Cisco Webex board, Desk Pros および Room シリーズデバイスのデジタルサイネージ

Web エンジンを使用する際のベストプラクティスに目を通して、Web エンジンのサポートされる機能と制限事項について詳しく学習してください。ウェブページで問題が発生した場合は 、トラブルシューティングのセクションを確認してください。

Cisco Webex Control Hub から直接デジタル信号をセットアップする

Webex Board またはルームシリーズのデバイスで、Web コンテンツの全画面表示が可能です。デジタル サイネージを使用すると、デバイスがハーフウェイク状態になると、Web ページを画面に表示することができます。

Cisco Webex Control Hubを使用して、デジタル信号を有効にするオプションの設定が可能です。

1 

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[デバイス] ページに移動して、リストから使用するデバイスをクリックします。


 

複数のデバイスでデジタル信号をセットアップする場合は、[複数のデバイス] を選択し、ツールバーの [設定の編集] をクリックします。

2

右側に表示されるパネルの [設定] の下にある [デジタル サイネージ] をクリックします。

3 

表示するウェブページの URLを入力して、対話機能をオンまたはオフに切り替えます。インタラクティブ モードは、Webex board でのみ動作することに注意してください。デジタル サイネージの有効化をオンに切り替えます。

4

[保存] を選択します。

デフォルトでは、デバイスがスタンバイ モードに入るまで、120 分間 Web ページが表示されます。

Web ポータルでのデジタル サイネージのセットアップ

また、デバイスの Web ポータルからデジタル サイネージを有効にして、さらに詳細なセットアップを行うこともできます。 Web インターフェイスにアクセスする方法については、詳細設定 の記事を参照してください。

まず、左側のメニューから [設定] を選択し、中央のペインの上部にある [設定] を選択します。 次の [設定] を選択します。

  • WebEngine > モード: Web エンジンを有効にするには、オンを選択します。

  • WebEngine > RemoteDebugging:Remotedebugging を使用すると、Chrome デベロッパー コンソールをラップトップで実行することができます。使用後は、必ず RemoteDebugging をオフ にしてください。詳細については、この記事のトラブルシューティングを参照してください。

次に、以下の設定を使用してデジタル サイネージを設定します。

  • スタンバイ > サイネージ > 音声: 音声はデフォルトで無効に設定されていますが、この設定を使用してオンにすることができます。音量は、 ビデオ システムの音量設定に従います。

  • スタンバイ > サイネージ > InteractiveMode: Web ページを操作できるようにするには、[Interactive] を選択します。[NonInteractive] を選択すると、Web ページ上で何かをタップしたときに、ユーザ はホーム画面に戻ります。対話型モードは、Webex Boards 上でのみ機能します。

  • スタンバイ > サイネージ > モード: Web ビューを有効にするには、オンにします。

  • スタンバイ > サイネージ > RefreshInterval: Web ビューは N 秒毎に更新されます。この設定は、Web ページ自体を更新できない場合に便利です。 この設定を対話型モードで使用することは推奨されません。

  • サイネージ > URL: 画面に表示する Web ページの URL を入力します。

デバイスがスタンバイモードに入る前に Web ページが画面に表示されるため、 スタンバイ設定 は以下の通り設定することが推奨されます。

  • スタンバイ > 制御: スタンバイの遅延がタイムアウトした際に、デバイスをスタンバイ モードにするには、オンに設定します。オフにすると、デバイス はスタンバイ モードになりません。

  • スタンバイ > 遅延 > 120: スタンバイ モードに入る前にデバイスが待機する時間(分単位)を定義します。タイマーは 120 に設定することを推奨します。

  • スタンバイ > WakeupOnMotionDetection: オフに設定されていると、モーション検知時のウェイクアップ機能が無効となります。オンに設定すると、人が入室すると、デバイスが自動的にスタンバイ状態 から起動します。