録画エディターのダウンロード

NBR(ネットワーク録画)ファイルを編集することはできません。しかし、shusaisha ha録画の開始と終了時間を切り捨てることができ、表示するパネルをコントロールすることもできます。 NBR ファイルはまた、WMV、MP4、フラッシュ形式にエクスポートし、その後 Windows Movie Maker などのサード パーティのエディタでも編集できます。

スケジューリングを始める前に

この記事は Enterprise プランにのみ適用されます。

1

Webex サイトにサインインし、[サポート] > [ダウンロード] に移動します。

2

[レコーダーとプレーヤー] までスクロールして [録画と再生] を選択します。

3

[Webex レコーダー] まで下方へスクロールして [ダウンロード] を選択し、プロンプトに従います。

Webex 録画エディターはこれです。

1

[すべてのアプリ] > [Webex] > [Webex レコーダーとプレーヤー] > [Webex 録画エディター] の順にクリックします。

2

[ファイル] > [開く] を選択します。

3

編集するファイルを選択し、[開く] をクリックします。

Webex 録画エディターを使えば、次のように録画を編集することができます。

終了番号

クリック

再生の開始

一時停止と再開

再生を停止する

現在位置から 10 秒巻き戻された位置に移動し、再生が始まります。

前のセグメントの開始位置のマーカーに移動し、再生が始まります。 セグメントが指定されていない場合は無効になります。

次のセグメントの開始位置のマーカーに移動し、再生が始まります。 セグメントが指定されていない場合は無効になります。

現在位置から 10 秒早送りされた位置に移動し、再生が始まります。

音量の調整

オーディオのオンオフ

Webex 録画エディターで録画を開き、次の操作を行います。

選択方法

次の手順に従います

10秒スナップショット

ビデオまたは音声のトラックでサムネイルスライドをクリックします。

録画

クリックしてビデオまたはオーディオのトラックにドロップします。

現在の位置インジケータ

この [現在の位置] インジケータとは、その位置のデータがビューアに表示されている録画のタイムライン上の位置です。

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • タイムライン上で希望の位置をダブルクリックします。

  • マーカーを右クリックし、[現在位置に設定] を選択します。

  • スナップショットまたはセグメントを選択し、[コントロール] > [現在位置に設定] を選択します。

定義されたセグメント

指定セグメントより上のマーカーエリア内の好きな位置をクリックします。

ビデオのみ、または音声のみを選択します。

選択解除したいトラックのトラックセレクタを選択します。 これによりその他のトラックがアクティブになります。

1

Webex 録画エディターで録画を開いたら、ビデオまたは音声のトラックをクリックします。 追加したい先のフレーム、または編集したい音声のフレームをカーソルでドラッグします。

2

[編集] > [音声のダビング] の順に選択します。

3

[開始] および [終了] の時間を確認します。

4

以下のいずれかの作業を行ってください。

オプション 説明
音声を録音するには
  1. [マイク] を選択します。

  2. [録画] をクリックし、音声を録音します。

  3. 完了したら、[停止] を選択します。

音声ファイルを挿入するには

  1. [外部オーディオファイル (WAV)] を選択します。

  2. [参照] をクリックし、挿入する .wav ファイルを選択します。

5

[OK] をクリックします。

6

[再生] をクリックしてオーディオを確認します。

1

Webex 録画エディターで録画を開いたら再生します。 経過時間インジケータを使用して削除するコンテンツ箇所の最初と最後の位置を指定します。

2

再生を停止します。 ビデオまたは音声のトラック内で削除する箇所をクリックしてからドラッグします。

3

[編集] > [削除] を選択します。

4

録画の開始と終了の時間を調整し、[OK] をクリックします。

1

Webex 録画エディターで録画を開いたら、ビデオまたは音声のトラックをクリックしてドラッグし、定義するおおよそのセグメントを選択します。

2

[セグメント] > [セグメントの定義] に移動します。

3

セグメントの名前を入力します。 この名前は、[コントロール] > [セグメント] > [移動] の順に選択すると、Webex プレーヤーに表示されます。

4

必要に応じて開始と終了の時間を調整します。 タイムボックスで時間を調整するための矢印ボタンを使用するには、まずタイムボックス内をクリックします。

5

[OK] をクリックします。

1

Webex 録画エディターで録画を開いたら、別の場所に移動するセグメントを選択します。

2

[編集] > [切り取り] を選択します。

3

現在位置インジケータを移動先のセグメントに移動します。

4

[編集] > [貼り付け] を選択します。

Webex 録画ファイル(WRF)全体を別の録画に挿入できます。

1

Webex 録画エディターで次のいずれかの操作を行います。

  • 特定のスナップショットの右に録画を挿入する場合は、タイムライン上でスナップショットを選択します。
  • タイムライン上の指定位置に録画を挿入する場合、[現在の位置] インジケータをその位置に移動します。
2

[編集] > [録画の挿入] に移動します。

3

必要な場合は、挿入時間を調整します。 タイムボックスで時間を調整するための矢印ボタンを使用するには、まずタイムボックス内をクリックします。

4

[ファイルを選択] を選択し、録画に挿入する Webex 録画ファイル(WRF)を見つけて [開く] を選択します。