以下の各セクションに従って、カメラのファームウェアをアップグレードします。

シスコ アクセサリ ハブでは、Google Chrome の Web ブラウザからカメラのファームウェアをアップグレードできます。ツールがカメラ モデルと現在のファームウェア バージョンを自動的にチェックし、新しいバージョンが利用可能な場合にカメラをアップグレードするオプションを提供します。

シスコ アクセサリ ハブを使用して、ローカル ファームウェア ファイルで カメラをアップグレードすることができます。


シスコ アクセサリ ハブは、Google Chrome バージョン 68 以降でのみ使用できます。

はじめる前に

カメラを使用する可能性があるアプリを閉じます。

1 

カメラをコンピュータに接続します。

2 

Web ブラウザで https://upgrade.cisco.com/accessories に移動します。

3 

画面上の指示に従います。

カメラのファームウェアを最新の状態に保ち、最新の機能を利用できます。

Cisco Webex Desk Camera アプリ では、ローカル ファームウェア ファイルを使用してカメラをアップグレードできます。

はじめる前に

カメラを使用する可能性があるアプリを閉じます。

1 

Cisco Webex Desk Camera アプリを開きます。

2 

Cisco Webex Desk Carmera > カメラ情報をクリックします。

3 

[ファームウェアのダウンロード] をクリックして、最新のファームウェアをローカル ドライブにダウンロードして保存します。

現在のファームウェアが最新の場合、[ファームウェアのダウンロード] ボタンは非アクティブです。

また、ファームウェアは https://software.cisco.com/download/home/284711383 からダウンロードできます。ダウンロード後、ファイルを解凍します。

4

[基本] タブの [ファームウェアのアップグレード] にある [ファイルの選択] をクリックします。

5 

ローカル ドライブ上のファームウェア ファイルを選択します。

間違ったファームウェア ファイルをアップロードした場合は、[削除] をクリックして削除し、適切なファイルをアップロードします。

6 

[アップグレード] をクリックしてアップグレードを開始します。


 

アップグレード中はカメラをコンピュータに接続してください。

7 

アップグレードが完了したら、カメラが再起動するまで 1 分間待ちます。