ネットワークインフラストラクチャで Power over Ethernet (PoE) が提供されている場合, PoE インジェクタは不要です。タッチコントローラは、PoE 規格のイーサネットケーブルを使用して壁ソケット(イーサネットスイッチ)に直接接続できます。安全のために、PoE 電源はタッチコントローラと同じ建物に存在する必要があります。PoE 規格のイーサネット ケーブルは最大 100m (330 フィート)です。

ルームデバイスまたは Board がタッチコントローラの利用可能なデバイスのリストに表示されます。

  • ルームデバイスまたは Board およびタッチコントローラが同じサブネット上にある必要があります。

  • ルームデバイスまたは Board は、直近の 10 分間に再起動されている必要があります。ルーム デバイスがリストに表示されていない場合は、再起動を試みてください。


  • タッチコントローラの Webex Board へのネットワーク経由の接続は、1 台のみです。

  • Touch 10 は MX シリーズ、SX シリーズ、Room シリーズ、Webex Boards でサポートされています。

  • Room Navigator は、Room Series、Board 55S、Board 70S、Board 85S でサポートされています。

1 

https: /​/​admin.webex.com の顧客ビューから、[デバイス] ページに移動し、リスト内のデバイスを選択します。デバイスの詳細ペインで下にスクロールし [Web Portal の起動(Launch Web Portal)] をクリックします。


 
デバイスが登録されていない場合、または工場出荷時の状態にリセットされている場合は、ステップ 1 とステップ 2 をスキップすることができます。
2

ローカル Web インターフェイスで、セキュリティ > ユーザーに移動します。新規ユーザーの追加をクリックして、タッチコントローラに接続する新しいユーザーを作成します。これを実行するには、管理者ユーザの役割が必要となります。

3

タッチコントローラの設置ガイドの説明に従って、タッチコントローラとルームデバイスまたは Webex Board をネットワークウォールソケットまたはネットワークスイッチに接続します。

4

タッチコントローラスクリーンの、画面の指示に従います。「ルームデバイスを選択する」画面が表示されると、利用できるデバイスのリストが表示されます。接続するデバイスをタップします。

デバイスがリストに記載されていない場合は、入力フィールドにデバイスの IP アドレスを入力します。[接続(Connect)] をタップします。

タッチコントローラにソフトウェアのアップグレードが必要な場合、新しいソフトウェアがルームデバイスまたは Board からダウンロードされ、タッチコントローラに自動的にインストールされます。アップグレード後にタッチコントローラーが再起動します。

5

ユーザ名と作成したパスフレーズでログインして、接続を開始します。

デバイスが登録されていない場合は、デフォルトのユーザ名であるadminをパスフレーズなしで使用してください。[ログイン] をタップし、初回設定を続行します。

6

タッチコントローラに接続する一時ユーザを作成した場合は、ローカル Web インターフェイスに戻り、ユーザを削除します。