コールパーク拡張機能セットアップの手続き

コールパーク拡張機能は、同一の組織内のユーザー間でのコールのパークと取得に使用されます。これらの拡張機能は、ユーザーのモニタリング一覧に割り当てられ、物理的な端末に結びついてはいません。コールパーク拡張機能をセットアップするには、Cisco Commerce Workplace (CCW) の発注時に Place の資格を選択します。CCW はこれだけの使用であれば無料で利用できます。ユーザーおよび資格は Control Hub で設定してください。

コールバック拡張機能の回線状態は、あなたが設定した回線キーを表示します。例えば、回線キーがオフの場合、回線が利用できます。もし回線キーがオンの場合、コールがパークされます。コールパーク拡張機能は、メイン回線と共有回線の後に、Cisco IP 電話の回線キーのボタンと Multiplatform Firmware を表示します。

下記の手順を踏んでコールパーク拡張機能をセットアップしてください。

  1. CCW 発注手続き時に適切な注文を行ってください。

  2. お使いのコンピュータの組織にログインし、ユーザーを追加します。

  3. 下記の手順を踏んで、端末なしで Place を作成します。

  4. モニタリングをセットアップしてコールパーク拡張機能で使用してください。

端末なしで Place を作成する

1

Https://admin.webex.com で顧客に表示されるビューで、[Places] を選択し、次に [New Place] を選択します。

2

Place に名前を指定したら、[Next] を選択します。

3

[Other Cisco Webex device] を選んで、[Next] を選択します。

4

[Cisco Webex Calling] を選んで、[Next] を選択します。

5

拡張機能を追加したら [Next] を選択します。.

6

[X] をクリックして[Activation Code] ウィンドウを閉じてください。