コール パーク

電話を使用して通話をパーク保留にすることができます。その後、自身の電話機または別の電話機(同僚のデスクや会議室にある電話機など)からその通話を受けられます。

パーク保留された通話は、忘れないようにネットワークによって監視されます。コールがパーク保留状態になっている時間が長すぎる場合、アラートが発せられます。その後、元の電話で応答、拒否、または無視することができます。引き続き、別の電話機から通話を受けることもできます。

所定の時間内にコールに応答しない場合、管理者が設定した別の接続先(ボイスメールまたはその他の宛先)に通話がルーティングされます。

コール パークを使用してコールを保留にする

電話機で応答したアクティブ コールをパークした後、コール制御システム内の他の電話機を使ってそのコールを取得することができます。

自分の電話機にコールをパークすることもできます。その場合、録音を聞くことができないことがあります。

コール パーク番号にパークできるコールの数は 1 つだけです。

始める前に

コールがアクティブでなければなりません。

1

パーク押します。

パークされた通話の番号を尋ねる録音メッセージが再生されます。
2

番号を入力してシャープ(#)を押します。

3

(任意) パークされた番号を、コールを取得する担当者に伝達します。

コール パークを使用して保留中コールを取得する

ネットワークの任意の場所から、パークされたコールをピックアップできます。

始める前に

コールのパークに使用された番号が必要です。

1

[保留解除(Unpark)]を押します。

2

(任意) 保留中のコールを取得するように設定されたコールピックアップでランプフィールドがビジー状態の回線キーを押します。

3

コールがパークされている番号とシャープ(#)を入力します。

また、シャープ(#)を入力して、パークされているコールを取得することもできます。自分の電話でパークされたコールを取得する場合は、数字の入力が不要な場合があります。