概要

Webex は VMware Workspace ONE Unified Endpoint Management (UEM) などのモバイル デバイス管理 (MDM) ツールとのインテグレーションをサポートします。 これらのツールを使用すると、組織で展開されているモバイル アプリケーションへのアクセスの事前設定、構成、コントロールができます。 管理者が組織で使用される会社のモバイル デバイスを監視、管理、保護することもできます。

Workspace ONE UEM を使うと、個人所有のデバイス (BYOD) や企業の電話で Webex を登録・管理できます。

このドキュメントでは、Webex (iOS または Android 用) を Workspace ONE UEM アプリ カタログにインポートしてアプリを設定し、ユーザーに配布する方法を説明します。

前提条件

  • Workspace ONE UEM 管理者アカウントが必要です。

  • Webex 管理者アカウントが必要です。

  • Android または iOS デバイスが登録されており、組織のセキュリティ ポリシーに準拠している必要があります。

  • ユーザーは、Webex 組織 (Control Hub) でプロビジョニングされている必要があります。

    Control Hub の組織にユーザーを追加する方法」を参照してください。

1

https://[orgname].awmdm.com/ を使用して、Workspace ONE UEM コンソールにログインします。orgname には組織に割り当てられた名前が指定されています。

2

左のペインから [アプリとブック] をクリックして、リスト ビュー ページを開きます。

3

[パブリック] タブに移動して、[アプリケーションの追加] をクリックします。

4

[アプリケーションの追加] をクリックし、次の情報を入力します。

  • プラットフォーム - Android
  • ソース - Appstore の検索
  • 名前 - Cisco Webex
5

[次へ] をクリックし、Webex アプリと必要な権限を承認します。

6

[アプリケーションの編集 - Webex] ページから、[保存して割り当て] をクリックします。

7

[Webex 割り当て] ページが表示されたら、[割り当てグループ] および [アプリの配信方法] の値を選択します。

8

[Webex – 割り当て] ページから [アプリケーションの構成] をクリックし、[構成の送信] オプションを有効にしてから、Webex アプリに適用する [アプリの構成] パラメータを選択し[作成] をクリックします。

表 1. Workspace ONE の Android 設定用 Webex アプリ構成パラメータ
設定名 説明
FedRAMP のログインの強制 ボックスにチェックを入れる / またはクリアする チェックすると、Android ユーザーは政府機関の顧客向けの Webex 専用クラスターにサインインするよう指示されます。
MDM 画面ロックの強制 ボックスにチェックを入れる / またはクリアする チェックすると、Android ユーザーのロック画面の要件を有効にします。
MDM 組織 ID Control Hub の [アカウント] > [組織 ID] からコピーする Webex の組織 ID を、Webex アプリの起動時に使用する一意の識別子として設定します。
メール アドレスを挿入できる変数 ${userEmailAddress}

EMM サーバーがユーザーのサインイン時にメール アドレスを事前に入力することを許可します。

メール アドレスの変数を userEmailAddress Webex の変数にマッピングすることで login_hint サインインする際にユーザーのメール アドレスを事前に入力します。

ログイン用 WebView ボックスにチェックを入れる / またはクリアする チェックすると、認証サインインのフローに WebView を使用することができます。
9

割り当ての [保存] をクリックし、[公開] して、Webex アプリをそのグループの Android デバイスに配布します。

Webex アプリに、既存の設定済みの Android プロファイルを使用できますが、まだ作成していない場合は、次の手順に従って新しいプロファイルを作成してください。

1

Workspace ONE UEM コンソールで、[デバイス] > [プロファイルとリソース] に進みます。

2

[追加] > [プロファイルの追加] をクリックします。

3

[プロファイルの追加] ページが表示されたら、Android をプラットフォームとして選択します。

4

[新しいプロファイル設定] で、[制限] までスクロールし、仕事用アプリケーションとパーソナルアプリケーションの制限を選択します。

詳細については、この記事の「サポートされている制限」セクションを参照してください。

1

左のペインから [アプリとブック] をクリックして、リスト ビュー ページを開きます。

2

[パブリック] タブに移動して、[アプリケーションの追加] をクリックします。

3

次の情報を入力します。

  • プラットフォーム - Apple iOS
  • ソース - Appstore の検索
  • 名前 - Cisco Webex
4

[次へ] をクリック し [Cisco Webex] を選択すると、[アプリケーションの追加 - Webex] ページが表示されます。

5

[保存して割り当て] をクリックします。

6

[Webex – 割り当て] で、[配布] をクリック し、Webex ユーザー [割り当てグループ] を選択します。

7

[アプリケーションの構成] をクリック し、[構成の送信] を有効にします。

8

アプリの構成パラメータを入力します:

構成キー 値の種類 構成値 説明
copyAndPasteDisabled ブール値 ○(はい) Webex アプリから管理されていない他のアプリへのコピーを無効にします
login_hint ブール値 メール アドレス メールアドレス変数 userEmailAddresslogin_hint Webex 変数にマッピングして、サインインの際にユーザーのメール アドレスを事前入力します
pinLockDuration 整数 「数字」で秒数を設定 Webex アプリがアイドル状態となりロック画面を表示するまでの時間を秒単位で定義します。
fedRampEnabled ブール値 ○(はい) 許可されたモバイル ユーザーのみ、Webex FedRamp クラスターにログインできます
9

割り当ての [作成] をクリックし、ユーザーのモバイルデバイスに保存して公開します。

パスコード/TouchID

ユーザーにパスコードまたは TouchID を許可します。 ユーザーは、モバイルデバイスから Webex アプリを起動するときに、パスコードの入力を求められます。

PIN の最大試行回数

誤った PIN 入力を許容する最大回数を定義します。

Managed Open-In/ドキュメント共有

Webex アプリからポリシー管理された他のアプリへのドキュメントの共有を許可します。

アプリでのバックアップを禁止

ユーザーが Android/iOS のバックアップ サービスに Webex アプリ データを保存できないようにします。

スクリーン キャプチャを無効化

(Android) スクリーン キャプチャと Google アシスタント機能をブロックします。

iOS ユーザーの場合、この制限は OS レベルで設定されます。

リモートでアプリを消去

リモートでモバイル デバイスの Webex アプリを削除できます。

コピー アンド ペーストを無効化

Webex と他の管理されていないアプリの間で、ユーザーがコピー アンド ペーストを使用できないようにします。 ただし、他の企業ポリシー管理対象アプリケーションとのコピーアンドペーストを許可することはできます。