サポートされている機能

ウェブ ブラウザーは、標準 Chromium ブラウザーをベースにしています。 次の機能が使用可能です。

  • HTML5

  • EcmaScript 6

  • CSS3

  • ウェブ フォント

  • マルチタッチ

  • SVG

  • Canvas

  • Iframes

  • ウェブ ソケット

  • ウェブ アセンブリ

  • ウェブ ワーカー

  • WebGL: WebGL は試験的機能であり、将来変化する可能性があります。 WebGL はデフォルトで無効になっていますが、デバイスのローカル ウェブ インターフェイスで有効にできます。

    左側のメニューから [設定] を選択します。 [設定] で次を選択します: [WebEngine] > [機能] > [WebGL]: オンにする。

制限事項

以下の機能は現在サポートされていません。

  • PDF

  • パスワード マネージャ (Flash など)

  • ファイルのダウンロードとアップロード

  • 通知


サポートされているウェブ ウィンドウまたはタブは 1 つのみです。 ウェブ ページが新しいウィンドウまたはタブでページを開こうとすると、既存のページに置き換えます。

トラブルシューティング

ウェブ ページで問題が発生した場合は、デバイスのウェブ ポータルから [RemoteDebugging] をオンにできます。 左のメニューから [設定] を選択し、中央のペインの上部から [構成] を選択します。 さらに次のいずれかを、選択します。

  • WebEngine > RemoteDebugging: RemoteDebugging では、ラップトップで Chrome デベロッパー コンソールを実行できます。 使用後に RemoteDebugging をオフにしてください。 RemoteDebugging では、Chrome 開発者コンソールにアクセスし、ウェブ ページで潜在的な問題を識別できます。 有効な場合、バナーが画面の一番下に表示され、監視対象のユーザーに警告します。 バナーには、ローカルの Chrome ブラウザに入力し、デベロッパー用コンソールを開くことができる URL も表示されます。

  • ウェブ ページがサポートされていない場合、デバイスは通常のハーフ ウェイク モードに直接進み、ウェブ ページを表示する代わりに行います。 左側のメニューから [問題と診断] を選択することにより、デバイスのウェブ ポータルで詳細な情報を確認できます。

  • 設定されたプロキシは、ウェブ エンジンを含む、システムによって使用される全リクエストに使用されます。 ウェブ エンジンはカスタム アップロードされた証明書を使用しない点に注意してください。 特定のウェブ ページの表示に問題がある場合、システム プロキシ設定を確認してください。