ウォーター マーク
2021年2月9日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Symantec EndPoint Protection 内での Webex および Webex Meetings の例外

Symantec EndPoint Protection 内での Webex および Webex Meetings の例外

Webex に関して、Symantec EndPoint Protection に追加する必要がある例外は?

Symantec EndPoint Protection のどの実行例外ファイルが Webex と互換性がありますか?

 

解決方法:

Webex Meetings

 

Cisco は、ファイアウォールを Webex が通過することを許可するために、Symantec Endpoint Protection で以下の場所を除外することをお勧めします。
  • プログラム ファイル (x86)\WebEx
  • ProgramData\Webex
  • \Users\USERNAME\AppData\Local\WebEx
  • \Users\USERNAME\AppData\LocalLow\WebEx

Internet Explorer/ActiveX を使用している場合は、次のファイルを除外してください。
  • Windows\Downloaded Program Files\ieatgpc.dll

Firefox を使用している場合は、次のファイルを除外してください。
  • Users\USERNAME\AppData\Roaming\Mozilla\plugins\npatgpc.dll


Webex

シスコでは、Webex がファイアウォールを通過できるように、Symantec Endpoint Protection で以下の場所を除外することをお勧めしています。
  • \Users\USERNAME\AppData\Local\Programs\Cisco Spark
  • \Users\USERNAME\AppData\Local\CiscoSparkLauncher

管理者は次をインストールします。
  • \Program Files (x86)\Cisco Spark

メモ: ファイアウォールの設定で追加サポートが必要な場合は、Symantec または担当の IT 部門に連絡してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×