デバイスのリスニングモードは、ウェイクワード「OK Webex」が検出されるとトリガーされます。 スリープ解除はリスニングモードでトグルします。 そうでない場合は、リスニングモードがオフになっています。 マイクは、Webex アシスタントペインがアクティブで、画面に「聞き取り」記号が表示されているときにのみ、デバイスからの音声をストリーミングします。

音声データはデバイス上で収集され、音声認識サービスにストリーミング配信します。 データはどこにも保存されず、処理中にのみ使用されます。 音声データが音声認識サービスにストリーミングされると、暗号化され、HTTPS 経由で送信されるようになります。

デバイスとセキュリティの Webex アシスタントの詳細については、セキュリティホワイトペーパーを参照して https://www.cisco.com/c/en/us/solutions/collateral/collaboration/white-paper-c11-742369.html#WebexAssistantください。