Webex Meetings での異なるロールとは?

Webex Meetings での異なるロールとは?

Webex Meetings での異なるロールと責任とは?

Webex Meetings での主催者のロールとは?

Webex Meetings での出席者ロールとは?

解決方法:

Webex Meetings 内には 3 つのロールがあり、それらについては以下で参照されています。 

  • 主催者ロール:  主催者は、セッションまたはセッションの録画のスケジュール、開始、および終了を行う人です。  主催者はセッションのほかの参加者にロールを割り当てることができます。  主催者ロールは、ライブ セッションで一度再割り当てすることができます。 
  • 共同主催者: 共同主催者のロールには主催者のロールと同様の権限が与えられるため、共同主催者の追加はミーティングの生産性向上に役立ちます。 主催者が遅れている、または出席できない場合は、共同主催者がミーティングを開始、管理できます。 共同主催者は、主催者のアシスタントとしてミーティング管理を手伝うことができ、大規模なミーティングの場合に役立ちます。
  • プレゼンタ―: ミーティングのプレゼンテーション、ホワイトボード、ドキュメント、アプリケーションを共有し、注釈することに責任をもちます。
  • メモ担当者: 1 人のメモ担当者は、ミーティング中の任意の時点にメモを公開したり、メモを含むミーティングの議事録をすべての参加者に送信することができます。
  • 字幕担当者: ミーティング中にリアルタイムに字幕を公開したり、すべての参加者に字幕を含む議事録を送信したりできます。
  • 出席者ロール:  セッションに出席している人で、まだプレゼンターまたは主催者として指定されていない任意の人。 出席者は、一般的にミーティング情報が提示される人です。
詳細については、以下のリンクを参照してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
関連の投稿記事 上矢印 開かれています