使用されます。

ファームウェアリリース V450 およびV460 の端末 Web ページのフィールド

これらは、ベースステーションのターミナルウェブページに表示されたフィールドです。この画面を表示するには拡張機能ページにあるハンドセットの IPEI 番号をクリアします。

ページは、[管理者とユーザビュー] に表示されます。一部のフィールドはユーザビューでは使用できません。

このセクションは、ファームウェアリリース V450 および V460 に適しています。ファームウェアリリース 4.7 については、「ターミナル Web ページのフィールド」を参照してください。

表 4ターミナル Web ページのフィールド

フィールド

目次

説明

IPEI

10 文字列

ハンドセットの国際携帯機器識別情報(IPEI)を識別します。各ハンドセットには固有の IPEI 番号があり、その番号はハンドセットバッテリの下のラベルとハンドセットボックスのラベルに表示されます。

このフィールドを変更すると、ハンドセットの登録が解除されます。

ターミナルとペアリング

値:

  • ペアになっていない端末

  • ハンドセット ID

ハンドセットとペアになっている端末を識別します。

AC

4 桁のコード

ハンドセットを登録するために使用されたアクセスコードを識別します。ハンドセット登録後、このコードは使用されません。


 

セキュリティを強化するためにシステムを設定するときは、これをデフォルトから変更することをお勧めします。

アラームライン

値:

  • アラーム行が選択されていない

  • 電話番号(Telephone number)

アラームコールに使用する回線を指定します。

アラーム番号

電話番号

ユーザがダイヤルする番号を指定します。緊急ボタンを 3 秒以上押します。

バッテリーと RSSI ステータス

電池残量

割合(Percentage)

読み取り専用フィールド

ハンドセットの現在の充電レベルを表示します。

RSSI

読み取り専用フィールド

接続されているベースステーションまたはリピータの受信信号強度インジケータ (RSSI) を表示します。

測定時刻 [分:秒]

読み取り専用フィールド

バッテリおよび RSSI 情報がハンドセットからキャプチャされてからの時間を分と秒で表示します。

場所

読み取り専用フィールド

ハンドセットが通信する接続済みのベースステーションまたはリピーターを指定します。

ローカル電話帳をインポート

ファイル名

ローカルディレクトリをコンマ区切り値(CSV)形式でコンピュータから電話機にアップロードするために使用されます。

ローカル電話帳をエクスポート

電話機からローカルディレクトリを CSV 形式でコンピュータにエクスポートするために使用されます。

ハンドセットの登録を開始する

ベースステーションに 1 つまたは複数のハンドセットが設定されたら、ベースステーションに登録プロセスを開始するように指示します。 ベースステーションは、ハンドセットからの登録メッセージを受信して通信ループを完了するのを待ちます。

すべてのハンドセットを同時に登録するか、1 つずつ登録することができます。

はじめる前に

管理 Web ページにサインインするで説明されているようにベースステーションの Web ページに接続します。

ベースステーションをネットワークに接続する必要があり、緑の LED が点灯します。

1 

拡張機能ページで、登録される新しいハンドセットの側にあるチェックボックスをチェックします。

2

ターミナルを登録をクリックします。

3 

拡張列にあるハンドセットのチェックボックスを確認します。

4

SIP 登録を開始をクリックします。

次の作業

ハンドセットをベースステーションに設定します。

電話をかける前に、ベースステーションに接続するようにハンドセットを設定する必要があります。管理者から提供されたアクセスコードを入力する必要がある場合があります。 ハンドセットの登録に成功すると、ハンドセットに正しい日時、ユーザ名、および電話番号が表示されます。

はじめる前に

ハンドセットのバッテリーを取り付けて充電する必要があります。

1 

ハンドセットの電源を入れます。ハンドセットをオンにするを参照してください。

2

メニューを押します。

3 

接続性 > 登録を選択します。

4

画面の空の行を強調表示し選択を押します。

5 

(オプション)アクセスコードをAC フィールドに入力します。

6

OK を押します。

ハンドセットをオンにする

画面がオンになるまでパワー/エンド を長押しします。