電話機には、電源供給から、ネットワーク接続、および卓上配置用のマウントまで必要な部品がすべて付属します。

電話機をネットワークに接続すると、電話機の起動プロセスが開始され、電話機がサーバに登録されます。

電話機は、接続されると、新しいファームウェアのロードを電話機にインストールする必要があるかどうかを判定します。

次の手順の概要を図で示したものについては、『Cisco IP 電話 8800 シリーズ インストール ガイド』を参照してください。

1

長くてまっすぐなハンドセット ケーブルの端を電話機に差し込み、もう一方の端をハンドセットに差し込みます。

2

ネットワークと電話機のネットワーク ポートをネットワーク ケーブルで接続します。

3

フットスタンドを取り付け、電話機の角度を調整します。

  1. コネクタをスロットに挿入します。

  2. コネクタがはまるまで、フットスタンドを押します。

  3. 電話機の角度を調節します。

4

外部電源に接続します。

5

電話機の起動プロセスをモニタします。この手順により、電話機が正しく設定されていることを確認できます。

6

最新のファームウェア イメージへの電話機のアップグレードを許可します。

7

電話機を使用してコールを発信し、電話機と機能が正常に動作することを確認します。