ユーザー アカウントの権限

図 1. Webex が要求する権限
スケジューラを Google アカウントに接続する際に、Webex が権限を求めるときのスクリーンショット
表 1. 要求される権限と Webex での利用方法

権限

範囲

アクセスされるデータ

Webex での利用方法

アドオンの実行時にメール メッセージのメタデータを表示する

Gmail

件名行、日時、招待者リスト

Gmail で Webex ミーティングをスケジュールする際に、スケジューラがミーティングをスケジュールするために必要なこれらの情報を読み込みます。

Gmail アドオンとして実行する

Gmail

Webex スケジューラがユーザーの Gmail で実行できるようになります。

Google カレンダーで開くイベントを表示する

カレンダー

件名行、日時、招待者リスト

Google カレンダーでイベントを開く際、スケジューラがミーティングをスケジュールするために必要なこれらの情報を読み込みます。

Google カレンダーで開いたイベントを編集する

カレンダー

件名行

Webex 会議データ (カード UI/プロパティ) を現在開いているカレンダー イベントに追加します。

カレンダー アドオンとして実行する

カレンダー

Webex スケジューラをユーザーの Google カレンダーで実行できるようになります。

すべてのカレンダー上のイベントを表示および編集する

カレンダー

件名行、日時、招待者リストを読み取る

件名行を編集する

単一ユーザーのカレンダーでイベントを読み書きするのと同じように、共有されたカレンダー シナリオをサポートできるようになります。

カレンダー設定を表示する

カレンダー

Google OAuth 2.0 にはこの範囲が必要です。 https://developers.google.com/calendar/api/guides/auth を参照してください。

ドメインのユーザーについての情報を表示する

Google Workspace 管理

Google ユーザー情報の Webex siteURL

Google ユーザー情報に Webex siteURL を設定している場合、この URL を読み取り、ユーザーのデフォルトとしてこのサイトにログインできます。

外部サービスに接続する

アプリ スクリプト

Webex サービスに接続する

スケジューラは、関連する Webex ミーティングの作成/更新/削除を要求するために Webex サービスに発信する必要があります。

不在時にこのアプリケーションの実行を許可する

アプリ スクリプト

Google トリガーに基づいて Google イベント オブジェクトにアクセスする

これにより、カレンダーでのミーティングの更新/削除など、不在時に Google をトリガーし、スケジューラを実行できます。 https://developers.google.com/apps-script/guides/triggers/events を参照してください。

アプリケーションに関連するデータを表示および管理する

アプリ スクリプト

アプリケーションのキャッシュ

スケジューラは Google ストレージの一部の Webex 情報をキャッシュします。 例: Webex サイト URL と Webex ミーティング テンプレート。

国、言語、タイムゾーンを表示する

アプリ スクリプト

ユーザーの現在の時刻

スケジューラがタイムゾーンを読み取り、関連する Webex ミーティングをスケジュールまたは更新します

プライマリ Google アカウント メール アドレスを表示する

その他

ユーザーの Gmail アカウント アドレス

スケジューラがユーザーのメール アドレスを読み取り、Webex アカウントにバインドします。

一般に公開した個人情報を含む、個人情報を表示する

その他

ユーザー名と優先言語 (デフォルト)

スケジューラがフルネーム、ユーザーのデフォルトとして使用する優先言語を含む、ユーザーの公開ユーザー情報を読み取ります。

Webex スケジューラのアーキテクチャ概要

アーキテクチャ図は Google Cloud、Webex Cloud、Google カレンダー クライアントを示し、番号付きの矢印で関連付けられています。
  1. サイト管理者はサイトの管理または Control Hub を使用して、Google Workspace の Webex アドオンを有効にします。

  2. 各ユーザーは Google Workspace の Webex アドオンの権限を承認し (管理者が認証していない場合)、Google アカウントを Webex アカウントに関連付けます。

  3. Webex は Google からのカレンダーの変更を許可します。

  4. ユーザーは Webex ミーティングを Google カレンダー イベントに追加したり、時間や議題を更新したり、イベントを別の日時にコピーしたりできます。

  5. Webex アドオン クライアントは Google カレンダーの通知を受け取り、Webex と同期します。

Webex スケジューラで使用される Google API

以下の表は Webex スケジューラで使用される Google API に関する情報を示しています。


ほとんどの場合、Webex スケジューラは Google App Script API を使用します。 スケジューラは Google REST API を使用する場合もあります。 通常、Google App Script API は関連付けられている Google REST API をラップします。 参照 URL 列は Google App Script API を示していますが、必要に応じて Google REST API の参照 URL を参照してください。

表 2. Webex スケジューラで使用される Google App Script API

Google App Script API

概要

参照 URL

Calendar.getID 

ユーザーカレンダー ID を取得する。デフォルトのカレンダー ID はユーザーのメールアドレスです 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar#getId()

Calendar.getName 

カレンダーの名前を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar#getName()

Calendar.getTimezone 

カレンダーのタイムゾーンを取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar#getTimeZone()

Calendar.Events.list 

一部の条件に一致する特定のイベントを検索する 

https://developers.google.com/calendar/api/v3/reference/events/list

Calendar.Events.patch 

Webex ミーティング情報を保存する特定のイベント メタデータを更新する 

https://developers.google.com/calendar/api/v3/reference/events/patch

CalendarEvent.attendees 

カレンダー出席者にアクセスするプロパティ 

https://developers.google.com/calendar/api/v3/reference/events#resource

CalendarEvent.conferenceData 

イベント会議データにアクセスするプロパティ 

https://developers.google.com/calendar/api/v3/reference/events#resource

CalendarEvent.getTitle 

カレンダー イベントのトピックを取得する。 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar-event#getTitle()

CalendarEvent.getCreators 

カレンダー イベントの作成者を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar-event#getCreators()

CalendarEvent.getStartTime 

イベントの開始時刻を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar-event#getStartTime()

CalendarEvent.getEndTime 

イベントの終了時刻を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/calendar/calendar-event#getEndTime()

CacheService.getUserCache 

ユーザーのキャッシュを取得してユーザーの基本設定を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/cache/cache-service#getUserCache()

Cache.get 

キーを使って特定のキャッシュ設定を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/cache/cache#get(String)

Cache.put 

キーを使って一部の特定のキャッシュを設定する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/cache/cache#put(String,String)

ConferenceDataService. newConferenceDataBuilder 

Google 固有のデータ構造を作成し、Webex ミーティング情報を保存および表示する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/conference-data/conference-data-service#newConferenceDataBuilder()

ConferenceDataBuilder.build 

Webex ミーティング情報データを生成する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/conference-data/conference-data-builder#build()

GmailApp.getMessageById 

特定の Gmail メッセージを取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/gmail/gmail-app#getMessageById(String)

GmailApp.createDraft 

Webex のメール本文を含む Gmail メッセージを作成する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/gmail/gmail-app#createDraft(String,String,String)

GmailMessage.getFrom 

Gmail の送信者のメールを取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/gmail/gmail-message#getFrom()

GmailMessage.getTo 

Gmail の受信者を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/gmail/gmail-message#getTo()

GmailMessage.getSubject 

Gmail メッセージのタイトルを取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/gmail/gmail-message#getSubject()

GmailMessage.getDate 

Gmail メッセージの日時を取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/gmail/gmail-message#getDate()

PropertiesService.getUserProperties 

保持されているユーザーの基本設定または設定にアクセスする 

https://developers.google.com/apps-script/reference/properties/properties-service#getUserProperties()

Properties.getProperty 

キーを使って特定のプロパティを取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/properties/properties#getProperty(String)

Properties.setProperty 

キーと値の新しいプロパティを設定する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/properties/properties#setProperty(String,String)

Session.getEffectiveUser().getEmail 

現在のユーザーのメールを取得する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/base/user#getEmail()

ScriptApp.newTrigger 

イベント更新を処理する新しいトリガーを設定する 

https://developers.google.com/apps-script/reference/script/script-app#newTrigger(String)

UrlFetchApp.fetch 

この API を使用して Webex Addin Service または Google API を呼び出して、ミーティングを作成/更新する。その他のサードパーティ サービスは呼び出しません 

https://developers.google.com/apps-script/reference/url-fetch/url-fetch-app#fetch(String)

表 3. Webex スケジューラで使用される Google REST API

Google REST API

概要

参照 URL

POST https://accounts.google.com/o/oauth2/token

Google 認証トークンを取得する

https://developers.google.com/identity/protocols/oauth2/web-server#exchange-authorization-code

GET https://www.googleapis.com/admin/directory/v1/users/{userKey}

設定済みのユーザーの Webex サイトを取得する

https://developers.google.com/admin-sdk/directory/reference/rest/v1/users/get

よくある質問

Webex はどのようにインテグレーションを保護していますか?

アドオンは Google Cloud Platform サーバーで実行されます。Webex のバックエンドに保存され、スケジュールされたミーティングの終了後に削除される Webex ミーティング情報 (件名、招待者リスト) を除いて、保存される Google データはありません。

https://help.webex.com/ituhp0 を参照してください。

このインテグレーションから「プル」した顧客データはどのようにして保護できますか?

Webex では必要なデータのみを収集し、必要な限りにおいて保存します。

Webex ミーティング情報を収集し、Webex Cloud に保存します。 ミーティング情報は ユーザーが Webex 保持ポリシーで管理する指定された期間が過ぎると削除されます。

パブリックまたはプライベート API を使用して Google サービスに関連付けられますか?

アドオンは Google Cloud Platform で実行し、Google の内蔵ライブラリに直接アクセスします。

https://developers.google.com/apps-script/overview を参照してください。