低帯域幅で Webex Meetings を使用する - ベスト プラクティス

低帯域幅で Webex Meetings を使用する - ベスト プラクティス

低品質のインターネットで Webex Meetings を使用するには?

スピード テストの実行:
Wi-Fi が通話を処理できるかわかりませんか? Windows 版 Webex Meeting バージョン 39.5、Mac OS 39.8 以降からサポートされているミーティング中のヘルス チェッカー機能を使用します。 ヘルス チェッカー機能の詳細については、ここ をクリックしてください。  また、インターネット ベースのスピード テストを使用して、接続スピードをより理解することができます。

ワークステーションを配線接続する:
場所や周囲で同じ Wi-Fi を使用しているユーザー数によって、ワークステーションへの有線イーサネット接続よりも Wi-Fi の速度が遅くなる場合があります。

スケジュールをシフトする:
ほとんどのユーザーは、1 時間または 30 分ごとにミーティングに参加します。 5 分早く参加するか、さらに良いことに、15 分または 45 分でミーティングをスケジュールすることで、より素早い参加エクスペリエンスを得ることができます。

PC を再起動します。ルーターの再起動:
異なるシステム コンポーネントの消去と一時ファイルとプロセスの消去を許可します。

ミーティング前にコンテンツを共有する:
会議の前にファイルを送信するか、画面の共有ではなくファイルへのリンクを共有することで、貴重な帯域幅を節約できます。素晴らしい音声とビデオのエクスペリエンスを実現するために、接続を保存することができます。

バックグラウンド アプリケーションを閉じる:
それらを使用していない場合でも、デバイス上のアプリケーションは貴重なリソースを使用しています。 ミーティングの前に、より良いエクスペリエンスのために使用していないアプリケーションとブラウザ セッションを閉じる必要があります。

VPN をオフにする:
リモートでの作業中に、雇用主が会社ネットワークを使用できる VPN (仮想プライベート ネットワーク) サービスを提供した可能性があります。 VPN によって Webex が利用できる帯域幅が制限される場合があります。 より良いエクスペリエンスのために、VPN の外部で Webex Meetings を使用できます。

HD ビデオをオフにする:
ミーティング中にビデオ品質が低い場合、[設定] に進み、[カメラ] の下の [HD ビデオ オプション]のチェックを外します。 帯域幅の消費は減少し、問題のある容量環境でもミーティング内のエクスペリエンスを向上できます。

ビデオで音声を選択する:
接続品質が低いと、コラボレーション エクスペリエンスがさらに悪くなります。 Webex はビデオ解像度を推奨するか自動的に下げ、最終的にビデオをオフにする場合があります。 また、アプリのビデオをいつでもオフにできます。詳細については、ここをクリックします。

コールイン音声に切り替える:
インターネット音声とビデオの体験、またはコール ミー/バックが機能しない場合でも、コラボレーションを維持できます。 携帯電話または固定電話で、ミーティング招待状に記載してあるダイヤルイン番号を使用してミーティングに通話します。 指定されたプライマリな電話番号が一時的に利用できない場合は、招待メールに他のグローバル ログイン番号のリストが含まれます。番号を見つけるにはここをクリックしてください

同時ストリーミング アクティビティを減らす:
私たちは皆、楽しい TV 番組を愛しています! しかし、あなたがミーティングに参加していて、家族が自宅にいる場合、ミーティングが終了するまで、お気に入りのエピソードの続きを見ることはいったん保留にしてください。 可能な限り、オフラインで視聴できるようにショーをダウンロードして、作業時間中に貴重な帯域幅を節約できるようにすることをお勧めします。

接続トラフィックの最小化:
また、同時に自宅から電話会議を行っている複数のユーザーは、すべてのネットワーク リソースに影響を与える可能性があります。

動きを減らす:
提示している間の移動を最小化します。 また、スライドを切り替える最中は会話を最小限に抑えます。 優れたコラボレーション エクスペリエンスを実現するために、優れたミーティングのエチケットを確立してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?