Cisco Jabber を設定して使用する際に、サービスに接続するためのサーバ証明書を検証するよう求められることがあります。

アカウント設定に応じて、次のサービスのサーバ証明書を検証する必要があります。
  • インスタント メッセージ

  • 電話サービス

  • ボイスメール

  • ディレクトリ

  • Expressway Mobile & Remote Access

  • SSO 導入の SSO IDP 認証


管理者が行ったサーバの設定によっては、IM および電話サービスに関する複数の証明書を検証する必要があります。
証明書を拒否すると、次の問題が発生します。
インスタント メッセージ
Cisco Jabber にサインインできません。
電話サービス
  • 証明書が無効であるという通知が表示されます。

  • システムにサーバが 1 つしかない場合、Cisco Jabber にサインインできません。

  • システムに 2 つのサーバがある場合、1 つの証明書を拒否しても、もう 1 つの証明書を承認して該当のサーバにサインインできます。

  • Cisco Jabber にサインインできません。

ボイスメール
  • 証明書が無効であるという通知が表示されます。

  • Cisco Jabber にサインインできますが、ボイスメール サービスにアクセスできません。証明書の検証メッセージを再度表示するには、Cisco Jabber からサインアウトして再びサインインする必要があります。