概要

専用インスタンスは、Cisco Unified Communications Manager アーキテクチャに基づいており、特定の地域のプライベート クラウドでデプロイされた次のアプリケーションで構成されています。

  • Cisco Unified Communication Manager

  • Cisco Unity Connection

  • Cisco Unified Communications Manager IM および Presence

  • Cisco Emergency Responder (AMER のみ)

  • Cisco Expressway Core および Edge

  • Cisco Session Management Edition (オプション)

Unified Communication アプリケーションの機能とサービスはネイティブのアプリケーション ポータルを使用して管理され、Control Hub の [専用インスタンス] 設定タブからアクセスします。

パートナーまたは顧客の管理者は、Control Hub で右ペインを開く Calling → 専用インスタンス → ManageUC アプリケーションをクリックすることで、UC アプリケーションのネットワークおよびデータセンター情報を表示できます。

次の詳細が右ペインに表示されます。

  • バージョン - UC アプリケーションの現在のバージョン

  • サーバー - UC アプリケーションの完全修飾ドメイン名

  • IP アドレス - UC アプリケーションの内部 IP アドレス

  • サーバー ロール - ノードがパブリッシャー/プライマリまたはサブスクライバー/セカンダリかを示します

  • サービス - ノードでアクティベートされたサービスのみリストを提供します。

    使用可能なサービスのリストは、以下のとおりです。

    • プロビジョニング (パブリッシャーのみ)

    • 通話処理

    • CTI マネージャ

    • 保留時音楽 (MOH)

    • Trivial ファイル転送プロトコル(TFTP)


    アプリケーションに加えた変更が Control Hub に反映するために、同期は 24 時間ごとにスケジュールされます。
  • データセンター - ノードが展開されているデータセンター

  • 音声サービス ドメイン - 内部および MRA 登録用の音声サービス ドメイン

  • パブリック IP アドレス—インターネット対応 IP アドレス (Edge ノードのExpresswayします)

Control Hub から内蔵の Unified Communication アプリケーション ポータルに アクセスする

パートナーまたは顧客の管理者は、Control Hub から上記のすべての Unified Communication アプリケーションをクロス起動できます。


上記の UC アプリケーションを Control Hub からクロス起動するために使用するブラウザーでは、Cookie の許可を有効にする必要があります。 その他のトラブルシューティングのヒントについては、「クロス ローンチの問題のトラブルシューティング」セクションを参照してください。

  1. 次で [Control Hub] にサインインします: https://admin.webex.com/login

  2. [サービス] > [Calling] > [専用インスタンス] > [管理] の順に進みます。

  3. [UC アプリケーション] を選択し、右側のペインで [管理] をクリックして対応する UC アプリケーションまたは Expressway ポータルを起動します。 UC アプリケーションの内蔵ポータルが新しいタブでクロス起動します。


UC SSO有効な場合、回復 URL ポータルが新しいタブで起動され、ユーザーはローカル管理者資格情報でログインする必要があります。


Cisco Session Management Edition (SME) クラスターは、専用インスタンスの地域にまたがっています。そのため、SME の発行者の地域では、クラスターが [管理] タブの下にリストされている場所 です。 異なる地域に展開されたサブスクライバは、サーバーをクリックすると、右ペインから取得できます。

クロス ローンチの問題のトラブルシューティング:

  1. サポートされているブラウザー:

    • Microsoft Internet Explorer

    • Mozilla Firefox

    • Google Chrome

    • Microsoft Edge

    • Safari

  2. Web ブラウザーのキャッシュとクッキーをクリアする手順:

  3. 上記のオプションで問題が解決しない場合は、TAC にお問い合わせください。

Cisco Webex Control Hub から Web RTMT ポータルにアクセスする

フル販売管理者ロールを持つパートナー管理者と、フル管理者または読み取り専用管理者ロールを持つ顧客管理者は、Web RTMT をクロス起動できます。 Web RTMT アプリケーションを使用すると、オンボーディングされた Unified CM、IM と Presence、Cisco Unity Connection クラスターのリアルタイムの動作を監視できます。


クロス起動は OTT (Over the Top) であるため、VPN アクセスは必要ありません。

始める前に

Control Hub にアクセスするのに使用するブラウザーは、次のサイトの Cookie を許可する必要があります - https://apps.ucmgmt.cisco.com

ステップ 1 Control Hubhttps://admin.webex.com/login でサインインします。

ステップ 2[サービス] > [通話] に進み、[専用インスタンス] を選択します。

ステップ 3リアルタイム データを監視する必要がある UC アプリケーションをクリックします。 右側のポップアップ パネルに、各 UC アプリケーションの詳細が表示されます。

ステップ 4[WebRTMT] セクションにある [WebRTMT を起動] をクリックします。


Web RTMT の起動は、パブリッシャー ノードを経由して行われます。起動すると、ログを収集する必要があるサブスクライバー ノードを選択するオプションが表示されます。

別ウィンドウで起動する Cisco リアルタイム モニタリング ツールに、管理者資格情報でログインします。

システム


以下に示すメトリック内の情報は確認のみを目的としており、顧客/パートナー管理者がアクションを起こす必要はありません。

アラート概要

アラート概要カードには、選択したクラスター内のすべてのノードから報告されたアクティブなアラートの概要が表示されます。 各アラート カテゴリのアクティブなアラートの数も示されます。 カードには次のタブがあります。

  • システム: 選択したクラスターが報告した、事前設定された各カテゴリのアクティブなアラートすべての分布が表示されます。

  • CallManager または Unity Connection: Unified CM クラスターの場合、このタブの名前は CallManager になり、Cisco Unity Connection クラスターの場合は名前が Unity Connection になります。

  • IM&P: 選択したクラスターが報告した、アクティブな IM およびプレゼンス サービスのアラートすべての分布が表示されます。


    このタブは Cisco Unity Connection クラスターには適用できません。
  • カスタム: 選択したクラスターが報告した、アクティブなカスタム アラートすべての分布が表示されます。

以前にメンションされたアラートの詳細については、次のURL から、お使いの Unified CM に対応するリリースの「Cisco Unified のリアルタイム モニタリング ツール管理ガイド」を参照してください。 https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/voice_ip_comm/cucm/service/12_5_1SU4/rtmt/cucm_b_cisco-unified-real-time-monitoring-1251su4.html

[最新のアクティブなアラート] セクションには、最新のアラートが 5 つ一覧表示されます。 アラートの概要カードの [最新のアクティブなアラート] セクションで [すべてのアラートを表示] をクリックして、すべてのアクティブなアラートに関連する情報を表示します。

システムメトリック

Web RTMT の [概要] ページにあるこのセクションは、システムの健全性を示すチャートで構成されています。 さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。

チャート タイトル

説明

仮想メモリ使用率

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの仮想メモリ使用率の傾向チャートが表示されます。

CPU 使用状況

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの CPU 使用率の傾向チャートが表示されます。

共通パーティション使用率

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの共通パーティション使用率の傾向チャートが表示されます。 すべてのログ ファイルは共通パーティションに保存されます。 使用率が高い場合、一部のプロセスが大きなログ ファイルを作成していることを示します。 たとえば、トラブルシューティング中にデバッグ ログを有効にし、完了した後に無効にするのを忘れた場合、共通パーティション使用率は高くなります。


これらのチャートに表示される数字は割合 (%)です。

データベース メトリック

Web RTMT の [概要] ページにあるこのセクションは、システムの健全性を示すチャートで構成されています。 さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。


これらのチャートに表示される数字は割合 (%)です。

Web RTMT の [概要] ページのこのセクションは、ノードに関するアクティブなデータベース接続とレプリケーション情報を提供するチャートで構成されています。 これらのチャートを使用すると、アクティブなクライアント接続の総数、作成されたレプリケーションの数、およびレプリケーションのステータスに関連するノードを追跡できます。

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。

チャート タイトル

説明

接続済みのクライアントの合計

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの、データベースに接続されているクライアントの総数の傾向チャートが表示されます。 値の急増や急減は、ノードに問題が発生したことを示します。

作成済み複製

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの、データベース テーブルのレプリケーション数の傾向チャートが表示されます。

レプリケーションステータス

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの、データベース テーブルのレプリケーション ステータスの傾向チャートが表示されます。 このチャートを使用すると、データベース レプリケーションの問題を診断することができます。

テーブル ビューでは、ノードのレプリケーション ステータスについて次の値のいずれかが表示されます。

  • INIT - レプリケーション プロセスがセットアップされています。 レプリケーションが 1 時間以上この状態にある場合は、セットアップが失敗している可能性があります。

  • INCORRECT - セットアップはまだ進行中です。

  • GOOD - 論理接続が確立され、テーブルはクラスターの他のサーバーと一致しています。

  • SUSPECT - 論理接続は確立されているが、テーブルが一致しているかどうかは不明です。

    この問題は、サブスクライバーからクラスター内の他のデバイスに渡されていないユーザー向け機能 (UFF) のアップデートが存在するかどうかを、他のサーバーが判断できないことが理由で発生する可能性があります。

  • FAILED - データベース テーブルを受け取る、サーバーのアクティブな論理接続はネットワークのどこにもありません。 この状態ではレプリケーションは行われません。

通話アクティビティ

Web RTMT の [概要] ページのこのセクションは、完了したコール、試行されたコール、および通話中のコールなど、Cisco Unified Communications Manager の通話アクティビティに関する情報を提供するチャートで構成されています。 これには、クラスター内のすべてのサーバーが含まれます (該当する場合)。

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。

チャート タイトル

説明

完了した通話

このカードには、選択したクラスターにある各通話処理ノードの完了したコールの傾向チャートが表示されます。 このチャートには正常な通話のデータのみが表示されます。

試行した通話

このカードには、選択したクラスターにある各通話処理ノードの試行されたコールの傾向チャートが表示されます。 このチャートには正常な通話と失敗した通話の両方のデータが表示されます。

通話中

このカードには、選択したクラスターにある各通話処理ノードの、通話中のコールの傾向チャートが表示されます。

論理パーティションの失敗

このカードには、選択したクラスターにある各ノードの、論理パーティションの失敗の傾向チャートが表示されます。

ゲートウェイアクティビティ

Web RTMT の [概要] ページのこのセクションは、アクティブなポート、稼働しているポート、完了したコールなど、Cisco Unified Communications Manager のゲートウェイ アクティビティに関する情報を提供するチャートで構成されています。 これには、クラスター内のすべてのサーバーが含まれます (該当する場合)。

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。


ドロップダウン メニューを使用して、特定のタイプのゲートウェイ アクティビティを表示できます。 デフォルトは MGCP MGS ゲートウェイです。

チャート タイトル

説明

完了した通話

このカードには、選択したゲートウェイ タイプを経由して転送された各通話処理ノードの完了したコールの傾向チャートが表示されます。

アクティブなポート

このカードには、選択したクラスターの各通話処理ノードでアクティブに登録されている、選択されたゲートウェイ タイプのポートの傾向チャートが表示されます。 水平な線が表示されたチャートが理想的です。 チャートが何度も変動している場合、ネットワークに問題が発生しており、その問題がゲートウェイ通話にも影響を与える可能性があります。

稼働しているポート

このカードには、選択したクラスターの各通話処理ノードでアクティブに登録されている、選択されたゲートウェイ タイプの稼働しているポートの傾向チャートが表示されます。

トランクアクティビティ

Web RTMT の [概要] ページのこのセクションは、通話中のコールや完了したコールなど、Cisco Unified Communications Manager のトランク アクティビティに関する情報を提供するチャートで構成されています。 これには、クラスター内のすべてのサーバーが含まれます (該当する場合)。

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。

ドロップダウン メニューを使用して、特定のタイプのトランク アクティビティを表示できます。 デフォルトはトランクです。

チャート タイトル

説明

通話中

このカードにはトランクを経由して転送された各通話処理ノードの、進行中の通話の傾向チャートが表示されます。

完了した通話

このカードにはトランクを経由して転送された各通話処理ノードの、完了した通話の傾向チャートが表示されます。

デバイス

登録済みデバイスの概要

Web RTMT の [概要] ページのこのセクションは、登録済み電話デバイス、登録済みゲートウェイ デバイス、登録済みメディア リソース デバイス、およびその他のステーション デバイスの登録数に関する情報を提供するチャートで構成されています。

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。

チャート タイトル

説明

電話デバイス

このカードには、選択したクラスターの各ノードに登録されている電話デバイスの数の傾向チャートが表示されます。

ゲートウェイデバイス

このカードには、選択したクラスターの各ノードに登録されているゲートウェイ デバイスの数の傾向チャートが表示されます。

メディアリソースデバイス

このカードには、選択したクラスターの各ノードに登録されているメディア リソース デバイス数の傾向チャートが表示されます。 メディア リソース デバイスには、トランスコーダー、保留時の音楽 (MOH)、メディア ターミネーション ポイント (MTP)、カンファレンス ブリッジなどがあります。

その他のステーションデバイス

このカードには、選択したクラスター内の各ノードに登録されている、その他のステーション デバイス数の傾向チャートが表示されます。

電話の概要

Web RTMT [概要] ページのこのセクションは、登録された電話の数、SIP を実行している電話、Skinny Client Control Protocol (SCCP) を実行している電話、部分的に登録された電話、および登録に失敗した数を示すグラフで構成されています。

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。

チャート タイトル

説明

電話デバイス

このカードには、選択したクラスターの各 Unified CM サーバーに登録されている電話の数の傾向チャートが表示されます。

登録済みの SIP デバイス

このカードには、選択したクラスターの各 Unified CM サーバーに登録されている SIP 電話の数の傾向チャートが表示されます。

登録済みの SCCP 電話

このカードには、選択したクラスターの各 Unified CM サーバーに登録されている SCCP 電話の数の傾向チャートが表示されます。

一部登録済みの電話

このカードには、選択したクラスターの各 Unified CM サーバーに部分的に登録されている電話の数の傾向チャートが表示されます。 部分的に登録された電話とは、サーバーに一部の回線しか登録されていない SIP 電話機のことです。

登録に失敗しました

このカードには、各 Unified CM サーバーに対して、選択したクラスター内のすべての電話が試みた登録の失敗回数の傾向チャートが表示されます。

重要なパフォーマンス指標 (KPI)

フィールドのタイトル

説明

脆弱なコール

脆弱なコールの総数と、過去 1 時間の通話の総数に対する割合。 通話の SCSR 値がロング コールおよびショート コールの SCSR しきい値を超えると、脆弱なコールと評価されます。 詳細については、「Unified CM コール品質グレード」を参照してください 。

脆弱なコールの値が異常に高い場合は、帯域幅、QoS 設定などに関連するネットワークに問題がある可能性があります。

失敗したコール

失敗したコールの総数と、過去 1 時間の通話の総数に対する割合。 CDR の発生および終了の原因コードが「0」、「1」、「2」、「3」、「16」、「17」、「31」、「126」、「127」、「393216」、「458752」、「262144」のいずれでもない場合、失敗したコールと評価されます。

失敗したコールの値が異常に高い場合、通話失敗レポートを確認してください。

ダッシュボード上のチャート

さまざまなチャートに表示される情報を次の表に示します。


完了した通話に関する情報が、ここに表示されるまでに、最大 10 分かかる場合があります。 チャートの更新間隔は 1 分です。

チャート タイトル

説明

脆弱なコール

このカードには、過去 1 時間に発生した、すべての脆弱なコールの傾向チャートとデータが表示されます。 ドロップダウン メニューを使用すると、データをフィルタリングして脆弱、許容可能、または良好なコールのいずれかの情報を表示できます。 デフォルトでは、脆弱なコールのデータがチャートに表示されます。 チャートの凡例はどのクラスターのデータが表示されているかを示します。

失敗したコール

このカードには、過去 1 時間に発生した、すべての失敗したコールの傾向チャートとデータが表示されます。 ドロップダウン メニューを使用すると、データをフィルタリングして失敗した、停止した、または正常なコールのいずれかの情報を表示できます。 デフォルトでは、失敗したコールのデータがチャートに表示されます。 チャートの凡例はどのクラスターのデータが表示されているかを示します。