トランクとは Webex Calling と顧客施設間の接続のことであり、ローカル ゲートウェイやその他のサポート対象デバイスがある顧客施設が終端となります。 作成したトランクはルート グループに割り当てることができます。 ルート グループとは、Webex Calling が複数のトランクに通話を分散したり、冗長性を提供したりできるようにするためのトランクのグループです。 ローカル ゲートウェイとは、トランク、オンプレミスの PSTN と PBX のいずれか、または両方を相互接続するオンプレミス デバイスです。

トランク、ルートグループ、ダイヤルプランには次のようなメリットがあります。

  • トランクから Webex Calling と顧客施設までの負荷分散とフェイルオーバー

  • Webex Calling ユーザーがクラウド PSTN (CCP または Cisco PSTN) を使用しながら、エンタープライズの PBX ユーザーに引き続き到達できる機能

  • 別のオンプレミス PBX への通話のルーティング

  • オンプレミス PBX 間で通話をルーティングするタンデム機能

  • 顧客施設 PBX からの移行および顧客施設ユーザーと Webex Calling ユーザーが混在している場所での顧客施設内 PBX との共存の幅広いシナリオ

  • 通話ルーティングの意思決定に関する詳細な情報

ロケーションを有効にしたら、そのロケーション内の Webex Calling ユーザー向けに PSTN 接続を設定する必要があります。 次の PSTN オプションを利用できます。

  • Cisco PSTN — 新しい PSTN 番号とポートの既存の番号を Cisco に注文できるようにするソリューションをバンドルすることを希望する場合は、このオプションを選択します。 Cisco PSTN オプションは以下の条件でのみ利用できます。

    • Cisco Calling プランを購入して有効にしている。

    • Cisco Calling プランがサポートされている国にロケーションがある。

  • クラウド接続 PSTN — ローカルハードウェアの導入を必要としないクラウドソリューションを探している場合は、このオプションを選択し、希望する CCP プロバイダを選択します。 クラウド PSTN (Cisco PSTN またはクラウド接続 PSTN) は Webex Calling ユーザーに PSTN アクセスを提供する目的でしか使用できません。 オンプレミスユーザーが発信した通話はクラウド PSTN にアクセスできません。

  • プレミスベースの PSTN(ローカルゲートウェイ) – 現在の PSTN プロバイダを保持する場合はこのオプションを選択します。 ローカルゲートウェイ経由のプレミスベースの PSTN 向けトランクは、プレミス PBX への接続にも使用できます。 構成を一切変更しなくても既存のローカルゲートウェイ機能を保持できます。 ローカルゲートウェイを使用するロケーションはプレミスベースの PSTN に設定され、ローカルゲートウェイがトランクになります。

Control Hub 内で選択した PSTN 接続を構成するには、[Calling] > [ロケーション] を選択し、変更するロケーションを選択してから [指定][管理] を選択し、目当ての PSTN 接続を選択します。

トランク とは Webex Calling と顧客施設間の接続のことであり、ローカル ゲートウェイやその他のサポート対象デバイスがある顧客施設が終端となります。

始める前に

すべてのトランクを Control Hub 内のロケーションに割り当てる必要があります。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] に移動し、[トランクの追加] を選択します。

2

ロケーションを選択してトランクに名前を付けます。


 
トランクの名前は 24 文字以内にする必要があります。
3

[保存] をクリックします。

次に行うこと

画面 [ドメインの登録]、[トランク グループ OTG/DTG]、[回線/ポート]、および [発信プロキシアドレス] にトランク情報が表示されます。 ローカル ゲートウェイを構成するときに参照できるように、この情報を Control Hub からコピーして、ローカルのテキスト ファイルまたはドキュメントに貼り付けておくことをお勧めします。 この資格情報を紛失した場合には、Control Hub のトランク情報画面で再生成する必要があります。 [ユーザー名の取得とパスワードのリセット] をクリックして、トランクを使用するための認証資格情報の新しいセットを生成します。

メモ: この操作はサービスに影響するため、営業時間外に実行することをお勧めします。

Control Hub では、トランク名を編集したり、トランクの詳細と使用状況を表示したりできます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] > [トランク] に移動します。

2

表示、または変更するトランクを選択します。

3

サイドパネルで、トランク名の横にある アイコンをクリックしてトランクの名前を変更します。

トランクの使用状況情報を表示することもできます。

4

その他のトランク情報を表示するには、[トランク情報] の横にある [管理] をクリックします。


 

紛失したトランク情報の資格情報を再生成する必要がある場合はこの設定を使用します。 [ユーザー名とパスワードの取得] をクリックして、トランクで使用する認証資格情報の新しいセットを生成します。 この操作はサービスに影響します。

使用されていないトランクは削除できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] に移動します。

2

削除するトランクを選択します。

3

[アクション] ドロップダウンメニューから [トランクを削除] をクリックします。

始める前に

  • ルートグループを構成する前にトランクを追加します。

  • ルートグループには、複数のロケーションから構成済みトランクを含めることができます。

  • トランクは単体として構成することも、ルートグループに割り当てることもできます。 ルートグループにトランクを追加することで冗長性と拡張性を確保します。

  • 各ルートグループに少なくとも 1 つのトランクを含める必要があり、ルートグループ 1 つにつき最大 10 個までトランクを含めることができます。

  • ルートグループを構成する際は、そのルートグループ内のトランクに優先度レベルを設定します。 この設定によって、負荷が分散される形で通話がルーティングされるようになります。

  • 優先度が同じトランク間では通話がランダムに分散されます。 優先度が最も高く設定されているトランクが利用できない場合、優先度がより低く設定されているトランクに通話がルーティングされます。 例:

    • トランク 1 と トランク 2 で優先度レベルが 1 に設定されています。

    • トランク 3 では優先度レベルが 2 に設定されています。

    • Webex Calling は、負荷が分散される形でトランク 1 とトランク 2 に通話をルーティングします。

    • トランク 1 とトランク 2 に到達できない場合、通話はトランク 3 にルーティングされます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] に移動します。

2

[ルートグループ] > [ルートグループの作成] を選択します。

3

ルートグループに名前を付け、追加するトランクをドロップダウンメニューから選択します。

4

トランクの優先度レベルを設定します。

5

[保存] をクリックします。

次に行うこと

確認画面からは、[ロケーション] ページにアクセスして各ロケーションへの PSTN 接続を構成できます。また、[ダイヤルプラン] ページにアクセスしてこのルートグループをダイヤルプランのルーティングの選択肢として使用することもできます。

既存のルートグループの名前変更、トランクの追加、割り当て済みトランクの番号の変更、トランクの優先度レベルの変更を行うことができます。 ルートグループの詳細ページでは、オンプレミスの内線への通話ダイヤルプランPSTN 接続も表示できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] > [ルートグループ] に移動します。

2

変更するルートグループを選択します。

3

サイドパネルで、ルートグループ名の横にある アイコンをクリックしてルートグループの名前を変更します。

4

ルートグループにトランクを追加したりトランクを編集したりするには、[トランク] の横にある [管理] をクリックします。

ドロップダウンメニューからトランクを追加したり、テーブル内の既存のトランクの優先度レベルを編集したり、テーブルから既存のトランクを削除したりできます。

5

[保存] をクリックします。

使用されていないルートグループは削除できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] > [ルートグループ] に移動します。

2

削除するルートグループを選択します。

3

[アクション] ドロップダウンメニューから [ルート グループの削除] をクリックします。

ダイヤルプランでは、トランクまたはルートグループを使用して、オンプレミスの宛先に通話をルーティングできます。 ダイヤルプランはエンタープライズ全体に向けて構成され、ロケーションに関係なくすべてのユーザーに適用されます。 ダイヤルプランでは、ダイヤルパターンのいずれかに一致する通話のルーティングの選択肢(トランクかルートグループ)も指定します。 ダイヤルプランの一環として独自のダイヤルパターンを定義できます。 ダイヤルパターンはオンプレミスの内線を表しています。

  • ESN/オンネット番号

  • +E.164 パターン

  • SIP URI ドメイン

数値のダイヤルパターン

数値パターンでは E.164 番号かエンタープライズ番号を表すことができます。 E.164 番号のパターンでは先頭が + になり、その後に数字(1 ~ 9) の連続が続き、必要に応じてワイルドカード文字を付けることができます。

エンタープライズダイヤルパターン

エンタープライズダイヤルパターンは数字(1 ~ 9)の連続と、それに続くオプションのワイルドカード文字で表現されます。 有効なワイルドカード文字は ! (任意の数字の連続と一致)と X(1 つの数字(1 ~ 9)と一致)です。 ワイルドカード ! はパターンの末尾で 1 度だけ使用でき、E.164 パターンでしか使用できません。

エンタープライズダイヤルプランの例

+1408555XXXX

+1408555 で始まる 11 桁の +E.164 番号

+14085551234

+14085551234 と完全に一致するダイヤル文字列

+496100!

+496100 で始まるすべてのダイヤル文字列

84969XXX

84969 で始まる 8 桁の ESN

84969764

84969764 と完全に一致する 8 桁の ESN

SIP URI ダイヤルパターンの構文

ドメイン(@ の後の SIP URI の右側)だけが照合されます。 オプションは次のいずれかです。

  • 完全修飾ドメイン

  • 先頭が * のドメイン(指定したドメインのすべてのサブドメインを表す)

例:

SIP URI ダイヤルパターンの構文例

プレフィックス

意味

example.com

ホストの一部に「example.com」が含まれる URI のみ

alice@example.com

us.example.com

ホストの一部に「us.example.com」が含まれる URI のみ

alice@us.example.com

*.example.com

ホストの一部が「example.com」のサブドメインである URI

alice@eu.example.com

alice@sales.us.example.com

メモ: alice@example.com は一致とみなされません

トランクとルート グループを作成したら、Control Hub でダイヤル プランを構成できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] に移動します。

2

[ダイヤルプラン][ダイヤルプランを作成する] の順にクリックします。

3

ダイヤルプランの名前を入力します。

4

[ルーティングの選択肢] を選択します。

以前作成したトランクかルートグループを選択します。

5

(オプション)選択したルートの選択肢用に手動でダイヤルパターンを作成するか、インポートすることができます。

6

[保存] をクリックします。

次に行うこと

ダイヤルプランを作成した後にダイヤルパターンを一括で追加することもできます。 CSV ファイルを使ってダイヤルパターンを一括で追加するには、[ダイヤルプラン] 画面に移動し、編集するダイヤルプランの [アクション] ドロップダウンメニューを選択して [ダイヤルパターン CSV のインポート][ダイヤルパターン CSV のエクスポート] を選択します。 [テンプレートのダウンロード][CSV ファイルのインポート] を選択して [送信] をクリックします。

既存のダイヤル プラン名、ルーティングの選択肢、ダイヤル パターンを Control Hub で変更できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] > [ダイヤルプラン] に移動します。

2

変更するダイヤルプランを選択します。

3

サイドパネルで、ダイヤルプラン名の横にある アイコンをクリックしてダイヤルプランの名前を変更します。

4

ルーティングの選択肢を変更するには、ドロップダウンメニューから別のオプションを選択します。

5

新しいダイヤルパターンを手動で追加するには、[ダイヤルパターンの追加] をクリックします。 または、[CSV をインポート] をクリックしてダイヤルパターンを一括で追加します。

6

ダイヤルパターンを削除するには、削除するダイヤルパターンの横にある アイコンをクリックします。

7

[保存] をクリックします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] > [ダイヤルプラン] に移動します。

2

削除するダイヤルプランを選択します。

3

[アクション] ドロップダウンメニューから [ダイヤル プランの削除] をクリックします。

オンプレミス内線への通話設定は Control Hub で有効にできます。 この設定は PBX に登録されているロケーション内のユーザーに適用され、既存のトランクかルートグループを使って不明な内線(内線番号が 2 ~ 6 桁)を PBX にルーティングできます。

始める前に

オンプレミス内線への通話設定はロケーションごとに有効化されます。

この設定を使うことで、クラウドとオンプレミスが混在する環境でもダイヤル方法の一貫性を維持できます。 サイトの一部が Webex Calling に移行されている場合でも、ユーザーは引き続き (4 桁などの) 短縮番号を使用できます。

この設定を有効にすると、設定を有効にしたロケーションのユーザーが不明な内線番号(2 ~ 6 桁)に対して行った発信は、選択されたルート グループ/トランクにオンプレミス通話としてルーティングされます。

トランクを使用してルーティングされた不明な内線からの通話はプレミスの発信として扱われます。

既存のどのダイヤルプランパターンとも発信元 ID が一致しない場合、発信は不明な内線からのものであるとみなされます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス]>[Calling][ロケーション] に移動します。

2

変更するロケーションを選択します。

3

パネルで [内線ダイヤル] をクリックします。

4

[内線通話として、不明な内線をプレミスにルーティングする] の隣のボックスをオンにして、この設定を有効にします。

5

ドロップダウンメニューからルーティングの選択肢を選びます。

6

[保存] をクリックします。

Control Hub では、Webex Calling と顧客施設の間のコール ルーティング設定を構成できます。 これらの設定により、オンプレミス PBX に対するトランクとルート グループの使用時の不明な番号の扱い方、および Webex Calling と PBX 間でルーティングされる通話の発信者 ID 形式が決まります。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] > [Calling] > [サービス設定] に移動します。

2

[Webex Callingとプレミスの間のコール ルーティング] までスクロールし、不明な番号を処理する方法を選択します。

  • 標準動作は、オンプレミスの PBX との最適なレベルの相互運用を実現するためのデフォルトで、こちらが推奨されるオプションです。
  • レガシー動作(非推奨)は、レガシーローカルゲートウェイの動作に後方互換性を提供し、ダイヤルプランが組織に構成されている場合には推奨されません。

 

不明な番号の処理サービス設定は、ルーティング動作を保持するために、レガシー動作に設定されます。 この設定は、新しいコール ルーティング機能を利用するために変更できます(たとえば、ダイヤルプランやルートグループ)。

3

発信者 ID 形式を選択します。


 

+E.164 電話番号オプションを選択している場合、Webex Calling は E.164 番号である外部通話回線 ID (CLID) を選択します。 ESN (Enterprise Significant Number) オプションが選択された場合、Webex Calling は ESN である内部 CLID を選択します。

4

[保存] をクリックします。

Control Hub のコール ルーティング検証ツールには、次の機能が搭載されています。

  • ルーティングの決定を分析するための呼び出しのシミュレーション

  • 展開の設計および構成フェーズ中に役立つガイダンス

  • コール ルーティングの決定を含む Webex Analytics プラットフォームのイベント

  • インスタンスのトランクかルートグループのサポート

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] > [Calling] > [コール ルーティング] に移動します。

2

[コール ルーティングの検証] を選択します。

3

ドロップダウンメニューから、検証するユーザーまたはトランクを選択します。

4

番号または URI を入力します。

5

[ルーティング結果を表示] をクリックして、コール ルーティングを表示します。

例 1: マルチサイト PBX

展開の説明

  • 全米に 100 のサイトを持つエンタープライズ顧客

  • HA の 2 つのメインサイトにわたるメイン PBX を持つマルチサイト PBX 展開(または PBX のネットワーク)

  • 8 桁のエンタープライズダイヤルプラン: 8 + 3 桁のサイトコード + 4 桁の内線番号

  • 30 のサイトがオンプレミスのままで、70 のサイトが Webex Calling に移動。 PSTN は、2 つのメインサイトの SIP トランクを通じて、オンプレミスのまま

  • 混合サイトなし。 各サイトのユーザーは、すべてオンプレミスか、すべてクラウドに登録済み。

展開ソリューション

  • オンプレミスユーザーの通話を 2 つのトランクがあるルートグループにルーティングし、2 つのメインサイトの 2 つのローカルゲートウェイを終端とする、30 E.164 + 30 ESN パターンを持つシングルダイヤルプラン

例 2: 混合 Cloud-PBX サイト

展開の説明

  • 全米に 50 のサイトを持つエンタープライズ顧客: 10 の大規模サイトと 40 の小規模支店

  • 大規模なサイトでは PBX、支店ではキースイッチ

  • 7 桁のエンタープライズダイヤルプラン: 8 + 2 桁のサイトコード + 4 桁の内線番号

  • 支店では Webex Calling のみ、大規模サイトでは PBX からの移行に時間がかかる (Webex Calling ユーザーと PBX ユーザーが混在するサイト)。

  • すべてのクラウドユーザー向けのクラウドに接続された PSTN(プレミスユーザーは引き続き既存の PSTN を使用)

  • 各大規模サイトのクラウドおよび PBX ユーザーは、内線のみのダイヤル機能を保持する必要がある

展開ソリューション

  • 他のサイトから各 PBX に呼び出しをルーティングするためのダイヤルプラン。 また、各大規模サイトでは、サイトのローカルゲートウェイを終端とするトランクに通話をルーティングするようオンプレミス内線への通話を構成済み

トランク、ルートグループ、ダイヤルプランで構成可能な制限

説明

最大制限

CSV を使ってダイヤルプランにアップロードできるダイヤルパターン数

10000

ロケーションごとに構成できるトランク数

100

エンタープライズ顧客ごとのルートグループ数

10000

ルートグループ内で構成可能なトランク数

10

エンタープライズ顧客ごとに構成可能なダイヤルプラン数

10000

1 つのダイヤルプランで構成可能なダイヤルパターン数

10000