他社の電話会議を含む Cisco Webex ミーティングを録画する

別の電話会議音声サービスを使用するミーティングを録画できるため、ミーティングの内容をキャプチャおよびレビューできます。

このタスクについて

他社の電話会議サービスを使用するミーティングを録画することは可能です。しかし、他のサービスを使用する場合、それが確実に録画サービスに接続されていることを確かめてください。 他社の電話会議サービスが録画サービスに適切に接続されていない場合、あなたの録画には音声が含まれません。

  

優れた結果を出すには、ミーティングの録音に Cisco Webex 音声を使用することをお勧めします あなたのミーティングで他社の電話会議サービスを指定した場合、その音声接続と品質は、その他社の電話会議サービスに依存し、Webex ミーティングサービスの制御下ではなくなります。

ミーティングの録画に他社の電話会議サービスの使用を考えている場合は、次の手順に沿って、その電話会議があなたの録画に含まれているかを確認する必要があります。

まだ他社の電話会議に接続されていない場合は、Webex レコーダー (サーバー上の録画) 設定 ウィザードが現れます。

    1 他社の電話会議を録音するを選択します。
    2 [次へ] を選択します。 ウィザードの次のページが表示されます。
    3 あなたの電話会議サービスのこれらの情報を指定します:
    • (必須) ダイヤルイン番号: あなたの電話会議サービスに接続するためのダイヤル番号です。 番号に - — () などの文字は使用することはできません。
    • グリーティング メッセージのスキップ番号 あなたが電話会議サービスにコールインする際に音声のグリーティングをスキップするために使用されるキーまたは番号です。
    • ユーザー ID の前に一時停止: ユーザー ID の入力が求められるまでの待ち時間の秒数です。 
メモ: グリーティングのスキップを選択している場合、待ち時間が短くなります。
    • (必須) ユーザー ID: 電話会議サービスのあなたのユーザー ID です。 あなたのユーザー ID の後にキーを押すよう要求されている場合は、それも必ず含めます。 電話会議サービスにより、ユーザー ID は PIN 番号、電話会議 ID、ミーティング番号、アクセスコードなどと呼ばれる場合があります。
    • ユーザー PIN の前に一時停止: 最後のキーの入力が終了してから PIN 番号の入力あるいは 2 つ目のユーザー ID が要求されるまでの間の待ち時間が必要な場合は、その長さを指定します。
    • ユーザー PIN: あなたのユーザー個人認証番号 (PIN) または 2 つ目のユーザー ID です(持っている場合)。 電話会議サービスによっては、PIN は、PIN 番号、ユーザー ID、電話会議 ID、ミーティング番号、アクセスコードなどと呼ばれる場合があります。
    4 [次へ] を選択します。 システムが他社の電話会議サービスへの接続を試みます。 設定ウィザードページの上部にメッセージが表示され、接続が正常かどうかをあなたに知らせます。
    5 設定ウィザードにあるガイドラインに従い接続が正常かどうかを確認します。
    6 設定ページの上部に表示されるメッセージが接続が正常であることを示し、グリーティングが流れてきた場合、[録画を開始] を選択してあなたのミーティングを録画し、電話会議を録音してください。

    この投稿記事は役に立ちましたか?