概要

Webex は IBM Security MaaS360® などのモバイル デバイス管理 (MDM) ツールとのインテグレーションをサポートしています。 これらのツールを使用すると、組織で展開されているモバイル アプリケーションへのアクセスの事前設定、構成、コントロールができます。 管理者が組織で使用される会社のモバイル デバイスを監視、管理、保護することもできます。

MaaS360 を使用して、個人所有のデバイス (BYOD) や企業の電話で Webex を登録・管理できます。

このドキュメントでは、Webex アプリ (iOS または Android 用) を MaaS360 アプリ カタログにインポートしてアプリを設定し、ユーザーに配布する方法を説明しています。

前提条件

  • MaaS360 管理者アカウントが必要です。

  • Webex 管理者アカウントが必要です。

  • Android または iOS デバイスが登録されており、組織のセキュリティ ポリシーに準拠している必要があります。

  • ユーザーは Webex 組織 (Control Hub) でプロビジョニングされている必要があります。

    Control Hub の組織にユーザーを追加する方法」を参照してください。

1

https://login.maas360.com で MaaS360 ポータルにサインインします。

2

[アプリ][カタログ] の順にクリックします。

3

[追加] > [Android] をクリックし、[Google Play アプリ] を選択します。

4

「Cisco Webex」を検索します。

複数の Cisco アプリが表示される場合があります。「Cisco Webex」という名前のものを選択します。

5

[Webex アプリを選択して承認] をクリックします (組織用のアプリを承認します)。

6

[アプリの権限] を許可します (アプリのデフォルトの権限を承認します)。

これでアプリが承認され、アプリ カタログに表示されます。

7

[アプリ] > [アプリ カタログ] に移動します。

8

[Webex] を見つけ、[配布] をクリックします。

Webex アプリは選択したユーザーのデバイスにインストールされます。

1

MaaS360 ポータルで[セキュリティ] > [ポリシー管理] > [ポリシー] に移動します。

2

[ポリシーの追加] をクリックし、次の値を入力/選択します。

  • 名前 (例: Webex for Android) および 説明 (例: Collaboration app) を入力します。

  • [タイプ] では、[Android MDM] を選択します。

  • [開始元] では、[ビジネス テンプレート ベースのポリシー] を選択します。

  • [ビジネス ユースケース] では、[BYOD] または [会社所有] を選択します (このポリシーで管理するデバイスによって異なります)。

3

[続行] をクリックします。

4

新しいポリシーの [セキュリティ] ページ と [制限] ページを開いて、アプリを構成します。

(これらのページで選択できる内容については、この記事のサポートされている制限に関するトピックを参照してください)

1

https://login.maas360.com で MaaS360 ポータルにサインインします。

2

[アプリ][カタログ] の順にクリックします。

3

[追加] > [iOS] をクリックし、[iTunes App Store アプリ] を選択します。

4

「Webex」を検索して選択し、[追加] をクリックします。

複数の Cisco アプリが表示される場合があります。「Webex」という名前のものを選択します。

5

[アプリ][アプリ カタログ] の順にクリックします。

6

[Webex] (iOS 版) を選択します。

7

[インストール設定] を開き、[自動的に更新] をオンにします。

8

[セキュリティ ポリシー]を開き、iOS デバイスで Webex に対して有効にするポリシーを確認します。

  • [iTunes へのデータのバックアップを制限] は、iTunes ストアへの Webex のバックアップがブロックされます。

  • [配布停止時に VPP ライセンスを削除] は、MaaS360 ポータルから Webex アプリを削除するか、配布を停止すると、VPP (ボリューム購入プログラム) ライセンスが失効します。

  • [MDM コントロール解除時に削除] は、デバイスの MDM コントロールを停止すると、ユーザーのモバイルから Webex アプリが自動的に削除されます。

  • [配布停止時に削除] は、グループへの配布を停止すると、ユーザーのモバイルから Webex アプリが自動的に削除されます。

  • [選択的ワイプ時に削除] は、デバイスに選択的ワイプを発行すると、ユーザーのモバイルから Webex アプリが削除されます。

  • [ユーザーによるアンインストールを制限] は、ユーザーがモバイルから Webex アプリをアンインストールできないようにします。

9

下にスクロールして [アプリの構成] を開き、[構成を追加] をクリックします。

新しい Webex 構成ページが開き、[構成] タブが表示されます。
10

[AppConfig コミュニティ] を選択し、必要に応じて以下の設定を変更します。

  • [画面ロック時間] (秒) は、画面がロックされるまでの非アクティブ時間 (フォアグラウンドの Webex アプリ) を定義します。

  • [アプリケーションのコピーと貼り付けを無効化] は、Webex からのコピーと、ユーザーのモバイル デバイスで実行中の個人のアプリケーションへの貼り付けをブロックします。 ただし、Webex から他の管理対象アプリケーションにコピーすることはできます。

  • [メール アドレスを挿入できる変数] は、Webex へのログイン時にユーザーのメール アドレスが MaaS360 によって事前入力されます。

11

ページの上部の近くにある [配布] タブを開きます。

12

Webex ユーザー グループを選択し、[公開] をクリックすると、そのグループの iOS デバイスに Webex アプリが配布されます。

1

MaaS360 ポータルで[セキュリティ] > [ポリシー管理] > [ポリシー] に移動します。

2

[ポリシーの追加] をクリックし、次の値を入力/選択します。

  • 名前 (例: Webex for iOS) および 説明 (例: Collaboration app) を入力します。

  • [タイプ][iOS MDM] を選択します。

  • [開始元] では、[ビジネス テンプレート ベースのポリシー] を選択します。

  • [ビジネス ユースケース] では、[BYOD] または [会社所有] を選択します (このポリシーで管理するデバイスによって異なります)。

3

[続行] をクリックします。

4

新しいポリシーの [セキュリティ] ページ と [制限] ページを開いて、アプリを構成します。

(これらのページで選択できる内容については、この記事のサポートされている制限に関するトピックを参照してください)

パスコード/TouchID

ユーザーにパスコードまたは TouchID を許可します。 ユーザーは、モバイルデバイスから Webex アプリを起動するときに、パスコードの入力を求められます。

PIN の最大試行回数

誤った PIN 入力を許容する最大回数を定義します。

Managed Open-In/ドキュメント共有

Webex アプリからポリシー管理された他のアプリへのドキュメントの共有を許可します。

アプリでのバックアップを禁止

ユーザーが Android/iOS のバックアップ サービスに Webex データを保存できないようにします。

スクリーン キャプチャを無効化

(Android) スクリーン キャプチャと Google アシスタント機能をブロックします。

iOS ユーザーの場合、この制限は OS レベルで設定されます。

リモートでアプリを消去

管理者がモバイル デバイスから Webex をリモートでワイプできるようにします。

コピー アンド ペーストを無効化

ユーザーが Webex と他の管理されていないアプリの間でコピー アンド ペーストを使用できないようにします。 ただし、他の企業ポリシー管理対象アプリケーションとのコピーアンドペーストを許可することはできます。