サポートされる機能

Web ブラウザは標準の Chrome ブラウザに基づいています。次の機能を使用できます。

  • HTML5

  • EcmaScript 6

  • CSS3

  • Web フォント

  • マルチタッチ

  • SVG

  • Canvas

  • iframe

  • Web ソケット

  • Web アセンブリ

  • Web ワーカー

  • Web GL: WebGL は試験的な機能であり、将来変更される可能性があります。この機能はデフォルトでは無効になっていますが、デバイスの Web ポータルで有効にできます。

    デバイスの Web ポータルが開いたら、設定タブに移動し、構成を選択して、次の構成を選択します: 設定 > WebEngine > FeaturesWebGL: オン

制限事項

次の機能は現在サポートされていません。

  • PDF

  • パスワードマネージャー (Flash など)

  • ファイルのダウンロードとアップロード

  • 通知


Web ウィンドウまたはタブ 1 つのみがサポートされます。Web ページが新しいウィンドウまたはタブでページを開こうとすると、そのページは既存のページは置き換えられます。

トラブルシューティング

Web ページで問題が見つかった場合は、デバイスの Web ポータルからRemoteDebuggingをオンにできます。まず、 セットアップタブに移動して、設定を選択して、以下の設定を選択します。

  • 設定 > web エンジン > remotedebugging: Remotedebuggingを使用すると、Chrome デベロッパー コンソールをラップトップで実行することができます。使用後は、必ず RemoteDebuggingをオフ にしてください。RemoteDebuggingを使用すると、Chrome 開発者コンソールにアクセスして、Web ページの潜在的な問題を識別することができます。有効にすると、画面の下部にバナーが表示され、モニタされる可能性があることをユーザに警告します。ヘッダには、開発者コンソールを開くためにローカルの Chrome ブラウザに入力可能な URL も表示されます。

  • Web ページがサポートされていない場合、デバイスは、Web ページを表示するのではなく、直接通常の半分のスリープ解除モードに入ります。メンテナンス > 診断に移動して、デバイスの Web ポータルで詳細情報を確認してください。

  • 設定したプロキシは、Web エンジンを含め、システムが使用するすべてのリクエストに対して使用されます。Web エンジンは、カスタムでアップロードされた証明書は使用しません。特定の Web ページの表示に問題が発生した場合は、システム プロキシの設定を確認してください。