安全性とパフォーマンスの情報

規制区域

この電話機の無線周波数(RF)は、特定の規制区域用に設定されます。 特定の規制区域の外部でこの電話機を使用すると、電話機は適切に機能せず、現地の規制に違反するおそれがあります。

外部デバイス

不要な無線周波数(RF)信号および可聴周波数(AF)信号を遮断する高品質の外部デバイスを使用することをお勧めします。 外部デバイスには、ヘッドセット、ケーブル、コネクタが含まれます。

これらのデバイスの品質や、携帯電話および双方向ラジオなど他のデバイスとの間隔によっては、雑音が入ることもあります。 その場合は、次の方法で対処することをお勧めします。
  • RF または AF の信号源から外部デバイスを離す。

  • RF または AF の信号源から外部デバイスのケーブルの経路を離す。

  • 外部デバイス用にシールドされたケーブルを使用するか、高品質なシールドおよびコネクタを備えたケーブルを使用する。

  • 外部デバイスのケーブルを短くする。

  • 外部デバイスのケーブルに、フェライトまたは同様のデバイスを適用する。

シスコでは、外部デバイス、ケーブル、およびコネクタのパフォーマンスを保証できません。


欧州連合諸国では、EMC Directive [89/336/EC] に完全に準拠した外部スピーカ、マイクロフォン、ヘッドセットだけを使用してください。

Bluetooth ヘッドセットのパフォーマンス

ヘッドセットが Bluetooth に対応している場合、Cisco IP 電話 は Bluetooth Class 2 テクノロジーをサポートします。 Bluetooth を使用すると、10 m(30 フィート)の範囲内で低帯域幅の無線接続が可能になります。 最大のパフォーマンスが得られるのは、1 ~ 2 m(3 ~ 6 フィート)の範囲内です。 ヘッドセットは 5 個まで接続できますが、最後に接続されたヘッドセットだけがデフォルトとして使用されます。

干渉の問題が発生する可能性があるため、802.11b/g デバイス、Bluetooth デバイス、電子レンジ、金属製の大きな物体は、ワイヤレス ヘッドセットから遠ざけてことをお勧めします。

Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットを、電話機から直接見える場所で使用する必要はありません。 ただし、壁やドアなどの障害物や、他の電子機器からの干渉により、接続が影響を受けることがあります。

UL 警告

デバイスに接続されたLAN/イーサネットケーブルは、屋外に延長させないでください。

製品ラベル

製品ラベルは、デバイス底で確認できます。

準拠宣言

EU への適合宣言

CE マーク

機器および包装に次の CE マークが貼付されています。

RF被曝の表明(EU)

このデバイスは EU EMF 指令 2014/53/EU の制限に従って評価され、準拠が確認されています。

アメリカへの適合宣言

FCC 準拠宣言

Federal Communications Commission(連邦通信委員会)は、次の記述に関する準拠に関する記述を要求します。

FCC Part 15.19 宣言

本機器は、FCC ルール Part 15 に準拠しています。 動作は次の 2 つの条件を前提としています。 (1)このデバイスは、有害な干渉を引き起こす可能性があります。また、(2)このデバイスは望ましくない動作を引き起こす可能性のある干渉を含む、すべての干渉を受け入れなければならない。

FCC Part 15.21 宣言

装置に対し、準拠に責任を負う関係者によって明示的に承認されていない変更または修正を加えると、ユーザがこの装置を使用する権利は無効になります。

FCC RF 被曝に関する宣言

この装置は、制御されていない環境に対して規定された FCC 被曝制限に準拠しています。 エンド ユーザは、特定の操作マニュアルに従い、RF 被曝に関する準拠事項を満たす必要があります。 このトランスミッタは、ユーザから 20 cm 以上離して使用する必要があり、他のアンテナまたはトランスミッタと同じ場所に配置したり、同時に操作したりすることはできません。

Part 15 無線デバイス

Part 15 に適合した無線デバイスは、当該周波数で動作する他のデバイスと干渉のない状態で動作します。 Cisco による明確な許可なしに製品への変更を行った場合(Ciscoが生産していないアンテナの使用を含む)、ユーザはこのデバイスの使用を禁止される可能性があります。

FCC レシーバーおよびクラス B デジタル装置に関する宣言

この製品はテスト済みであり、FCC ルール Part 15 に規定されたクラス B デジタル装置の仕様に準拠しています。 これらの制限は、住宅地で使用したときに、有害な干渉を防止する適切な保護を規定したものです。 この装置は、無線周波エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があり、手順に従って設置および使用しなかった場合、ラジオおよびテレビの受信障害が起こることがあります。 ただし、特定の設置条件において干渉が起きないことを保証するものではありません。

装置がラジオまたはテレビ受信に干渉する場合、装置のオン/オフを切り替えると干渉を確認できます。その場合は、次の方法で干渉が起きないようにしてください。

  • 受信アンテナの方向または場所を変更する。

  • 装置間の間隔を大きくする。

  • 装置をレシーバーとは別のコンセントに接続する。

  • 販売店または経験豊富なラジオまたは TV 技術者に支援を要請する。

適合宣言(カナダ)

このデバイスは、カナダ政府産業省のライセンス適用免除 RSS 規格に適合しています。 動作は次の 2 つの条件を前提としています。 (1)このデバイスは、干渉を引き起こす可能性があります。また、(2)このデバイスは、デバイスの望ましくない動作を引き起こす可能性がある干渉を含む、すべての干渉を受け入れなければならない。 この電話機を使用する場合、通信のプライバシーを確保できない可能性があります。

本製品は、該当する技術革新、科学および経済開発に関するカナダの技術仕様を満たしています。

Avis de Conformité Canadien

Cet appareil est conforme aux normes RSS exemptes de licence RSS d’Industry Canada. ル・フォンテニメント・デ・セト・アプタレイル・エスト・スーミス・ア・ダクスの条件: (1)セ・ペリフィジェリーク・ネ・ドイット・パス・コーズ・ド・コーズ・ d'interfenceence et(2)ce peryphique doit Supporter ・レ・インターフォランス、y は、セルの影響を受けやすい d'en-ーネ・アン・リファリネインメント非 込み込み de l'apperil を含む。 La protection des communications ne peut pas être assurée lors de l'utilisation de ce téléphone.

Le présent produit est conforme aux spécifications techniques applicables d'Innovation, Sciences et Développement économique Canada.

RF 被曝に関する宣言(カナダ)

このデバイスは、電波の被曝に関する ISED RSS-102 R5 で参照されている制限事項を満たしています。

お使いの装置には、無線送信機と受信機が含まれています。 装置は、カナダ保健省安全規則 6 を参照する RSS-102 で参照されている電波(無線周波電磁界)への暴露に関する一般大衆(非制御)の制限を超えないように設計され、年齢や健康に関係なく、すべての人の安全を確保するための十分な安全マージンが確保されています。

このため、システムは、エンド ユーザが直接アンテナに触れずに操作できるように設計されています。 ユーザまたはオペレータの全体的な暴露を減らすように設計されている規制のガイドラインに従って、指定されているユーザからの最低距離を確保できるようにアンテナを設置できる場所にシステムを配置することを推奨します。

デバイスには、無線認証プロセスの一部としてテストが実施され、該当する規制への準拠が確認されています。

Déclaration d'Exposition aux RF Canadienne

CE PÉRIPHÉRIQUE RESPECTE LES LIMITES DÉCRITES PAR LA NORME RSS-102 R5 D'EXPOSITION À DES ONDES RADIO

Votre appareil comprend un émetteur et un récepteur radio. Il est conçu pour ne pas dépasser les limites applicables à la population générale (ne faisant pas l'objet de contrôles périodiques) d'exposition à des ondes radio (champs électromagnétiques de fréquences radio) comme indiqué dans la norme RSS-102 qui sert de référence au règlement de sécurité n°6 sur l'état de santé du Canada et inclut une marge de sécurité importantes conçue pour garantir la sécurité de toutes les personnes、 quels que soient leur âge et état de santé.

En tant que tels、 les systèmes sont conçus pour être utilisés en évitant le contact avec les antennes par l'utilisateur final. Il est recommandé de positionner le système à un endroit où les antennes peuvent demeurer à au moins une distance minimum préconisée de l'utilisateur、 conformément aux instructions des réglementations qui sont conçues pour réduire l'exposition globale de l'utilisateur ou de l'opérateur.

Le périphérique a été testé et déclaré conforme aux réglementations applicables dans le cadre du processus de certification radio.

ニュージーランドへの適合宣言

接続許可(PTC)一般警告

端末装置の任意のアイテムに対するTelepermitの付与は、Spark NZがそのアイテムがネットワークへの接続のための最小条件を満たしていること認めたことを示しているに過ぎません。 それは Spark NZによる製品の保証を意味するものではなく、いかなる種類の保証も提供しません。 特に、ある品目が別のメーカーやモデルの Telepermit 許可済み装置と組み合わせてあらゆる局面で正常に動作することを保証するものではなく、ある製品が Spark NZ の全ネットワーク サービスと互換性があることを示すものでもありません。

PSTN と IP ネットワークの使用

インターネット プロトコル(IP)では、その特性上、各データ パケットが編成されてから、アドレス指定されるため、音声信号に遅延が生じます。 Spark NZ アクセス標準では、PSTN との間のコールにこの技術を使用する供給者、設計者、設置者は、ネットワークを設計する際に ITU E Model 要件を参照することを推奨しています。 全体の目標は、特に、すでに長時間の遅延が生じているセルラー ネットワークや国際的ネットワーク経由のコールの遅延、歪み、およびその他の送信障害を最小限に抑えることです。

PSTN 経由の音声圧縮の使用

セルラー ネットワークや国際的ネットワークで発呼する場合、長時間の遅延が発生しますが、その一部は音声圧縮技術の使用によって引き起こされているものです。 このため、Spark NZ アクセス標準では PSTN では G711 音声技術の使用のみを承認することになります。 G729 とそのすべてのバリアントは「ほぼ瞬間的に」音声信号の遅延を発生させると見なされているのに対して、G711 は「瞬間的な発話エンコーディング テクニック」です。

Echo キャンセリング

CPE 反射減衰量が Telepermit 制限内で維持される地理的遅延は許容されるため、通常、Spark NZ PSTN 内ではエコーキャンセラは必要ありません。 ただし、Voice over IP(VoIP)技術を利用するプライベート ネットワークでは、すべての音声通話でエコー キャンセレーションを提供する必要があります。 音声と VoIP の変換遅延と、IP ルーティング遅延の影響が組み合わさることで、64 mS のエコー キャンセレーション時間が必要となる場合があります。

適合情報(日本)

クラス B 機器の VCCI コンプライアンス

JATE コンプライアンス(JATE)の HS-980

適合宣言(台湾)

DGT の警告宣言

適合宣言(アルゼンチン)

Advertencia

No utilizar una fuente de alimentación con caracteristícas distintas a las expresadas ya que podría ser peligroso.

適合宣言(シンガポール)

IMDA 標準 DB101992 に準拠