Control Hub ユーザー状態の概要

この記事の目的は、ユーザーの状態の意味と、新規ユーザーがそれらの状態になる方法を理解する上で役立ちます。


これは Control Hub でのユーザー管理について示します。サイト管理については、「Cisco Webex サイト管理でユーザー アカウントを管理する」を参照します。

表 1. Control Hub ユーザー状態

ユーザーの状態

この意味は?

アクティブ

これは、通常の使用中のユーザーに理想的な状態です。 ユーザーは組織の一部であり、コラボレーション サービスを使用するか、使用する準備ができています。 これ以上の管理アクションは必要ありません。

確認済み

これは、ユーザーが優先オンボーディング フローの間にいる良い状態です。 ユーザーは、組織の一部です。 ユーザーのアイデンティティが検証されました。 ユーザーはサービスを使用する準備ができていますが、開始されていません (サインインしていません)。

未確認

この状態はオンボーディング中に非常に容易に起こる可能性があります。 ユーザーは組織の一部ですが、アイデンティティがまだ検証されていません。 Webex に初めてアクセスするときに、アイデンティティを確認している可能性があります。

ユーザーは、この状態でスタックしている場合、サービスを使用できません。

https://help.webex.com/nyi1dxj で招待メールを一括再送信することについてお読みください。

非アクティブ

新しいユーザーをこの状態で作成することはできません。

ユーザーは管理者または Active Directory 同期を使って無効化された場合、この状態になることができます。

遅延したクレーム

ユーザーが組織に正常にクレームされましたが、以前の組織からのデータの処理方法をまだ選択していません。 デフォルトのアクションが実行される前に、ユーザーが決定するまでに 14 日間があります (両方とも、ユーザーの状態を変更します)。 組織にクレーム/ユーザーの変換については、「https://help.webex.com/nceb8tm」を参照してください。

未検証

以下は、ユーザーが未検証状態になることができる方法です。

  • ユーザーを追加したが、メール ドメインが組織で確認されていません。

  • 別の組織からの未検証のユーザーを変換しましたが、そのユーザーのメール ドメインが組織で検証されていません。

検証済み

以下は、ユーザーが検証状態になることができる方法です。

  • ユーザーはメール検証プロセスを実行しました。 これにより、状態が [未検証] から [検証済み] に変更されます。

  • メール ドメインを検証し、ユーザーを追加しました (AD 同期ではない方法による)。

  • サイト リンクにより、ユーザーを組織に追加しました。

  • 別の組織からの検証済みのユーザーを変換しました。

  • メール ドメインを検証してから、別の組織からのユーザーを未検証に変換しました。

アクティブ

ユーザーは最も一般的に Webex にサインインするときに、アクティブになります。 初めてサインインすると、新規ユーザーの状態が [検証済み] から [アクティブ] に移動します。

ユーザーの状態がアクティブになるその他の方法は以下のとおりです。

  • 組織に属するメール ドメインを検証し、Active Directory からユーザーを同期します。 このアクションの組み合わせにより、ユーザーがまだサインインしていない場合でも、ユーザーをアクティブにします。

  • 別の組織からのアクティブなユーザーを変換しました。

  • ユーザーのクレーム: この用語は「ユーザーの変換」と同じ意味を持ち、他の Webex 組織のユーザーをあなた自身の Webex 組織に加えることを意味します。 ドメインには「クレーム」という言葉も使用します。

  • ドメインの検証: DNS を利用して、メール ドメインを所有していることを証明するプロセス。 ユーザーのオンボーディングに役立ちます。

  • ドメインのクレーム: メール ドメインを確認した後で、他の手段を使ってその他の組織に参加することを防ぐために、それらをクレームできます。

  • ユーザー管理: 組織でユーザーを出し入れしたり、サービスを設定することに関連するタスクを総括する用語です。

  • サイトのリンク: Control Hub で Webex 組織と Webex Meetings サイトを接続します。