スペースをセットアップしてユーザーを追加する

スペースを作成して、所属組織の内外からエキスパートを追加できます。 組織外から追加する場合、追加された人は外部のユーザーとして認識されます。 組織内から追加する場合、または新しいユーザーを追加する場合は、組織の管理者は Control Hub 組織にユーザーを追加できます。

スペースの名前を更新するか画像を追加すると、関連するスペースを見つけやすくなります。

ミーティングのスケジューリング

スペースでミーティングをスケジュールすることができます。ミーティングを開始すると、現場の社員が Webex Expert on Demand で参加できるようになります。

Webex Expert on Demand を使用している現場の社員は、Webex スペースに関連付けられているミーティングに参加できます。 参加できるミーティングには次のものが含まれます。

  • Webex アプリのスペース内でスケジュールされたミーティング。

  • Outlook でロケーションが「@webex:space」に設定されているミーティング アプリからスケジュールされたミーティング。


現場の社員は、パーソナル会議室 (PMR) でのミーティングのように Webex スペースに関連付けられていない、スケジュールされたミーティングにも参加できます。

Webex スペースに関連付けられていないミーティングには、次のような制限がいくつかあるため、Webex スペースに関連付けられているミーティングのみをスケジュールすることをおすすめします。

  • 現場の社員が Webex スペースに関連付けられていないミーティングで写真を共有しようとすると、写真は Webex アプリのダイレクト メッセージとして、ミーティング主催者にのみ送信されます。

  • 現場の社員がミーティングで画面を共有している場合、もしミーティングが Webex スペースに関連付けられていなければ、現場の社員が Webex Desk Pro、DX80 または Webex Board で参加していない限り、リモート エキスパートは注釈を追加できません。

ヘルプ要求に応答する

現場の社員は、サポートが必要な場合、ダイレクト メッセージまたはグループ スペース内のメッセージを送信してサポートを求めます。 リモート エキスパートまたは管理者は、スペースでミーティングを開始する現場の社員と直接通話することによって、簡単に対応できます。

ミーティング中

ミーティング中に自分または誰かが画面を共有している場合は、共有画面に注釈をマークアップすることを選択できます。