異なる Webex デバイスには異なる機能を持つため、この機能のセットアップと使用は異なります。 お使いのデバイスは次のいずれかのカテゴリに分類されています。

  • USB-C のフルサポート: Webex Desk、Desk Pro、Desk Limited Edition、Desk Mini、Desk Hub、および Board Pro

  • USB-C の制限付きサポート: Room Kit Mini

  • USB-C のサポートなし: Codec Plus、Codec Pro、Room Kit、Room 55、Room 70 Single、および Room 70 G2 Single および Dual

このカテゴリのデバイスには USB-C コネクタがつけられます。また、ラップトップから USB-C 接続のデバイスにコンテンツを共有できます。 高度なウェブ カメラとして使用される場合、Desk Hub は最大 720p ビデオをサポートします。他のデバイスは、このモードで最大 1080p ビデオをサポートします。

ラップトップを接続して入力ソースを選択します


USB-C ケーブルを使用してラップトップをデバイスに接続します。

  1. ラップトップをデバイスの USB-C ソケットに接続します。

    Desk Hub の場合、青のマークで USB-C ソケットに接続します。 カメラと画面は通常通りデバイスに接続されます。

  2. ラップトップのミーティング アプリを開き、Webex デバイスをカメラ、マイク、スピーカーのソースとして選択します。

ラップトップから通話またはミーティングに参加する準備ができました。

通話中の動作

ラップトップからビデオ ミーティングに参加 している場合、デバイスは取り込み中モードです。 このモードでは、デバイスへのその他の着信通話を受信しません。 音声のみミーティング中は、 デバイス は取り込み中モードではありません。

デバイス UI からカメラをコントロールし、音量を調整し、バックグラウンド ノイズを取り除き、音声の品質を最適化することができます。 カメラのライト インジケータは、カメラが使用されているときにオンです。 ラップトップ ミーティング アプリでは、マイクのミュートや通話の切断など、残りの部分をコントロールします。

このカテゴリのデバイスには USB-C コネクタがありますが、USB-C 接続ではラップトップからデバイスへのコンテンツ共有ができません。 この問題コンテンツ共有するには、HDMI ケーブルも接続する必要があります。 高度なウェブ カメラとして使用される場合、デバイスは最大 1080p ビデオをサポートします。

ラップトップを接続して入力ソースを選択します


USB-C と HDMI ケーブルでラップトップをデバイスに接続します。

  1. ラップトップをデバイスの USB-C ソケットに接続します。

  2. デバイスの HDMI 入力からプレゼンテーション ケーブルをラップトップに接続します。

  3. ラップトップのミーティング アプリを開き、Webex デバイスをカメラ、マイク、スピーカーのソースとして選択します。

    Webex デバイスは 2 つのスピーカー オプションとして表示されます。 1 つは HDMI 接続で、もう 1 つは USB-C 接続です。

ラップトップから通話またはミーティングに参加する準備ができました。

通話中の動作

ラップトップミーティングアプリでは常にマイクをミュートすることができます。デバイスからミュートできるかどうかは、管理者がデバイスをセットアップした方法によって異なります。 端末とラップトップのミュート インジケータは同期されません。 詳細については、管理者向けセクション を参照 してください。

ラップトップからミーティングに参加 している場合 、デバイスは常に取り込み中モードです。 そのため、デバイスに他の着信通話を受信しません。

デバイス UI からカメラをコントロールし、音量を調整し、バックグラウンド ノイズを取り除き、音声の品質を最適化することができます。 カメラのライト インジケータは、カメラが使用されているときにオンです。 ノート PC のミーティング アプリでは、通話の切断など、残りのユーザーをコントロールします。

管理者用

  • デバイスからの音声をミュートにします。 デフォルトでは、ユーザーはミーティング アプリおよびデバイスの両方からマイクをミュートできます。 どちらの場合も、他の参加者に音声は送信されません。 しかし、デバイスとミーティング アプリのミュート インジケーターは同期しないので、副作用があります。

    • ラップトップのミーティング アプリからミュート する場合、デバイスのマイク LED はミュート カラーに変更されません。

    • ユーザーがデバイスから自分自身をミュートする 場合、通話中の他の参加者は、ミュートにされたという通知を受け取らない場合があります。

    [この構成] を [非アクティブ] に設定して、デバイスからのミュート、音声>マイク、usbPassthrough > [ミュートボタン] >無効にします。

  • 通話サービス登録: ノート PC で通話を行う場合には、通話サービス (クラウドまたはオンプレミス) にデバイスを登録する必要があります。 最初のセットアップで登録をスキップする場合、戻って、Cisco の後でデバイスを登録できます。 [設定] に進 、[デバイスのアクティベーション] を選択します

    デフォルトでは、デバイスが登録されている場合、完全な UI を取得通話サービス。 デバイスが登録されていない場合、UI は従ってカスタマイズされます。 動作を変更する場合は、[ ユーザーインターフェイス] または [WebcamOnlyMode] >次の 設定を使用します。

このカテゴリのデバイスには USB-C コネクタが付いないので、HDMI-to-USB コンバーターはデバイスの HDMI 出力の 1 つに接続されている必要があります。 USB と HDMI ケーブルの両方をラップトップに接続します。

Room 55 Dual、Room 70 Dual、Room 70 Room 70 カスタマーサポートには、予備の HDMI 出力はなく、これらのデバイスは、この機能をサポートしていない。

ラップトップを接続して入力ソースを選択します


ラップトップを HDMI-to-USB コンバーターと USB ケーブルで接続します。また、HDMI ケーブルでデバイスに接続します。

  1. デバイス UI の [ノート PC から 通話] をタップして、ラップトップ アプリから [通話 ] を開 きます。

  2. ラップトップを HDMI-to-USB コンバーターの USB ソケットに接続します。

  3. デバイスの HDMI 入力からプレゼンテーション ケーブルをラップトップに接続します。

  4. ラップトップのミーティング アプリを開き、カメラとマイクのソースとして HDMI-to-USB コンバーターを選択します。 スピーカーのソースとして Webex デバイスを選択します。

    メモ: HDMI-to-USB コンバーターをマイク ソースとして選択しない場合、ミーティング アプリはラップトップのマイクを代わりに使用します。 この場合、デバイスまたは外部マイクのミュート ボタンに影響はありません。

ラップトップから通話またはミーティングに参加する準備ができました。

通話を終了する

  1. ラップトップでミーティングを終了します。

  2. また、デバイスで [ 切断 ] をタップして、ラップトップ アプリから通話 を閉 じます。

    ラップトップ アプリから通話を 閉じ ない場合、デバイスは通常モードに戻ります。 デバイスは取 り込み中モードのままで、通話を受信できない、スタンバイ状態に入らない、およびソフトウェア アップグレードを受信しません。

通話中の動作

ラップトップミーティングアプリでは常にマイクをミュートすることができます。デバイスと外部マイクからミュートできるかどうかは、管理者がデバイスをセットアップした方法によって異なります。 端末とラップトップのミュート インジケータは同期されません。 詳細については、管理者およびインストーラのセクション を参照 してください。

デバイス UI からカメラをコントロールし、音量を調整し、バックグラウンド ノイズを取り除き、音声の品質を最適化することができます。 カメラのライト インジケータは、カメラが使用されているときにオンです。 残りはラップトップ 会議アプリで制御します。

最小化された場合でも、ラップトップ アプリから通話がデバイスでアクティブの場合、デバイスは常に取り込み中モードです。 したがって、ラップトップからミーティング中に、デバイスへの着信通話を受信しません。

管理者およびインストーラ用

  • HDMI-to-USB コンバーターの追加: HDMI-to-USB コンバーター ( キャプチャ デバイスとも呼ばれる) をデバイスの HDMI 出力の 1 つ (説明を参照) に接続します。 In、4KX-PLUS コンバーターを試験し、推奨しています。他の人も使用できます

  • カメラ、画面、その他の周辺機器: デバイスに統合型カメラまたは画面が表示しない場合、それらをデバイスに通常通り接続します (黄色の矢印)。 タッチ コントローラーと他の周辺機器も通常通り追加します。

  • 機能を有効にします。 この構成を True に設定し 、[ ビデオ > 出力 > HDMI > パススルー サーバー> 許可] に 設定します。 UI のラップトップ ボタンから通話 を追加します。 この機能では、RoomOS 11 UI エクスペリエンスを実行するためのデバイスが必要です。

  • デバイスまたは外部マイクからの音声をミュートします。 デフォルトでは、ユーザーはミーティング アプリとデバイスと外部のマイクの両方からマイクをミュートできます。 どちらの場合も、他の参加者に音声は送信されません (HDMI-to-USB コンバーターがマイクのソースである場合)。 しかし、デバイスとミーティング アプリのミュート インジケーターは同期しないので、副作用があります。

    • ユーザーがラップトップ ミーティング アプリ から自分自身をミュートする場合、デバイスと外部マイクのマイクの LED がミュート カラーに変更されません。

    • ユーザーがデバイスまたは外部 マイクから自分自身をミュートする場合、通話の他の参加者には、ミュートが通知されません。

    • ユーザーが HDMI-to-USB コンバーターをマイク ソースとして選択することを忘れた場合、音声がミュートされていない間、デバイスと外部マイクのマイク LED が赤 (ミュート カラー) の場合に、自分自身が状況に気が付く場合があります。 これは、ミーティング アプリがラップトップのマイクを使用している可能性があります。

    この構成 を [非アクティブ] に設定し、デバイスとその外部マイクからのミュートを無効にします。音声>マイク> HdmiPassthrough > ミュート ボタンです。

  • HDMI-to-USB コンバーターの HDMI 出力を設定します。 デフォルトでは、デバイスは HDMI-to-USB コンバーターの中で最も多い数の HDMI 出力を使用する設定になっています。 別の HDMI 出力、ビデオ > 出力 先に変更する場合には、この> HDMI > パススルー >してください。 そうである場合、モニターの役割が 正しいか確認してください。ビデオ > 出力 機能>[n] が MonitorRole に>してください。

  • モニタ数を設定します。 外部電源付き HDMI-TO-USB コンバーターを使用し、スクリーンが接続されていない場合、デバイスにこの構成の画面の数を手動で設定する必要があります。ビデオ > モニター。 不一致によって、デバイスからミーティングに参加する際にレイアウトの問題が発生します。

  • Codec Pro および Room 70 G2 の高度な音声セットアップ: 音声出力は ConnectorSetup 構成> 自動> 維持 することをお勧 めします。 ルームのセットアップで手動が必要 な場合、音声コンソール (推奨) または API コマンドを使用して手動でマイクパススルーを設定します。