CCA-SP ブリッジおよびクラスターを選択するルールは?

CCA-SP ブリッジおよびクラスターを選択するルールは?

テレフォニーのドメイン リクエストを準備しているとき、パートナーがブリッジとクラスターを指定するには?

ブリッジまたはクラスターを選択する際にサポートが必要な場合、パートナーは誰に連絡しますか?

CCA-SP ブリッジおよびクラスターを選択するルール
 
テレフォニーのドメイン リクエストを準備しているとき、CCA-SP ポータルによりパートナーがブリッジとクラスターを指定することを要求します。 この資料ではこの仕様を作成する際のガイドを提供します。 以下のセクションを構成します。

  • 定義する
  • クラスター セレクション
  • ブリッジ セレクション
  • ヘルプの場所
 
定義する
 
以下の用語は CCA-SP ブリッジまたはクラスターを選択するにあたり、ガイドを理解するのに役立ちます。
  • Webex サイト / URL: Webex サイト名 (“xxx.webex.com”) は固有の URL であり、顧客の従業員がミーティングを主催し、出席者が参加できる場所です。  サイトにはバージョン、権限、主催者の一覧、ページのブランディング、テレフォニー構成など固有の構成が含まれています。
  • Webex クラスター: 異なるデータセンターに配置されたプライマリとセカンダリのロケーションを共有するサーバー群の集合体です。 クラスターは地域により固有です。 各 Webex クラスター サイトは特定のクラスターにリンクされています。
  • Webex 音声ブリッジ: Webex ミーティングに音声通話を主催するため構築されるデバイスのグループ。 ブリッジは複数のテナントとコールイン、コールバックのパラメータを含む固有の構成を持つことができます。  CCA-SPでは、プライマリ ブリッジおよびバックアップ ブリッジがセットとして組み合わされています。 ピアリング回路を経由してパートナーはセットに接続します。 次の制約が適用されます。
    • ブリッジは指定の地域固有です。
    • 既存のブリッジの容量を消化しているときにパートナーが別のブリッジで証明されるように、パートナーは各ブリッジで証明される必要があります。
    • 各ピアリング回路は固有のルーティング プロファイルに関連付ける必要があります。
  • Webex テレフォニーのドメイン: テレフォニーのドメインは固有の Webex クラスターおよび音声ブリッジに関連付けられているテレフォニーのドメインのセットを定義します。 各 Webex サイトはテレフォニーのドメインに割り当てられる必要があります。 テレフォニーのドメインは、すべてのサイトが同じ Webex クラスターにある限りサイトで共有可能です。 テレフォニーのドメインが単一のクラスターに制限されている場合でも、番号セットは「再利用」できます。 つまり、2 つ以上の TD は同じ番号セットである可能性がありますが、各 TD は固有に名前が付けられ、個別クラスターごとに主催される必要があります。 番号セットはブリッジをまたがることはできないことに注意してください。
  • Common Media Edge (CME): CME は新しいアーキテクチャであり、SIP 信号は単一のブリッジ セットにリンクしていません。 パートナーが CME に移行した後、テレフォニーのドメイン リクエストでブリッジを指定する必要はありません。  
 
クラスター セレクション
 
一般的に、クラスターは顧客と同じ地域に位置している必要があります。 これにより接続の遅延を最小限にします。 たとえばパートナーが顧客の地域で証明されていないなど不可能な場合、クラスターは顧客の地域にできるだけ近い地域を選択する必要があります。 実際のスピーキングとは、米国東海岸のクラスターが EMEAR 顧客に使用される必要があり、APJC の米国西海岸の顧客に使用される必要があるということです。
 
地域内で、パートナーがすでにクラスターでプロビジョニングされたテレフォニーのドメインを持っている場合、パートナーは同じクラスターで新しいものを配置することを選ぶことができます。 クラスターの判断についてのヘルプ:WBX63978 - どのクラスターがマイ サイトにあるのかを調べるには?
 
不可能な場合、パートナーは以下のデフォルト クラスターマッピングを使用できます。 このマップングで、「エンタープライズ」とは Webex Meetings、Webex Training、Webex Events、Webex Support すべての Webex サービスを購入した顧客を指します。 「会社」はその他すべての顧客を指します
  • EMEA エンタープライズ : クラスター W
  • EMEA 会社: クラスター AI
  • APJ 会社/エンタープライズ:  クラスター AS
  • US EC 顧客: クラスター E
  • 米国西海岸の会社:  クラスター S
  • 米国東海岸の会社:  クラスター AA
  • 米国西海岸のエンタープライズ:  クラスター IE
  • 米国東海岸のエンタープライズ:  クラスター AB

ブリッジ セレクション
 
上記のように、パートナーが CME に移行した後、テレフォニーTD リクエストでブリッジを指定する必要はありません。

ほとんどのパートナーは多くても地域ごとに 1 つのブリッジ セットが証明されます。 これらの場合、顧客の地域が既知だとブリッジが事前に決定されます。 パートナーの TD リクエスト チームがブリッジの ID を確認していない場合、攻撃の最初のラインが CCA-SP をサポートしているパートナーのネットワークチームを必要としなければならないことになっています。
 
少ないケースでは、パートナーは地域で複数のブリッジを証明しており、1 つ以上のセットで容量があります。 1 つ以上のブリッジが利用可能な場合、番号がブリッジで共有」できないため希望の番号セットで使用するブリッジを決定します。 全体的に新しい番号セットが使用されている場合、新しい顧客の最大数が新しい番号セットに保存できるように、パートナーは容量をもっとも残すブリッジを選択する必要があります。

ヘルプの場所

パートナーがブリッジまたはクラスタを選ぶ際にサポートを必要とする場合、テレフォニーのドメインを使用して Cisco に連絡し、Cisco チームがオンボーディング中に提供されたメーラーをプロビジョニングしてください。
  • 例: cca_<partner_name>_td_provisioning@cisco.com

この投稿記事は役に立ちましたか?