ウェビナーまたはウェブキャストをスケジュールする

始める前に

Webex Events (New) でのウェビナーとウェブキャスト モードの比較を参照して、ウェビナー モードまたはウェブキャスト モードのどちらで Webex Events (New) のイベントを主催するのが最適かを決定します。

1

Webex サイトにサインインし、[ミーティングをスケジュールする] の隣にあるドロップダウン矢印をクリックして、[イベントをスケジュール] を選択します。

2

[トピック][イベント パスワード]、および [日時] などのイベント情報を入力します。

3

ウェビナーまたはウェブキャストのいずれかを選択します。

4

イベントを円滑に進めるために、各分野の専門家としてパネリストを招待します。

5

[高度なオプションを表示] をクリックして、音声オプションのカスタマイズ、登録の要求練習セッションの実施などを行います。

ウェビナーまたはウェブキャストを開始する

Webex サイトにサインインし、[ミーティング] を選択し、イベントを見つけて、[開始] を選択します。

ウェブキャストを主催する場合は、ブロードキャストを開始する準備ができたら、[ウェブキャストを開始] をクリックし、ライブ配信 レイアウトを選択して、[ライブ配信] をクリックします。

ウェビナーまたはウェブキャストに参加する

ウェビナーまたはウェブキャストに招待されると、主催者から招待メールが送信されます。 招待からウェブキャストまたはウェビナーに登録して参加できます。

1

主催者から送信されたメールの招待を開きます。

2

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • 登録が必要な場合は、[登録] をクリックして名前とメール アドレスを入力し、登録が承認されて確認メールが届いたらメールを開きます。
  • 登録が不要な場合は、[イベントに参加] を選択し、名前とメールアドレスを入力して、[イベントに参加] をクリックします。

ウェブキャストに参加すると、ウェブキャストがブラウザで開きます。 主催者がブロードキャストのライブ配信を開始すると、ウェブキャストが開始されます。

Webex Events (新) のロール

ウェビナーまたはウェブキャストでできることは、割り当てられたロールによって異なります。 主催者と共同主催者は、イベント参加者にロールを割り当てて、インタラクティブで参加型のイベント体験を作り出せます。 各ロールに特有の権限と責任の詳細については、「Webex Events (新) でのウェビナーのロール」を参照してください。

主催者

主催者は、ウェビナーまたはウェブキャストをスケジュールおよび管理します。 参加者にロールを割り当ることができ、他のロールと同じ権限の多くを持っています。

共同主催者

共同主催者は、ホストと同じ権限の多くを持っています。 このため、主催者がウェビナーやウェブキャストを管理するのをサポートしたり、主催者が遅れた場合に開始したりできます。

パネリスト

パネリストは、ウェビナーまたはウェブキャストで講演する、分野の専門家です。 質問に答えたり、公開および非公開でチャットしたりして、ウェブキャストやウェビナーをモデレートできます。

プレゼンタ

プレゼンタは、ウェビナーまたはウェブキャストで講演する分野の専門家であり、すべてのイベント参加者とコンテンツを共有できます。

メモ担当者

メモ担当者は、今後参照できるイベント ノートを作成して公開したり、ウェビナーやウェブキャストに参加できなかった人々に要約を提供したりします。

出席者

出席者は、ウェビナーまたはウェブキャストに出席する参加者です。

音声に接続する

音声を接続して、出席者が声を聞けるようにできます。 ウェビナーまたはウェブキャスト中に、音声設定を調整し、自分自身をミュートおよびミュート解除する方法を説明します。

1

[プレビュー] ウィンドウの音声接続オプションをクリックします。

2

イベント音声に接続する方法を選択します。

  • コンピューターの音声を使用—ヘッドセットまたはスピーカーを装着したコンピューターを使用します。 これは、デフォルトの音声接続タイプです。

    ヘッドセット、スピーカー、およびマイクを変更することができます。

  • コール バック—ウェビナーまたはウェブキャストから発信する職場または自宅の番号を入力または選択します。

  • コール イン—ウェビナーまたはウェブキャストが開始されたら、電話からダイヤル インします。 国際コールイン番号のリストは、イベントに参加した後で利用できます。

  • 音声に接続しない—コンピューターまたは電話でウェビナーまたはウェブキャストの音声が聴こえなくなります。 イベントに参加しているが、コンテンツを共有するためにコンピューターを使用する場合はこのオプションを使用します。

3

自分の音声をミュートにしてウェビナーまたはウェブキャストに参加するには、[ミュート] をクリックします。

マイクがミュートされると [ミュート解除]が表示されます。 ウェビナーまたはウェブキャストで発言するときは、[ミュート解除]をクリックします。 スペースバーを押して、イベント中に一時的にミュートを解除することもできます。

出席者としてウェビナーに参加する場合は、ウェビナーに参加したときに自動的に音声がミュートされます。 主催者または共同主催者のみがミュートを解除できます。 ウェブキャストの出席者は音声に接続できません。

ビデオを開始します。

ビデオに接続して、出席者がウェビナーまたはウェブキャスト中にあなたを見ることができるようにします。

出席者は、ウェビナーまたはウェブキャストの前または最中にはビデオに接続できません。

1

ビデオをオフにしてイベントに参加するには、[ビデオの停止] をクリックします。

ビデオがオフのときには、[ビデオを開始]が表示されます。

2

ビデオを表示するときは、[ビデオを開始]をクリックします。

デフォルトでは、セルフ ビュー ビデオが [ミラービュー] に表示されます。 他のイベント参加者に表示されるのと同じように、自分のビデオで表示したい場合は、ミラー ビューをオフにします。

3

[イベントに参加] をクリックします。

コンテンツの共有

デバイスのコンテンツを共有して、ウェビナーとウェブキャストの参加者に情報を提供し、参加者の関心を高めます。 画面全体を他のユーザーと共有したり、共有するファイルやアプリケーションを選択したりして、その他のすべてのものを非公開にすることができます。


出席者は、自分のデバイスからウェビナーまたはウェブキャストの他の参加者にコンテンツを共有することはできません。

イベント コントロールで [共有]を選択して、参加者に共有するコンテンツを選択します。

コンテンツの共有

画面、アプリケーション、ファイル、またはホワイトボードを共有する方法の詳細については、「Webex Meetings および Webex Events でコンテンツを共有する」を参照してください。

ウェビナーまたはウェブキャストを録画する

あなたが開催するイベントはどれも重要です。 一部のチーム メンバーが参加できない、またはイベント中のスピーチの内容を記録しておきたい場合、イベントを録画して後ほど共有することができます。 録画には音声、ビデオ、プレゼンテーションが含まれます。

ウェビナーまたはウェブキャストをスケジュールするときに、開始時に自動録画が始まるようにできます。 サイト管理者がサイトの自動録画を有効にしている場合もあります。

ウェビナーまたはウェブキャストで、[録画]を選択し、[録画] をクリックします。

あなたと出席者には、録画インジケーター Webex Events (新) アプリの右上に表示されます。

ミーティングを終了すると録画リンクが記載されたメールが届きます。 録画は通常イベント終了後 24 時間以内に届きます。しかし、録画のサイズやサイトの帯域幅、その他の理由により時間がかかる場合があります。