このデバイスは、デスク ハブに簡単Webex セットアップできます。 デスク ハブ をネットワーク に接続し、デバイスの電源が入るのを待ち、プロンプトが表示されたら情報を入力します。


Webex ハブでは、デバイス Webex Desk Camera 完全にサポートされる利点を得る機能と表示画面が必要です。 Cisco ヘッドセット 730 およびヘッドセット充電スタンドは、お使いのデバイスに推奨されるヘッドセットおよびヘッドセット充電器です。

Apple の「落ち込みディスプレイ」はサポートされていません。

付属のケーブルは、デスク ハブをスクリーンまたはコンピュータに HDMI にのみ使用します。 他のケーブルやアダプタは使用しないでください。 USB ハブや同様のデバイスを使用してデスク ハブやアクセサリに 電力 を供給することはできません。

コールWebex ハブは、次のコール制御オプションをサポートします。

  • Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) Calling: 通話制御およびデバイス管理に Unified CM を使用します。 デバイスをアプリケーションに追加 Unified CM機能とサービスをアクティブ化します。

  • Unified CM 呼び出し:デバイス管理には Unified CM ハブのコール制御使用します。 デバイスをアプリケーションに追加しUnified CMコントロールハブの作業スペースを作成し、アクティベーション コードを生成します。

  • Webex Calling ハブとの接続:コントロール ハブを使用してデバイスを管理し、コール制御 Webex Calling プロビジョニングします。 デバイスを作業スペースまたは Control Hub の担当者に追加し、アクティベーション コードを生成します。

ハブ制御への Webex 展開には、デバイス コネクタの一括導入を使用します。 バルク管理ツール(BAT)を使用して、バルク展開を Cisco Unified Communications Manager(Unified CM。 Cisco Webex Edge for Devices は、クラウド専用機能にアクセスしながら、オンプレミスにデバイスを登録するハイブリッド導入のための一般的なソリューションです。

Webex Desk Hub詳細については、次のドキュメントを参照してください。

次の表に、各オプションの利用可能な機能を示します。

表 1 に示します。Webex ハブの機能

機能 

統合 CM コール

コントロールハブを使用した Webex コール

コントロールハブを使用した Unified CM コール

説明 

ケーブル共有: 通話中またはミーティング中

あり

あり

あり

ユーザは、会議中にデスクトップ ケーブル接続中にラップトップ画面から HDMI デバイスとコンテンツを共有できます。

ケーブル共有: 通話またはミーティング中でない時

あり

あり

あり

ユーザがラップトップの画面から HDMI ケーブルを使用してコンテンツを共有できるようにします。

カレンダーと 1 つの押しボタン

不可

あり

あり

ユーザは、スケジュールされた会議 Webex表示し、1 回のタップで参加できます。

通話履歴と予測ダイヤル

あり

あり

あり

ユーザが簡単に通話を発信できるようにします。

通話履歴: 最近の 25 件のコールを一覧表示します。リストから選択します。

予測ダイヤル: 電話番号を入力したり、ディレクトリを検索したりすると、結果はクエリに一致するように変更されます。

Cisco Unified Communications Manager マネージャ(Cisco Unified Communications Manager マネージャ)

あり

不可

あり

ユーザに個人の通話回線([お気に入り(Favorites)]、[通話通話(Recents)]、および [ディレクトリ(Directory] など)を利用できます

ミーティング Webex向上

不可

あり

あり

ユーザが次の機能を使用して Webex ミーティング エクスペリエンスに参加できます。

  • ミーティングの通知:ユーザは会議が始まる前に通知を受信します。

  • ロビー: 参加者は仮想ロビーで待機してミーティングを開始します。

  • アクティブなスピーカー: 参加者が話すと、そのアイコンが点灯します。

Webex Calling チームのビデオのインターグレーションの詳細

不可

あり

あり

ユーザがスケジュールして Microsoft Teams ミーティングに参加できるようにします。


 

[ワンボタン機能] は、Unified CM Calling ではサポートされていません。

ディレクトリ(Directory)

あり

あり

あり

ユーザが会社のディレクトリから同僚にコールできます。

ゲスト共有

不可

あり

あり

アプリ アカウントを使用せずにコンテンツWebex共有できます。

保留と復帰

あり

不可

あり

ユーザがアクティブ コールを保留にしてから、準備ができたらコールを再開できます。

ホット デスキング

不可

あり

あり

ユーザはデバイスを予約し、パーソナル カレンダーからの会議通知を含むパーソナル ミーティング デバイスの利点を提供できます。

プロキシミティ ペアリング

不可

あり

あり

ユーザはデバイスを Webexできます。

Webex App とのワイヤレス共有

不可

あり

あり

ユーザは、ネットワーク を使用せずに情報を共有することで、同僚 HDMI できます。

制御Webex を使用して通話したり、制御ハブ Webex Calling 呼び出しを Unified CM ハブに配置します。

次の点に注意してください。

  • 共有モードで導入し、ホット デスクを使用する場合は、デバイスを作成して作業スペースに割り当てる必要があります。

  • パーソナル モードで導入する場合、ユーザを追加して、そのユーザにデバイスを割り当てる必要があります。 また、ユーザは [設定(Cisco Webex)からデバイスをアクティブhttps://settings.webex.com/

Control Hub への導入の詳細については, 「Cisco Webex ルームまたはデスク デバイスまたは Webex Board のアクティブ化.」を参照してください

はじめる前に

ファイアウォールを使用する場合は、セキュリティ デスク ハブ Webex Control Hub にアクセスできます

  コマンドまたはアクション 目的
1

(オプション)デバイスをデバイス(Cisco Unified Communications Manager)に Unified CM 機能およびサービスの設定

デバイス登録Unified CMを設定し、機能とサービスを追加します。 このステップは、コントロール ハブを使用した Unified CM Calling の展開用のみです。

2

作業スペース 内に作業 スペースを 作成するか、 ユーザをユーザに追加します。 カレンダーとコール サービスを追加します。 アクティベーション コードの生成

ネットワークに 接続するとデスク ハブ 自動的に登録される制御ハブをセットアップします。

次の 2 つのモードのいずれかを導入します。

  • 共有デバイスとして:作業スペースを 作成するか、既存の作業スペースにデバイスを 追加します。 ルーム ミーティング通知用のカレンダー サービスを追加します。

  • パーソナル デバイスとして:ユーザを作成するか、既存のユーザにデバイスを追加します。 パーソナル ミーティング通知用のカレンダー サービスを追加します。

共有モードとホット デスク用のデバイスを導入する場合は、作業スペースを作成します

次のように、導入モデルに一致するコールサービスオプションを選択します。

  • 無料通話 : コントロール ハブを使用した Unified CM Calling のオプションを選択します。

  • Webex Calling ハブの接続:このオプションを選択して Webex Calling

3

追加機能を使用してデバイスをカスタマイズできます。

必要に応じて追加機能を追加します。 サポートされる機能および予定された機能については、「Webex デスク ハブの新機能」を参照してください。 機能の設定の詳細については, ルームおよびデスク デバイスおよびボードのデバイス設定を Webex してください

コール制御と処理を Cisco Unified Communications Manager 処理 Unified CM(Unified CM)にデバイスを導入します。

導入に役立つには、お使いなバージョンの次の Cisco Unified Communications Manager用意されています。

  • 管理ガイド:このガイドを使用して、設定されたアプリケーション システムの管理Cisco Unified Communications Managerします。

  • [機能設定ガイド(feature Configuration Guide for Cisco Unified Communications Manager)]:このガイドを使用して、ネットワークを含む機能を Extension Mobility。

  • セキュリティ ガイド:このガイドを使用して、シスコ デバイス、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified サバイバーブル リモート サイト テレフォニー(Unified SRST)リファレンス、メディア ゲートウェイ制御プロトコル(MGCP)ゲートウェイ、および Cisco Unity および Cisco Unity Connection メッセージング ポートをサポートします。

  • バルク管理ガイド:このガイドを使用して、ネットワーク内の多数のユーザ、デバイス、またはポートを追加、更新、またはCisco Unified Communications Manager。

  • セルフ ケア ポータル ユーザ ガイド:スピード ダイヤル、会議設定、デバイスの通話状態などのユーザ オプションをカスタマイズする手順については、エンド ユーザをこのガイドを参照 IM and Presence してください。

  • Cisco Unified Communications Manager 互換性の向上:最新のデバイス パッケージの詳細については、このガイド Cisco Unified Communications Manager参照してください。

詳細については、ご使用のデバイスの Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence サービス のマニュアル ガイドを Cisco Unified Communications Manager。 このドキュメントは、使用可能なライブラリの Cisco Unified Communications Managerです。

デバイスを導入する場合は、音声とビデオのトラフィックをさまざまな RTP ポート範囲に送信して、ネットワーク(QoS)を改善 Quality of Service してください。

次のフィールドは、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)管理のポート範囲を制御します。

  • オーディオ ポート(Audio ports)

    • メディア ポートの開始(デフォルト: 16384)

    • メディア ポートの停止(デフォルト: 32766)

  • ビデオ ポート

    • ビデオの開始: これはビデオ開始ポートに設定されます。
      • 最小: 2048

      • 最大: 65535

    • ビデオを停止: これはビデオ停止ポートに設定されます。

      • 最小: 2048

      • 最大: 65535

ビデオ ポートの開始 RTP ビデオ RTP ポートの設定後、デバイスはビデオ トラフィックにビデオ ポート範囲内のポートを使用します。 音声トラフィックはメディア ポートを使用します。

音声ポートとビデオ ポートの範囲が重複すると、重複したポートは、音声トラフィックとビデオ トラフィックの両方を伝送します。 ビデオ ポートの範囲が正しく設定されていない場合、デバイスは設定されたオーディオ ポートを音声とビデオの両方のトラフィックに使用します。

はじめる前に

デバイスを導入する前に、適切なデバイス パッケージと現在のファームウェア リリースをインストールします。 デバイス パッケージをインストールしない場合、デバイスは登録に失敗します。

  コマンドまたはアクション 目的
1

ネットワーク上でデバイスを追加およびUnified CM

デバイスの Unified CMを設定し、機能とサービスを追加します。 詳細については、お使いなバージョンの管理ガイド Cisco Unified Communications Managerしてください。

2

デバイスを電源とネットワークに接続します。

デバイスの電源をオンにし、導入の構成手順を開始します。

3

イーサネット設定を設定します。

この手順は任意です。 一部の管理者は手動で導入し、必要に応じて IPv4、DNS、VLAN、またはプロキシの設定を行うことができます。

4

[コールサービス] を選択します。

コール 導入用のコール Unified CM UCM Calling です

エクスプレスのコール サービスは、Expressway Cisco Unified Communications Manager 経由Cisco UCM です。

5

サーバ アドレスを設定します。

デバイスを自分のデバイスに登録 Unified CM。 アドレスを入力Unified CM TFTP IP します。