コンパニオン モードのセットアップでは、Room シリーズ デバイスは発信に使用され、Board シリーズ デバイスはホワイトボードに使用されます。 共有コンテンツが両方のデバイスに表示され、通話中にホワイトボードが会議室デバイスに自動的に共有されます。

すべての Board および Room シリーズ デバイスは、コンパニオン モードに使用できます。

制限事項
  • 通話外の有線共有は、会議室デバイスにのみ表示されます。

  • 通話外のホワイトボードは、ボードにのみ表示されます。

  • 有線共有の通話外では、共有コンテンツに注釈を付けることはできません。

  • HDMI ケーブルを使用して、ボードに共有することはできません。 ルームデバイスまたはワイヤレス共有に接続されているケーブルを使用します。

  • ディレクトリ番号から誰かに通話を希望し、既存のスペースが会議室で開かれている場合は、まずスペースを閉じる必要があります。

  • タッチ リダイレクトはコンパニオン モードでは利用できません。

  • Touch 10 または Room Navigator をコンパニオン モードの Cisco Board にペアリングすることはできません。

  • コンパニオン モードでの Briefing 会議室またはクラスルームのセットアップを使用するには、まず会議室デバイスを登録し、それに Briefing 会議室またはクラスルームをセットアップします。 これが完了したら、Cisco Board を同じワークスペースに追加できます。

  • コンパニオン モードは、Edge for Devices とリンクされたデバイスではサポートされていません。

  • CVI はコンパニオンモードではサポートされていません。

  • ウェブ アプリはコンパニオン モードではサポートされていません。

会議室のセットアップ

最適なミーティング体験のために推奨される 2 つの会議室セットアップがあります。

デュアル スクリーン デバイス

2 画面の会議室デバイスとボードは、会議室の反対側に配置できます。

この設定は、3.6 m のテーブルで会議室の測定幅 4.5 m および測定長 6.2 m でテストを行いました。 このサイズに近い会議室には、この設定をおすすめします。

シングル スクリーン デバイス

1 台のスクリーンデバイスと 1 台のボードがコーナー設定で動作します。 この設定は、より規模の小さい会議室におすすめです。


会議室デバイスと Board を向き合わせてセットアップすることは、シングル スクリーン デバイスでは推奨されません。

1

https://admin.webex.com のカスタマービューから [作業スペース] に移動し、[作業スペースの追加] をクリックします。 場所の名前(物理的な部屋の名前など)を入力し、会議室のタイプを選択し、キャパシティを設定します。 [次へ(Next)] をクリックします。

2

新しいデバイスを追加するには、[ Cisco Room and Desk デバイス] を選択して、[ 次へ] をクリックします。 作成した作業スペースのページで、[デバイスの追加] をクリックします。

最初のコードを使用して、会議室デバイスを登録します。 会議室デバイスを登録した後に、2 番目のコードを使用してボードを登録します。

2 台のデバイスを 1 か所に配置することはできないというメッセージが表示されます。 コンパニオンモードを設定する場合はこの通知を無視してかまいません。

場所とサービスの設定の詳細については、「作業スペースへの共有デバイスとサービスの追加」を参照してください。